【難しい本を読めない】入門書から卒業!読書レベルを一段階上げる3つの方法




あなたは「難しい本が読めない」と悩んでいませんか?

  • 簡単な実用書やエッセイの類しか読めない
  • 少し専門的な本になると途端に頭が働かない
  • 周りの人は、難しい本も難なく読みこなしている

専門性の高い、難解で分厚い本。

読むのにはとても骨が折れますよね。
なかなか書いてあることが理解できないなんて、日常茶飯事。

「ちょっと背伸びをしたい場合」もあれば、
「どうしても必要で読まなきゃいけない場合」もあります。

「自分の読書のレベルを高めたい!」

そんなあなたに、
「入門書レベルの読書から卒業できる3つの読書計画」についてご紹介します。

この方法を実践すれば

  • 入門書から専門書へ、スムーズに移行できる
  • 難しい本であっても、読めば読むほど理解が深まる
  • 1つのジャンルに特化して、「自分の専門分野」を育てられる

ちょっとした計画や工夫。
これだけであなたの読書レベルは、簡単に高めることができますよ。

方法その1 専門書を読む前に入門書を3冊読む

いきなり難しい本を読んでも挫折が待っています。

誰だって「知らないジャンルの分厚い専門書にいきなり挑戦」したら、絶対に理解できません。
なので、知りたいジャンルがあれば、まずは難しい本を読む前に入門書をいくつか読みましょう。

「読みたい本に書かれている言葉が、理解できない。」

そんな時は、自分に理解できるレベルまで落としてある本から始めましょう。

焦ってはいけません。
入門書というのは、一般的には

  • 文庫本や新書本。
  • 図解やイラスト入りの見開き2ページの本
  • 子供向けに書かれた本

子供向けに書かれている本は本当に実用的です。
ある意味では「実用書の最たるもの」です。

なぜなら子供向けの本は、当然「小学生や中学生にも理解できる言葉」で書かれています。
それに、「研究者たちの間で意見が一致していない事柄」については、基本的にはジュニア向けには書かれていません。

「これは間違いないという知識」がやさしい言葉で書かれているのです。

ある意味では最高の教科書といえます。

「子供向けに書かれた本がないジャンルならどうすればいい?」

そんなときは、新書本や図解入りの本がとっても使えます。

これを3冊手に入れましょう。

そうすれば、あなたが理解できる言葉が増えてきます。
難しい本への足がかりができるのです。

 

方法その2 再読するほど理解が深まる

難しい本を1度で理解しようとするのはとっても難しいことです。

難しい本ほど、内容が盛りだくさんで、充実しているはずです。
細かいことも、たくさん書いてあります。
もちろん難しければいいわけではありませんよ。

1回で理解出来ないなら、何度も繰り返し読みましょう。

というか繰り返し読むだけで、あなたの理解力が大幅に上がります。

訓練なしに速度も理解も上げる1番の方法は、もう一度読むことです。

まずは入門書を3冊読む。
そうしたら読みたい難しい本にチャレンジする。

難しい本を何とか読み通すことができたら、時間をおいてまた再読する。

こうすることであなたの読書レベルは確実に上がっていきます。

方法その3 好きな物や興味のあるジャンルをどんどん深めていく

難しい本を読むなら、あなたの興味のあるジャンルでなければいけません。

初めて勉強しようというジャンルで、
いきなり500ページもある論文集みたいな本を手に取ったら?

わかるはずがありませんよね。

なので、あなたが

  • 本当に必要としている知識
  • 本当に興味のあるジャンル

こうしたものを、1つ特化して深めていきましょう。

読む本が全て、難しい本でなければいけない必要性はどこにもありません。

まずは簡単な本を読む。
それからあなたが

  • 本当にこれ以上の知識を必要としている時
  • もっと詳しくなりたいと心から思う時

そういう時だけ難しい本を読めば良いでしょう。

こうやることの良さは、モチベーションがまるっきり違ってくるところです。

難しい本を挫折するのは、モチベーションが途中で崩れるからです。
高いモチベーションを持てば、読み通すことができます。

そのためにはあなたが、きちんと入門書から初めて、知識と興味を深めていくこと。

遠回りのようですがこれが1番の近道なのです。

まとめ

「難しい本が読めない」と悩むあなたに
「入門書から卒業して読書レベルを格段に引き上げる3つの方法」についてご紹介しました。

  1. 専門書を読む前に入門書を3冊読む
  2. 再読するほど理解が深まる
  3. 好きな物や興味のあるジャンルをどんどん深めていく

以上の方法実践すれば、あなたの読書レベルは確実に上がります。

本棚の肥やしになっていた「分厚い、お堅い本」。
いつの間にか、あなたの手垢や書き込みがいっぱい入った、愛着ある本になりますよ。