崖っぷちホテル4話ネタバレ感想!丹沢のすっぽんすぽ太郎が可愛い癒し系?



スポンサードリンク


崖っぷちホテルに現れた救世主? すっぽんのすぽ太郎が活躍する第4話が面白いと話題! 

 

5月6日放送の崖っぷちホテル第4話。今回もおもしろかったですね。

近隣に新しいビジネスができるので事務責任者の丹沢(鈴木浩介)や他のスタッフたちが辞めると言い出し、またまた大ピンチに!

スタッフたちに辞めて欲しくないのに、はっきりということができない総支配人の佐奈(戸田恵梨香)に宇海(岩田剛典)は、あっさりと採用面接をすることを提案。それも、辞めるスタッフたちも含めてスタッフ達が面接官をするという。

またまた大混乱が起きそうな第4話! 崖っぷちホテルは大ピンチ!

 

しかし、そこに救世主が現れたのです。それは誰なのか??

すっぽんのすぽ太郎も活躍する崖っぷちホテルの話題をまとめてみました。

(ネタバレがありますので注意して読んでくださいね。)

 

話題のすっぽんすぽ太郎が大活躍、宇海役の岩田剛典も認める可愛さ

宇海直哉役の岩田剛典さんのツイートです。すぼ太郎可愛いすぎました〜^^

 

すっぽんのすぼ太郎は、かってホテルウィンブルサの危機を救った幸運の食材だったというエピソードがありました。さて、今回もすぽ太郎は危機を救ってくれたようですね。

 

 

 

厨房では幸運の食材として崇められるすぽ太郎!! 〜奇々と盛り上がる江口に呆れるハル

すぽ太郎は、幸運の食材。でも丹沢さんにとってはペットのような愛しい存在なんですね。^^

本当に毎回いいお話です。感動ですね!! 結局やめなかった丹沢さん。よかった〜

その理由の一つはすぽ太郎の活躍でした!!

さて、すぽ太郎は何をしたのでしょう〜??気になりますね!!

 

人に尽くす仕事をしたい!! 謎の初老の男性小山内の存在に心が動くスタッフたち

採用面接にきたのは、ダメダメスタッフたちの目にもダメと言わざるを得ない人物ばかり。

そんな中、宇海の知人だと言う人物が現れました。謎の初老の男性小山内(村野武範)でした。

人に尽くす仕事がしたい、と熱意を伝える小山内に、心を動かされるスタッフたち。

小山内さんは実は開発中のビジネスホテルの関係者でした。その小山内の心を動かしたのは崖っぷちホテルのスタッフたちと彼女の存在!! 最強です。彼女が真の救世主かも?

そうですね。結果はスタッフたちや総支配人が作ったものだけど、仕掛けるのはいつも宇海です!! 宇海の行動はやはり考えて行動している?のですよね。

 

スポンサードリンク

すぽ太郎の活躍か?または新たな救世主?崖っぷちホテル第4話の結末は?

(崖っぷちホテル第4話がだんだん気になってきたあなた! ここはネタバレなので注意して読んでくださいね!)

結局、丹沢の心を動かした最後の救世主は…..

いつも側にいて丹沢の姿を見ていてくれた新米総支配人の佐奈でした。

丹沢が抱いているすぽ太郎に気づいた佐奈(戸田恵梨香)。佐奈もすぽ太郎さんを知ってたんですね。

感動の名シーンでしたね。^^

あたりまえのことだけど、あたりまえに言えない言葉をまっすぐに丹沢に伝えた佐奈(戸田恵梨香)‼︎

ここにいてください。あなたがいないと淋しいです。

私たちにはあなたが必要です、と。

佐奈だけがすっぽんのすぽ太郎がいなくなった事を知っていて探していてくれたんですね。同じものを大切にしてくれている人がいるってうれしいことです。

言葉に出さなくても見ていてくれる人はいるんです。でもそれは口に出さないと伝わらないんですね!!

 

まとめ

5月6日に放送された「崖っぷちホテル第4話」でスタッフが辞めてしまう?という危機に現れた救世主の話題をまとめました。

 

内容をまとめてみるとこんな感じですね〜

  • すっぽんのすぽ太郎は、幸運の食材から幸運のシンボルに!!またも、危機を救った可愛いすぽ太郎の名演技に注目!!
  • スタッフたちが忘れていたホテルへの愛情を思い出させてくれた謎の老紳士、小山内。小山内との出会いも宇海が仕掛けたことだった。
  • 結局ホテルを辞めなかった丹沢。最終決断の決めては、自分とすぽ太郎の存在を認め、感謝の気持ちを伝えてくれた佐奈だった。

 

「崖っぷちホテル」!!

やはり、おもしろいですね〜。毎回こころに伝わるものジワ〜っと伝わるものがありますよね!!

そして、魅力的な登場人物たちが活躍するほかに各話ごとにも話題になる人物も登場します。

これからも見逃せません。まだまだ4話までなので、これから見るのもおすすめですよ。



高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノート。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順

 

こちらは「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。

 

5つの手順は、「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。

 

3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。

 

3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。

 

ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

 

哲学という、かなり難しい内容でも、音声入力で話して書くことは可能です。

 

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。