プラックペアン4話ネタバレ感想!スナイプ論文にダビンチに手術器具が目白押し?

プラックペアンよりスナイプの出番のほうが多すぎ!? 4話ネタバレ&感想まとめ

 

平均視聴率13.1%と、順調に視聴率をキープをキープしているブラックペアン。

2・3話とスナイプの使用と論文のインパクトファクターを狙う両教授たちのバトルが繰り広げられていますが、4話ではスナイプの論文が完成!

 

スナイプ論文のインパクトファクターを獲得するための両教授の戦いは最終局面を迎えます!

 

そんな4話のネタバレ&感想まとめをお伝えします!

 

ブラックペアン4話あらすじ

スナイプを使った手術が成功したことで、東城大ではスナイプを大量に導入する方針を固める。高階(小泉孝太郎)はスナイプに関する論文を着実に進めていたが、論文の最後に記す研究の最高責任者の名前をどうするか、悩んでいた。この論文が外科学会理事長選の行方を左右するとあって、論文が掲載される日本外科ジャーナルとの太いパイプを持つ佐伯教授(内野聖陽)と帝華大の西崎教授(市川猿之助)による闘いは、最終局面を迎えていた。

そんな時、高階は帝華大時代に担当していた僧帽弁閉鎖不全の子供の患者を東城大に転院させる。血液が固まりにくい症状で出血を伴う手術は不可能ということもあり、高階は佐伯教授にスナイプ手術の実施を頼み込む。佐伯教授は渡海(二宮和也)を執刀医に指名。ところが、あろうことか渡海は指名を断ってしまう。それどころかスナイプ手術に舵をきった佐伯教授を厳しい言葉で攻め立て、そばにいた世良(竹内涼真)も止める術がない。ついには、佐伯を激怒させてしまう。渡海は今後の手術に一切関わらないよう言い渡され・・・。

引用:http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/story/4.html

 

論文の最高責任者を巡るバトル!高階は佐伯教授に条件を出す!

スナイプの手術が成功し、東城大ではスナイプの大量導入を進めていく。スナイプでの症例を積み重ね、高階はスナイプの論文を完成させる。

そして、論文の末尾に記載される研究の最高責任者を西崎教授にするのか、佐伯教授にするのか、その末尾は空欄のまま。

高階は、佐伯教授に帝華大の時の受け持ち患者の手術を依頼する。出血傾向があり、リスクの高い少女のスナイプ手術であった。

 

1話からでは考えられない位スナイプが活躍しています。

 

佐伯教授はスナイプの論文、インパクトファクターの獲得に必死。

高階もそんな佐伯教授を良いように利用するかのように交換条件を出してますね。

帝華大では手術が許可されないリスクの高い少女のスナイプ手術です。

論文の末尾の名前の記載が欲しい西崎教授は高階に恩に着せるように手術を許可しますね。

この二人の駆け引きは真っ黒すぎてゾクゾクしますね。

 

渡海と高階が協力する!高難度のスナイプ手術!

高階の患者のスナイプ手術は渡海が担当するよう佐伯教授に指名されるが、渡海はそれを拒否。それどころか、佐伯教授を侮辱するような発言をし、渡海は一切のオペを禁止されてしまう。

少女のオペは高階が行うこととなるが、成功率は5%
シミュレーションでは一度も成功することが出来ない。

渡海は、今までのスナイプ手術の方法では成功しないと高階に伝え、成功する方法はカテーテルを挿入するスナイプの手術方法しかなく、そが出来るのは自分しかいないことを告げる。高階は渡海のオペの許可を出して欲しいと佐伯教授に頭を下げる。

 

スナイプ手術を断る渡海先生。今まで誰一人殺したことのない渡海先生、さすがです!

そして、佐伯教授の命令だけには忠実な渡海先生も謎の一つですよね。

高階は佐伯に対しまた借りが出来ました。
インパクトファクターの獲得にまた近づく佐伯教授の表情は嬉しそうな笑みを浮かべていましたね。

そして、今回は高階と渡海がオペで協力するという珍しい光景が印象的でしたね。
なかなか見れない光景だと思います。

 

佐伯教授を信じるな。渡海の言葉と、論文の末尾の名前は!?

高難度のカテーテルによるスナイプ手術も無事成功。高階は論文の末尾に記す名前を決めかねていました。

そんな中、渡海に言われた「佐伯教授を信じるな」というセリフ。

そして、論文が日本外科ジャーナルに掲載します。
論文の末尾には佐伯教授の名前の下に西崎教授の名前が記されていました。

 

遂に完成したスナイプの論文!!!

高階が選んだのは、佐伯教授ではなく、西崎教授でしたね。

佐伯教授の乱れ具合がとてつもなかったですね。あれだけ恩を売ったのに・・・という気分なんでしょうね。

高階の黒さにもアッパレです。

そして、渡海が言った「佐伯教授を信じるな」のセリフは今後どう繋がるのか注目するところですよね。

 

スポンサードリンク

ブラックペアン4話 あらすじネタバレまとめ

 

  • スナイプ論文遂に完成!インパクトファクター獲得は西崎教授!
  • スナイプ論文を巡るバトル終了により、ブラックペアンの謎が動き出す?
  • 佐伯教授を裏切った高階の今後は?

 

印象としては、スナイプの登場が多すぎてブラックペアンじゃなくてスナイプが主役みたいになってますね。

そんなスナイプも今回の論文が完成しひと段落でしょうか。

レントゲンのペアンの謎や今後の高階にも注目ですね。

 

第5話では今度はスナイプの代わりに、新しい機械ダーウィンが登場しますね。

なんでも実在する、ダヴィンチという手術支援ロボットがモデルになってるとか……。

今後の展開が読めませんね。新たな展開に入る5話も見逃せません


高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。