浜辺美波は天才なの?崖っぷちホテルのハル役の天然キャラ演技がすごいと評判



スポンサードリンク


浜辺美波は天然ものの天才なの?崖っぷちホテルのハル役の演技がすごいと評判!

岩田剛典さん主演の日曜ドラマ「崖っぷちホテル」は、破産寸前の老舗ホテルにやってきた謎の男、宇海(岩田剛典)とくせもの揃いのホテルスタッフたちが巻き起こす奇跡の大逆転物語です。

そのドラマが、最近癒し系ドラマだと評判です。その理由は、きっと

 

「空気の読めない総料理長」ハルの存在

 

ではないかと思います。

ハル役を演じているのは、映画「君の膵臓を食べたい」で主人公を演じた浜辺美波さん。

前作とは、まったく違い、究極の癒し系天然少女&天才パティシェのハルをめちゃめちゃ明るいキャラクターで演じています。

 

謎の人物宇海にも負けない満面の笑顔と存在感が光る浜辺美波さんが演じるハル!

もう、この天真爛漫さは、天然ものとしか思えませんね。

今回は、そんなハル役を演じている浜辺美波さんの演技の評判をまとめてみました。

 

浜辺美波はドラマの中でも天才を自称

空気の読めない総料理長、天然キャラの鳳来ハル!! ドラマの中でも天才を自称しています。ドラマの中のエピソードを少しご紹介しますね。

 

ハルの決めセリフは、「私っ天才ですから」「よしっ」天然なのか、純真なのか、とにかくグッときますね! このセリフ!!

前むきでいつもポジティブなハルちゃん、、この空気の読めなさ感が最高です。

総料理長に抜擢されたハルちゃんと降格になった江口。厨房スタッフコンビの雰囲気も最高ですね。

さて、そんなハルを演じる浜辺美波さんの演技ですが、評判はどうなんでしょう。

 

浜辺美波は演技も実際天才的じゃないですか?

ハル役の浜辺美波さんは、まだなんと17歳という若さ。石川県出身の女優さんです。

映画「君の膵臓を食べたい」で有名になりましたが、2011年にデビューして、ドラマやCMで活躍中です。

しかし、このドラマでは今までのイメージを一新するような役どころです。

 

確かに、空気が読めてない感が出てますね….これはもう〜天才級。

 

浜辺美波さんの演技についての評判をまとめてみると、

 

  • 主役の宇海くんも負けそうなド迫力のハル、くるくる変わる表情が可愛い。
  • 天才を自称しても、いやみがない。むしろ可愛くておもしろい。
  • 空気が読めないけど、どんな事にも一生懸命で純真。
  • なんと言ってもいつも前向きでポジテティブな考え方と言葉。

 

と、いう感じです。そこがハルの魅力で、演技も好印象という事ですね。

見ている人を元気にさせる笑顔とパワーの持ち主、鳳来ハルを新鮮に演じる浜辺美波さん、やはり天才といえますね!

 

スポンサードリンク

浜辺美波の最新作映画『センセイ君主』のあらすじは?

さて注目の女優、浜辺美波さんの次の作品ですが、新作映画が今夏公開予定です。竹内涼真さんとの共演で注目の話題作です。

2081年夏公開のラブコメ映画。

「センセイ君主」とは別冊マーガレットに連載された幸田もも子さんによる人気コミックなので、コミックの実写化ということですね。

内容は、教師と生徒の恋愛を描くラブコメディーです。

浜辺美波さんの役どころは、素直で何事にも一生懸命な女子高生、佐丸あゆ。クラス担任の代理でやってきた俺様イケメン教師、弘光(竹内涼真)に恋をします。

ラブコメということで、また 浜辺美波さんの元気いっぱいな演技が楽しみです。

 

スポンサードリンク

まとめ 天然ものの天才浜辺美波、ドラマや映画での活躍に期待!

「崖っぷちホテル」でハル役を演じる浜辺美波さんの演技の評判についてまとめました。

 

  1. ドラマの中でも天才を自称する最強パティシェ鳳来ハル。ポジティブで前向き、そして何より空気が読めなさ感が天才級
  2. 演技も実際天才的!くるくる変わる表情と一生懸命さと純真さがストレートに伝わり好印象
  3. 注目の最新作は、今夏公開のコミック原作のラブコメ映画「センセイ君主」。素直で何事にも一生懸命な女子高生役で新鮮な演技に期待大。

 

浜辺美波さんを今まで知っていた人もいるけど、「崖っぷちホテル」のハル役で知った人も多いと思うんです。

これからの活躍が期待される女優さんですね!

浜辺美波さんの演技に注目しながら、「崖っぷちホテル」を楽しんで下さい。



高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノート。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順

 

こちらは「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。

 

5つの手順は、「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。

 

3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。

 

3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。

 

ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

 

哲学という、かなり難しい内容でも、音声入力で話して書くことは可能です。

 

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。