「 文学 」 一覧

斎藤緑雨

非モテが女性の思わせぶりな一言で妄想を募らせすっ転ぶという残酷物語|斎藤緑雨『油地獄』

  斎藤緑雨という天才風刺作家が、われわれに地獄を見せてくれます。 斎 …

筋を読まずに小説を読めるか?『草枕』におけるプロット無視の読書法

小説を読むときに、始めから読まない人間がいるだろうか?   読書法は、 …

菊池寛『無名作家の日記』以上におもしろいギャグ小説を誰か教えてくれ

  『無名作家の日記』はクリエイターの苦悩を描いたユーモア小説だ 青空 …

カフカ変身

カフカ『変身』を読んでいたらカワイイ女の子が顔を近づけて話しかけてきた

  2017/02/07    文学 ,

  男子とかわいい女の子の対話編 「なにしてるの?」 女の子が、机に向 …

中原中也

中原中也「汚れっちまった悲しみに」の意味と鑑賞

  2017/02/06    日本文学 , ,

  処女詩集『山羊の歌』に収録された1篇 昭和の詩人、中原中也の最も有 …

ピエール・ド・マリヴォー肖像画

マリヴォー『愛と偶然の戯れ』という傑作ラブコメ戯曲がある

『愛と偶然の戯れ』は、18世紀フランスの劇作家、マリヴォーの喜劇。 1730年、 …

遠藤周作『沈黙』の出版は日本中を揺るがした事件だった

  遠藤周作『沈黙』は昭和41年、新潮社より出版。出版後、たちまち文芸 …

ペトラルカ『わが秘密』の公開意図について

ペトラルカの対話篇『わが秘密』は、ペトラルカ自身が書いた序文において、公開意図が …

ドストエフスキー『罪と罰』を読んでなくてメロス風に激怒された話

よき友は激怒した。かの邪知暴虐な高等遊民を必ず除かねばならぬと決意した。 よき友 …

中原中也

中原中也詩集『山羊の歌』と『在りし日の歌』を読む

  2017/01/16    日本文学 , ,

昭和の詩人、中原中也の処女詩集・第2詩集を紹介します。 中原中也はNHKテレビ「 …