半分青いのビニール傘はいつからあった?動画付き歴史考証の感想と結論!




「半分青い」の時代にビニール傘なんてあった?

半分青いですが、1週目から、はからずもかなり物議を醸しました。

というのも、時代考証がおかしいのでは? と視聴者からツッコミが入ったのです。

  • 1つが、マグマ大使。(第4話・1980年)
  • もう1つが、ビニール傘です。(第1話・1987~89年)

視聴者の主張は……?

  1. マグマ大使=1971年生まれの子供が知ってるとは思えない!
  2. ビニール傘=1980年にビニール傘はない!

さて、これは本当なんでしょうか。

この記事では、ビニール傘に絞って、考察しています。

 

結論から言うと、ビニール傘、存在します。

当時の貴重な動画も紹介しましたので、ぜひご覧くださいね~。

 

半分青いビニール傘問題、視聴者の意見

まずは見ていた人たちからのツッコミを。テキストのみ、無作為に引用させていただきます。

 

ビニール傘はない!という否定派の意見

白いビニール傘はなかったかも!

ビニール傘はわたしも気になったなぁ。少なくとも高校に持っていくことはなかった。

あの時代、ビニール傘は普段使いしてなかったですね

タケルくん、あの時代の高校生で透明ビニール傘は珍しいのでは? その頃からあったっけ?

昭和末〜平成初 ビニール傘は当時珍しかったかも…少なくとも高校生には。 基本的に何でも使い捨てではなかった時代。

ビニール傘の普段使いは、ないな。

 

ビニール傘はあった!という肯定派の意見

一方の肯定派の意見です。

肯定派のほうが数は多いようです。

ビニール傘はその頃無かったとか一般的では無かった説があるのね。私は1973年生まれだけど普通にあったと思うなぁ。

ビニール傘、1989年はバリバリありましたね 近所の傘屋さん(傘の専門店、当時は結構ありました)には透明なもののほか青や緑、ピンク、オレンジ、紫などのカラフルなビニール傘が沢山。

高校時代にビニール傘ありましたよ〜。とりあえずの安価な傘という感じだけど、中3でたまに学校に持参した記憶あり。

主人公より10年少し後に生まれたけど主人公の子が中学?高校?の頃ってビニール傘はそんなになかったような

1972年生まれだけど、高校生の時にビニール傘使ってました。
流行り出した頃だったのかも?!
みんなビニール傘だったから、持ち手のプラスチックのところに油性ペンで名前から書いてた。

なるほどですね。

実際は、どうなんでしょうか。

しっかり調べました。

 

【データ】歴史をひも解くと昭和30年代から存在していた?

ビニール傘の歴史を簡単に調べてみました。

すると、わりと昔からあったんです。

Wikipediaにこんな記述が。

1958年 ビニール傘第一号が完成。これは透明ではなく、梨地で乳白色をしていた。当時のビニール傘は価格も高価だったという理由もあって、発売当初は売上を伸ばせなかった。

1964年 東京オリンピックで来日したアメリカ人が、冬に雨が多く体を覆う傘が好まれるニューヨークで売りたいと持ちかける。須藤三男は専用の透明素材を企業に開発させて透明なビニール傘を完成させる。ニューヨークでは飛ぶように売れた。

1964年以降 週刊誌やキー局のテレビ番組が「銀座では中が透ける傘が流行しているらしい」と紹介し、その知名度は全国区となった

ビニール傘は「便利で安価な傘」と認識され、特に1970年代から1980年代以降には著しい需要の拡大を見せた。それでも1980年代前半の国内の洋傘総生産量は4000万本程度で、ビニール傘の割合もこの内の20%程度だった。

1958年というと昭和33年です。すでに昭和の30年代にビニール傘は1号が完成していたんですね。

しかしこの時点では普及せず、普及し出したのは1970年代以降。

 

そして、半分青いの主人公、鈴愛と律は1971年生まれ。

ちょうど鈴愛たちの小学生時代が、1980年ですが、その数年後には傘の2割がビニール傘だったとのこと。

 

 

さらにこんなニュースサイトの記述もありました。

たとえば2日の初回、高校生の鈴愛がビニール傘を使う場面に対しては、「鈴愛が高校生の80年代後半、ビニール傘は広まっていなかった!」という声が複数上がった。だが、1987年の新聞記事によれば、すでに年間洋傘消費量のうち、3分の2近くが「ビニール傘など安価な台湾製傘」だったといい(日経産業新聞、5月9日付)、88年時点で値段も500円前後、との記述がある(日経流通新聞、7月5日付)。

https://www.j-cast.com/2018/04/05325460.html?p=all

 

ただし、地域差はあるでしょうね。

岐阜県東濃地域においての傘事情までは、資料が見つかりませんでした。

 

【動画】平成元年前後にビニール傘は存在して普及もしてた

スポンサードリンク

決定的な映像です。

こちらは、昭和天皇崩御のニュース映像。

つまり昭和64年(1989年)2月の映像ですね。

雨の日だったんですね。

こちらを見ると、4分14秒ほどの左側にいる女性。

ビニール傘を指しています。

ほら。ビニール傘です。

ただし、ほかの参列者の傘の多くは、ふつうの傘です。

みんながみんなビニール傘を使っていたか? というと微妙ですね。

1980年代前半で2割ですから、1989年でも精々3割から4割でしょうね。

 

ただし、鈴愛と律が高校生の時代。(1987年~89年)

そのときに、ビニール傘が存在して、利用可能であったことは、疑う余地なしです。

 

スポンサードリンク

まとめ

半分青いのビニール傘、時代考証問題を取り上げました。

 

  1. 結論としては、1980年代後半には、ビニール傘は存在しました。(普及率2割以上)
  2. 律と鈴愛が高校で使っていても、おかしくはありません。
  3. なので、ビニール傘は時代考証的に見ても正しいと言えます。
  4. ただし、厳密に、岐阜県の片田舎でビニール傘を入手可能であったかどうかは、資料なしです。

 

以上の結論でした。

おもしろいドラマなので、いろいろと盛り上がれるといいですね。

→「半分、青い。」の今までの感想まとめ

 
  • 半分青いを見逃した!
  • もう1度観たい!

そんなあなたに、ネット動画を無料で観られる方法をまとめました↓

→「半分青い」無料動画を視聴する方法はこちら

朝ドラまんぷく。感想とネタバレ。見逃し配信動画

→「まんぷく」無料動画を視聴する方法はこちら

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。