【安定収入】働かないで月に15万以上稼ぐ方法(3か月~2年間、継続的に。)

   

これは失業後、直ちに再就職する気のない人が、一定の収入を確保するための記事です。

 

とんでもなく不穏なタイトルですが、

要は雇用保険をもらうという話です。

 

少なくても約5000円程度は1日当たりもらえますので、30日で15万円。

 

ただし貯金もないのに焦ってやめないでください。

 

たいてい若年層は受給日数が90日間なので、

総受給額はまあ45万円程度。

たいてい若年層は自己都合退職なので、

3か月は支払制限でもらえません。

辞める前に3か月は無収入になりますので、

生活費は準備しておきましょう。

 

スポンサードリンク

高等遊民(クズニート)じゃなくてもありがたすぎる制度

 

雇用保険というのはありがたいものです。

 

実際、月に1回か2回ハローワークにいって、

職業相談なりセミナーを受講すれば15万円もらえる。

ありがたい話です。

 

再就職するまでずっともらえたらいいのに。

誰もが一度は考えるでしょう。

 

「だがそれでは誰も働かなくなる!」

そんな奇妙なことを、国家は考えているらしいのです。

 

考えてみてください。

仕事がなくて1日中家にいる生活が毎日続くのです。

 

「やることがない」

 

この試練に、いったいどれだけの人間が耐えられるとお思いなのか?

結局、働かずにはいられない人も多い。

働くのが好きな人は、案外多いと思います。

 

ちなみにこの手の話をさせたらパスカルの右に出る者はいません。

『パンセ』を読みましょう。

 

人間というものは、倦怠の理由が何もない時でさえ、
自分の気質の本来の状態によって倦怠に陥ってしまうほど、
不幸な者である。

 

岩波文庫で新訳も出ております。

定番は↑の中公文庫版。

世界の名著・中公クラシックスと同じ訳です。

 

1日5000円の給付金を最大で2年間もらう方法

さて、パスカルはいいとして、失業保険は残念ながらずっとはもらえません。

しかし給付を延長させる方法はあります。

それが最大2年。

 

今回は自己都合退職+90日間の受給者でも、

2年間もらうことができる方法を紹介することで、

ブログのタイトルへの回答と致します。

 

 

さて、その方法を、ひとことで言うと、

 

職業訓練に通うことです。

 

 

「なんだよ、だりいじゃねえか。」

と思う方もいらっしゃいましょうが、

 

これはすぐに再就職する気のない人が、

一定の収入を確保するための記事

 

そう思ってご容赦ください。

 

 

ハローワークで雇用保険受給の初回認定を無事に済ませたら、

その足で職業訓練相談コーナーに行きましょう。

(ちなみに、これで求職実績+1です。)

 

そこで窓口に行き、担当の方にこう伝えましょう。

 

「新しい仕事をしたいけど、経験がないので、職業訓練も考えている」

 

 

なんとなく希望の職種も伝えましょう。

自分が多少興味の持てるものならなんでもいいです。

 

たとえば「Webとかパソコン関係の仕事をしてみたい」

と言ったとしましょう。

 

そしたらいろいろその業界の動向、

どんな職業になるか、働き方としてはどうか、

などをとても丁寧に説明してくれます。

 

担当はこんなふうに言います。

 

それはIT関連の業種ということになる。
会社としては大企業のシステム部や下請け、OAソフト開発の会社、ベンチャー企業とかが主なところ。
大企業なら定時で帰れるだろうけど、ベンチャーとか下請けとかだと、納期があったりするから、残業が多く、いわゆるブラックなところも多い等々。。。
30歳以上で未経験の人間はあまり雇われない。だからそういうことやりたいなら、職業訓練は行くのは一つの手だと等々。。。
 

 

わりと親切にいろいろ教えてくれます。

(聞けば聞くほどやる気がなくなってきます。)

 

さて職業訓練の話題になったら、こちらのターンです。

向こうから言ってくれる場合も大いにありますが、

 

「職業訓練に興味はあるが、そのあいだ収入ないのは厳しい」
などと言いましょう。

 

そうすると、給付延長のことを話してくれます。

もしも話してくれないなら、不親切な担当だなと心で文句を言って、

自分から申し出ましょう。

 

「給付延長できるなどという話を聞いたのですが・・・」などと。

 

とはいえ、みんながみんな給付延長ができるわけではありません。

 

雇用保険受給資格が継続しているうちに、

公共職業訓練を開始すると、延長給付が認められます。

 

なので入学月とタイミングが合わなければ

(例えば4月入学だが、3月で給付終了とか)

入学しても延長給付がもらえません。

 

雇用保険終了のギリギリになって行くとそういうケースになりやすいです。

 

だから、(受給期間が90日の人は)初回認定日に行きましょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

要するに、職業訓練――月に20日ほど訓練校へ(9時~17時)通えば、

毎月15万円以上支給されるのです。(人によって変動)

 

訓練期間は6か月や1年コースが多いので、

1年間学校へ通いつつ、支給金がもらえます。

 

ちなみに交通費も支給されます。(定期券。地味に大きい)

 

授業料は残念ながら有料です。年額でおよそ12万円。

毎月1万円は差っ引かれると考えてください。

 

 

「月20日で9時5時なら、働くのと変わらないじゃん。」

 

と思う方もいらっしゃるでしょうが、

働くのが全然OKな人は、もうぜひ働いてください。絶対そっちの方がいいでしょう。

 

しかし、もしも学生時代にこう言われたとしたらどうでしょう。

 

9時5時でフルに授業出れば15万円あげるよ。学費タダだよ。
それが嫌なら来なくていいよ。
そのかわりお金なんかあげないから、どっかで就職すればいいよ。

 

わたしなどは絶対に学校に通うことを選びます。

 

 

自分が延長給付の資格者かどうか、

入学月にうまくタイミングが合うかどうかなどは、

登録先のハローワークで相談に行くのが一番です。

 

ぜひご活用を。

スポンサードリンク

 - 高等遊民, セルフヘルプ , ,