「 二葉亭四迷 」 一覧

斎藤緑雨『小説八宗』は明治文学への挑戦的なパロディだった

風刺作家としての斎藤緑雨(1868-1904)の出世パロディ『小説八宗』について …

夏目漱石

面白ければ描写なんか矛盾してもいい|夏目漱石「自然を写す文章」

写生文とは、対象をあるがままに写した文章である。この説明は、正しくもあり、間違っ …