「 文学 」 一覧

夏目漱石

夏目漱石「現代読書法」はトゲトゲしい英語多読のすすめである

夏目漱石「現代読書法」は、明治39年に雑誌に掲載。内容は、洋書の読み方であり、多 …

映画『沈黙』

無力でもひたすら傍にいるということ|映画『沈黙』感想

スコセッシ監督の『沈黙』を観ました。遠藤周作の同名小説を原作とするハリウッド映画 …

夏目漱石

夏目漱石が青年学生に提案した読書法とは?|能動的なインプットの提案

漱石の読書法の神髄がここにあります。 明治39年、『吾輩は猫である』『倫敦塔』『 …

漱石の文章修業に役立った文学とは?|スウィフト『ガリバー旅行記』の影響

夏目漱石は明治39年の雑誌「中央公論」に、「余が文章に裨益せし書籍」という談話を …

夏目漱石

夏目漱石42歳の愛読書を読むとスティーヴンソンが読みたくなる

夏目漱石は明治39年の雑誌「中央公論」に、「予の愛読書」という談話を寄稿している …

遠藤周作『イエスの生涯』

遠藤周作『沈黙』小説の面白さとキリスト教思想の問題点

  遠藤周作『沈黙』の映画化によせて 遠藤周作の『沈黙』がスコセッシ監 …

斎藤緑雨

非モテが女性の思わせぶりな一言で妄想を募らせすっ転ぶという残酷物語|斎藤緑雨『油地獄』

  斎藤緑雨という天才風刺作家が、われわれに地獄を見せてくれます。 斎 …

筋を読まずに小説を読めるか?『草枕』におけるプロット無視の読書法

小説を読むときに、始めから読まない人間がいるだろうか?   読書法は、 …

菊池寛『無名作家の日記』以上におもしろいギャグ小説を誰か教えてくれ

  『無名作家の日記』はクリエイターの苦悩を描いたユーモア小説だ 青空 …

カフカ変身

カフカ『変身』を読んでいたらカワイイ女の子が顔を近づけて話しかけてきた

  2017/02/07    文学 ,

  男子とかわいい女の子の対話編 「なにしてるの?」 女の子が、机に向 …