崖っぷちホテルの桜井佐那と宇海は幼馴染?第7話ネタバレ感想



スポンサードリンク


崖っぷちホテル第7話、桜井兄妹と宇海は幼馴染だったの?

 

5月27日の崖っぷちホテル第7話では、総支配人の佐那(戸田恵梨香)の兄、ホテルに大借金を作って崖っぷちに追い込んだ張本人の誠一が帰ってきました。

佐那とスタッフたちが動揺する中、誠一は持ち株の数から総支配人になる権利を主張

ホテルのためと言い、スタッフたちの役割を総入れ替えという奇抜なアイディアを実行し、大混乱。

 

しかし、その間に融資担当の銀行員横山とホテルの売却を進めていた誠一。

時貞も関わるホテルの横領という崖っぷちホテル最大の問題が明らかになってきました。

 

佐那は総支配人になる権利を取り戻し、スタッフたちを守ることができたのでしょうか。

宇海の行動も気になりますね。

 

しかし、もっと気になったことが!!

兄の誠一は、第7話の中で、

宇海にどこかで会ったことがある、宇海直哉って名前もどこかで聞いたことがある

と言ってましたね。

 

オープニング映像にもこどもの頃の兄が登場!

ということは、やはり少女と少年は、佐那と宇海ということになりますかね?

いよいよ宇海の正体が明らかになるんでしょうか?

とても気になります。

 

崖っぷちホテル第7話を見た感想をSNSの評判を参考にしてまとめてみました。

 

オープニング動画に少年時代の兄登場、やはり少年と少女は宇海と佐那??

毎回お楽しみのオープニング動画。

 

オープニング動画はこちらで詳しく紹介しました。

崖っぷちホテルオープニングの意味は?庭で遊ぶ子どもは誰かネタバレ考察

第7話では、階段に座ってシャボン玉遊びをする少女と少年。

2人は満面の笑顔。そこへ後ろからやってきた年上の少年が声をかけ、振り向く2人という映像でした。

少年と少女が誰なのか、今まで、明らかにされていなかったのですが、こんな情報が出てきましたね。

少年誠一役で出演した子役さんの紹介です。

年上の少年が佐那の兄であることは明らかです。すると、少年と少女は、宇海と佐那ですよね。

はい、そうだと思います!! でも兄は覚えてて妹は覚えてないのはなぜ〜

じりじりとその秘密に近づいてくる感じがしますね! 来週も期待です。SNSでもこの話題が徐々に増えていますね。やっぱり気になります。

宇海と桜井兄弟は、幼馴染または幼い頃にウィンブルサで会っている、これは間違いないでしょう。何者かは謎のままですが….

桜井兄と銀行員横山そして時貞の横領事件も解決し、兄から総支配人の権利を佐那に戻した宇海。ウィンンブルサは最後に残る大ピンチを乗り越えました。あと残る問題は、

 

宇海さんは一体、何者かということですね〜^^

8話は、ウィンブルサの総力を上げての大きなお客様をお迎えして、その後明らかになるのか、また風のように去ってしまうのか…

そして、最後まで改心出来なかった誠一。宇海をどこかで見たことがあると言ってましたが思い出せませんでした。使いこんだ資金を補うため遠洋漁業に出た海の上で突然思い出すパターンもありえそうですね。

 

桜井佐那と宇海直哉、幼馴染時代に何があったのかを推測してみた

今までの2人の言葉から幼馴染時代にあったかもしれない事を推測してみました。

宇海は、目の前のお客様を笑顔にする事、お客様の事をよく知る事、お客様の事を考える事が大切だと言い続けていますね。

 

そして、佐那は、7話で兄が言っているように、このホテルを夢の場所にしたい、と幼い頃から言ってたんんですね。

と、いう事は幼い佐那と宇海が出会ったウィンブルサが2人とって楽しい夢の場所だった、楽しくていつも笑顔になれた場所だったのではないでしょうか。

ホテルの楽しさもそうですが、2人はお互いの笑顔を見てさらに笑顔になっています

この事から2人の気持ちを推測してみました。

 

自分の夢を作った思い出のウィンブルサの危機を知り、もう一度昔のような夢のホテルに戻ってほしいと思い、やってきた宇海

少年宇海は、少女佐那をもっと笑顔にしたい、と思い、それが少年の夢になった

何かの原因で佐那から離れなければならなかった少年は、大きくなったら2人で夢みたいに楽しい場所を作ろうと約束した

少年はホテル経営の勉強をし、バリストンホテルの副支配人という地位を得、ホテル業界で大きな肩書きを持つ幻のホテルマンと言われる存在になった

 

と、こんな感じでしょうか。

佐那と宇海の過去についてのエピソードは今のところ冒頭の映像しか出てきてないので、今後に描かれてほしいですね。

 

スポンサードリンク

宇海の笑顔と冒頭映像の少年の笑顔がかさなる?やはり少年は宇海と思わせる映像のマジック?

7話の最後の宇海の笑顔を見て気づいたのですが、少年の笑顔とそっくりですね。笑顔になった少女をみて、安心した笑顔、さらにうれしくなった笑顔です。

そこで気がつきました。宇海の笑顔を振り返ってもう一度見てみると、佐那に向ける笑顔がちょっと違うかもしれません。

一つ一つの壁を乗り越えて強くなっていく佐那。佐那の笑顔を見て、笑顔になる宇海。少年の宇海の佐那への笑顔と重なります。そう思ってもう一度1〜7話を見直してみるのも楽しそうです。

このドラマには、厨房組以外のほのかな恋心を予感するエピソードは今までなかったのですが少しはあったらもっとよいですね。

8話は、ピンチを乗り越えたスタッフたちが総力を上げてお迎えする大きなお客様のお話です。

大田原さんと、ハルが主人公の話なので、宇海と佐那の話は、冒頭の映像のストーリーから想像するのもまた、楽しみの一つですね。

 

まとめ

崖っぷちホテル第7話を見て、桜井兄妹と宇海は幼い頃に会っていた?というSNSでの話題から考えてみたことをまとめてみました。

わかったことは次のことです。

宇海は、ホテルのことも佐那のことも誠一のことも、ウィンブルサの危機のことも全てわかって行動している

 

・佐那の兄、誠一も少年の頃、宇海に会っている。そして最近の宇海の噂も聞いているが思い出せない。

・佐那と宇海は、幼い頃ホテルでよく遊んでいた幼なじみ?佐那がまるでわからないのは、なぜ?

・宇海の表情で見る、気持ちの変化を探りたい。特に笑顔に注目。

・冒頭の映像の今後のストーリー展開も楽しみ

 

と、いうところですね。

今後、宇海と佐那のエピソードも出てくるのを期待しながら、崖っぷちホテルを楽しみましょう。

 

 
  • 「崖っぷちホテル」を見逃した!
  • 続編のスピンオフ動画を観たい

そんなあなたに、ネット動画を無料で観られる方法をまとめました↓

→「崖っぷちホテル」見逃しや続編スピンオフ動画を視聴する方法はこちら



高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノート。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順

 

こちらは「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。

 

5つの手順は、「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。

 

3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。

 

3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。

 

ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

 

哲学という、かなり難しい内容でも、音声入力で話して書くことは可能です。

 

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。