「 哲学 」 一覧

アリストテレス自身による入門書『哲学のすすめ』を読む

古代ギリシア哲学、プラトンの弟子にしてプラトンと肩を並べる巨人アリストテレス。そ …

ギリシア七賢人タレスが井戸に入った本当の理由

  哲学とは、古代ギリシアで始まりました。これは、もう断言していいので …

SF(すこし不思議な)哲学入門

  2016/11/30    哲学 , ,

  哲学の入門には様々な形がありえます。 このブログでも、プラトンやア …

プラトン『国家』で語られる「正義」とは:第2巻の問題提起を読む

  前口上   プラトン『国家』の副題は「正義について」です …

プラトン『国家』のテーマとは(3):プラトン正義論の戦略

これまで2回にわたって、プラトン『国家』のテーマについて考察してきました。 着目 …

プラトン『国家』のテーマ(続):アデイマントスの問題提起

前回、プラトン『国家』のテーマということで、いわゆる「グラウコンの挑戦」について …

プラトン『国家』のテーマとは:グラウコンの挑戦に注目せよ!

プラトン『国家』はプラトンの主著と目されています。ボリュームも当時の巻物で全10 …

no image

『ソクラテスの弁明』と裁判の背景:プラトンを読むために知っておくべきこと

  プラトンは非常に読みやすく、哲学書を読んでみたいと思ったときにおす …