「 哲学 」 一覧

ソクラテスといえば「無知の知」という理解は間違いだった!?

  ギリシア哲学といえば、ソクラテス。ソクラテスといえば、無知の知。 …

血気盛んな東大教授が勧めるプラトン入門のための読書案内

このブログは、プラトンに関する次元の低い記事ばっかり書いている。 それでももし「 …

ペトラルカ『わが秘密』の公開意図について

ペトラルカの対話篇『わが秘密』は、ペトラルカ自身が書いた序文において、公開意図が …

プラトン対話篇の特徴と楽しみ方は「圧倒的なリアリティ」を感じること

プラトンの作品は、対話篇という形式で書かれている。 おおざっぱにいうと、芝居の脚 …

哲学書の原典を読むとは?(プラトンの場合)

  プラトンの作品を読むといって、私たちは何を読んでいるのか? &nb …

デカルト『省察』を哲学書入門に読むならまず序文を精読すべし

  2017/01/22    哲学 ,

デカルト『省察』や『方法序説』は哲学科の初学年の学生や「何か哲学書を読んでみたい …

ペトラルカの対話篇『わが秘密』あらすじ―天国編なしのダンテ『神曲』

イタリアルネサンス初期の詩人フランチェスコ・ペトラルカ(1304-1374)。 …

アリストテレス『ニコマコス倫理学』あっさり要約&解説

アリストテレス『ニコマコス倫理学』をあっさり紹介します。 ニコマコス倫理学(上) …

アリストテレス著作と入門書まとめ~政治学から形而上学まで

古代ギリシャの哲学者アリストテレスの主著と入門書をまとめて紹介してみます。 今回 …

ストア派の運命論を考察3―エピクテトスの立場

  引き続き、ストア派の運命論を考察しています。   これま …