崖っぷちホテルの評判と感想は?岩田剛典がかわいいし意外に面白い?




崖っぷちホテルの評判と感想は?

日曜日夜22時30分といえば、1週間の始まりを翌日に控え、夜ふかししないで、早寝派だった私ですが、うっかり見たドラマが意外におもしろかったのです。

そのドラマは、「崖っぷちホテル」。岩田剛典さん主演の連続ドラマです。

破産寸前の老舗ホテルに、客としてやってきた謎の男が、経営者やスタッフたちとホテルを再建していくお話です。

岩田剛典さん、名前だけは知ってましたが、笑顔が素敵な方ですね!歌に映画にと若い世代に人気の方ですが、世代的に馴染みも薄く、ファンでもない私がこうも気になるとは….。

このドラマには、何か秘密がありますね!

華がなさそうなのに、見ると意外に面白い、崖っぷちホテルの評判と感想をお伝えします!!

 

全く期待してなかったのに面白いのが崖っぷちホテル

Twitterからこのドラマの評判についてのつぶやきを探してみました。

^ ^そうなんですよ〜意外におもしろかったですよね。

”何か癒される” そう〜! その感じです!

名言もありましたね〜

似てるドラマがあったですね。その系統のドラマ??なるほどです。

そうです! 無茶ぶりも笑顔で許せますね〜

評判をまとめて見ると、

  • おもしろかった
  • 癒された
  • 笑顔がいい
  • 名言がある
  • 王様のレストランに似ている
  • 個性が強い出演者
  • 演技がくどい

などでした。

評判は、ご意見が分れているようですね。

しかし、第1回の視聴率は10%以上ありましたし、注目度が高いドラマだと思います。

 

岩田剛典がかわいいと癒されるのが崖っぷちホテル

評判から考えたこのドラマの魅力は、

岩田剛典さんの笑顔や仕草の可愛さ

岩田剛典さんの演じる宇海のキャラクター、名言など

そして、個性派ぞろいの出演者たちでしょうか!!

私もこのシーンに感動しました〜

感想をまとめてみると、

  • 主人公をはじめとする俳優さんはみんなよかった
  • ホテルのスタッフたちは、くせがあって個性的だけどそれぞれ存在感がある
  • これからが楽しみ
  • 原作がないのでどう展開されるかわからないので期待

 

個性的な出演者たちの活躍も期待ですね!

 

王様のレストランのパクリかと思った崖っぷちホテル

  • 王様のレストランを懐かしく思い出すドラマ
  • 王様のレストランと同じ系統のドラマ

と、いう感じでした。

似てるからおもしろくない〜って書いてる人は少なかったです。

そして、私も一番印象深かった「心のおもてなし」の場面を感想にあげている方も。

お客様の思い出を大切に覚えていて心からのおもてなしをしてくれる、視聴者はドラマを見ながら、その時間を一緒に過ごせる、というのがこの系統のドラマの魅力かな〜と思います。

王様のレストランに似ていると書いてる人が多いけれど、場所が違うだけの同じ系統のドラマや映画は他にもたくさんあるように思いました。同じ内容のものでも、その系統のものが好きならば、見たくなりますね。

私は好きです!!

岩田さんの演じる宇海のキャラクターと笑顔!! 個性的なスタッフたちの活躍と、

これからの展開に期待ですね。

 

スポンサードリンク

まとめ 意外に面白いぞ崖っぷちホテル!

日曜ドラマ「崖っぷちホテル」の評判と感想から考えるこのドラマの魅力について書きました。

  1. 意見の分かれるドラマの評判、注目度は高い
  2. 奥深い感想が多い魅力満載のドラマ、心のおもてなしにも期待
  3. 王様のレストランっぽくていい
  4. とにかく岩田剛典がかわいい!!! 癒し系!!

もう、あなたも全然期待してなかったと思うんですけど、

岩田剛典と戸田恵梨香、うーん。華がないな~なんて思ってましたよ正直。

でも、観た人は、分かります。

おもしろいと!!

日曜ドラマ、見逃さないでください!

 

 
  • 「崖っぷちホテル」を見逃した!
  • 続編のスピンオフ動画を観たい

そんなあなたに、ネット動画を無料で観られる方法をまとめました↓

→「崖っぷちホテル」見逃しや続編スピンオフ動画を視聴する方法はこちら

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。