崖っぷちホテル最終回ネタバレ感想!宇海がウィンブルサに来た理由と意味は?




崖っぷちホテルがとうとう最終回を迎えてしまいました。

1〜9話までに毎回波乱万丈なストーリーの中に散りばめられていた伏線、それは宇海がウィンブルサに来た本当の理由に繋がっていたんですね。

まだまだ、本編の中で語ってほしいエピソードも残しながら涙と感動のクライマックスを迎えた崖っぷちホテル、個性派揃いのスタッフたちのその後が気になり、早くも崖っぷちロス者続出です!

宇海が佐那(戸田絵里香)に語ったウィンブルサに来た本当の理由、

そして宇海のウィンブルサへの想いを知った佐那やスタッフたちの決断などなど、

ネタバレを含みながら崖っぷちホテル最終回を見た感想をSNSでの評判も参考にしてまとめてみました。

 

崖っぷちホテル最終回ネタバレと感想

崖っぷちホテル最終回ネタバレ、宇海がウィンブルサに来た本当の理由と去る理由、キーワードは”夢の場所”

 

オープニング映像のストーリーもクライマックス、少年の「夢の場所」への想いと別れ(ネタバレあり)

毎回、意味を持つかのように楽しめたオープニング映像もクライマックスでしたね。

最終回は、少年が泣きながら、女の子に手を降り、お別れする、という内容でした。そして、空の三日月が満月に。

ストーリーの伏線と考えれば、宇海がホテルを去ることが想像できますね。

 

さて、10話最終回のネタバレです。

はじまりは、宇海が連れて来た11人の変わった客でした。

その人たちに業務見学をさせてほしい、という宇海。

しかし、11人揃ってのダメダメぶりにウィンブルサのメンバーたちは驚きます。

しかし、実はその人たちは3ヶ月前のどうしようもなかった自分たちそのもの。

清掃部のゆうこは、すぐにそのことに気づくとともにある不安を佐那やスタッフたちに話します。

 

宇海がここでのやるべき仕事をやり終えて3ヶ月前のウィンブルサのように崖っぷち状態だというスイーブルというそのホテルにうつるのではないかと。

佐那もそのことは感じていて、それにバリストンホテルの支配人からも、宇海を引き抜き戻したい、と言われていました。

ウィンブルサでのやるべきことをやり遂げて、新たなワクワクを求めてバリストンに興味を持ってくれるなら、その選択を尊重して欲しいと。

 

宇海の選択を尊重したい、と思う反面、まだまだ一緒に過ごしたい、と強く思う佐那でした。

そんな中、宇海から話がある、と伝えられます。

そして、思い出のプールの前で宇海から佐那に語られた言葉は、驚くべきことでした。

 

Twitterのつぶやきから感想を拾ってみました。

宇海から語られた佐那との出会いの話、ここへ来た理由も佐那だったこと、驚きましたね。

 

そんなものなんですかね。夢をかなえないとわからない気持ちなんですね。

 

そうですね、ちょっと気になりました。エピソードに入れてほしかったですね。

 

そうですね。そこが謎です。

 

宇海と佐那との出会いのエピソードの意味は? 宇海がウィンブルサに来た理由

宇海と佐那との出会いのエピソードは、まとめると、こんなことだったんですね。

  1. ・母親のために応募した懸賞で当たって宿泊に来たウィンブルサ
  2. ・20年前の30周年記念イベントの日だった。
  3. ・一緒に1日を楽しく過ごしたことを覚えている宇海と覚えていない風の佐那。
  4. ・「夢の場所にしたい」と佐那が言った言葉が心に残り、いつかウィンブルサで働きたいと いう夢を持った。

 

そして、宇海がウィンブルサに来た理由は、「佐那が総支配人になったことを聞いて、様子を見に来た」ということでした。

宇海にとって人生を左右するほどの思い出の人と場所が佐那とウィンブルサだった、そして

夢をかなえて怖くなった、ということなんですね。

佐那の言葉や態度から、今の宇海に対しての思いがあったように思いましたが、伝えきれてません。

これは、スピンオフか番外編にしてほしいですね。

 

宇海がウィンブルサを去る本当の理由に宇海自身が気づくエピソードに感動

スポンサードリンク

宇海の選択を尊重し、送り出すことにした佐那とスタッフたち。送別会に姿をあらわさない宇海に対してそれぞれの思いを語り出します。

スタッフのみんなが、宇海が大好きだ、と涙しながら思いを語り、実は、それを隣の部屋で聞いていた宇海は、自分がウィンブルサを去る本当の理由に気づきます。

 

大好きなスタッフたちと一緒にお客様をおもてなししてワクワクするという選択はなかったのでしょうかね。

 

でも、スタッフたちの思いを聞いて、自分の思いに気づき宇海自身も成長できたんだと思います。バリストンではできなかったことですから。

またワクワクするために自分のために新しい夢を見ることにした、ウィンブルサは夢の場所として外から見ていたい、と決めた宇海と、

「夢の場所」をスタッフたちと守り続けようと決めた佐那。

 

お互いへの言葉や表情を見ていると、伝えきれなかった思いがあるように思いちょっと物足りない終わり方に思いました。

 

まとめ:崖っぷちホテルの続編やスピンオフを希望!

最初は、そこまでおもしろそうと思わなかったドラマ「崖っぷちホテル」にここまで魅了されるとは思いませんでした。

 

毎週の楽しみでしたね。本当に! ありがとうございました。

 

2期があればいいですね。日曜日の夜の同じ時間にお願いしたいです。

 

日曜日の夜にワクワクと笑い、そして感動をくれた崖っぷちホテル!

終わってしまってさみしいですね。でもまたいつか、会えることを期待しましょう。

 

Huluからスピンオフ配信という驚きのNewsもありましたし、DVDも発売予定になっているので、人気があったということなんですよね。

 

→【崖っぷちホテル続編】huluのスピンオフ動画を無料視聴する方法は?

 

漫画や小説の原作はなくてオリジナルストーリーということなので、

シーズン2が作られる可能性もありますよね。ぜひぜひ期待です。

 

 
  • 「崖っぷちホテル」を見逃した!
  • 続編のスピンオフ動画を観たい

そんなあなたに、ネット動画を無料で観られる方法をまとめました↓

→「崖っぷちホテル」見逃しや続編スピンオフ動画を視聴する方法はこちら

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。