【なんで西洋文学やるの?】日本の近代化について考える3冊

   

日本の近代化、外国文化の受け入れを考えることは、

「なぜか日本で西洋の文物を扱う」

 

という根本的な疑問を考えるうえで、有益だと思う。

 

初めて読んだ思想書は新渡戸稲造の『武士道』だった。

 

非常に興味深い本を3つ。
これらの本は、研究の成果をわたしたちに教えてくれるだけではない。

 

わたしたち自身のあり方・生き方を反省させ、

自分はどう生きるのかを考えさせてくれる。

 
どれも思想の本。
スポンサードリンク

丸山真男『日本の思想』(ふるい本)

日本の伝統思想(神道)には基軸がなく、
外来思想である仏教・儒教・西洋哲学を無防備に受け入れた。
その結果、思想の雑居状態になった。
 

古賀勝次郎『東西思想の比較』(すこしふるい本)

丸山真男の指摘は正しい。
しかし逆に問えば、
「なぜ日本の思想は、基軸もないのに発展し、近代化に成功したのか?」

 

という疑問に答える。

 

納富信留『プラトン 理想国の現在』(あたらしい本)

プラトンの主著『ポリテイア』は戦前、
『理想国』という表題のもと、
学者のみならず、広く一般人にも知れ渡っていた。
 
プラトンの『理想国』はいかに読まれたか?
また同時に、戦前の国家主義のイデオロギーとどう関わったのか?
 

 - 哲学 , ,