半分青いロボヨの仕組みは?ロボットがピアノを弾くのは1990年に可能?




半分青いで、ロボットが出てきました。

 

その名も、ロボヨ!

 

律が通う大学の教授(塚本晋也監督)が、3億円をかけて製作したという設定のロボットです。

 

ロボットが滑らかにピアノを

『ふるさと』をピアノで弾いているのは 美女…かと思ったら、 ロボットだった。

ストップ映画泥棒のパクリ?

塚本晋也監督はダンボーのパクリか!

 

確かにロボヨは映画泥棒に似てる……

 

塚本晋也監督はダンボーにも似てる……

 

 

ロボヨがピアノを弾く仕組みはプログラミング?

律が推測していたのはこのようなお話

 

  1. 楽譜をCCDカメラで認識する
  2. 音符を数値に変換する
  3. 数値を指に送り、指を動かす

 

ざっくりいうと、こんな感じ。

 

プログラミングの1種ですね。

必ず数値にすることが必要です。

 

プログラミングやロボットの世界では、数字がすべての単位なのです。

 

1990年で、ロボヨのような自動演奏の仕組み作れない?

1990年で、楽譜というアナログ画像を読み取って、それを数値というデジタルに変換できるのかなーと、疑問に思いますよね。

(いろいろと時代考証が話題になるドラマですね)

⇒半分青いのビニール傘はいつからあった?動画付き歴史考証の感想と結論!

 

3億円ってところでできそうな気もしますが、また検証で盛り上がりそうなトピックです。

 

ただ、↑のような原理であれば、「ふるさと」以外でも、ロボヨはどんな音楽でも弾けるはずです。

 

なので、ぜひ、ドラマ内で「ふるさと」以外の難曲も演奏してみてほしいですね!

 

 

ふるさとを弾くだけなら、ふるさとの楽譜だけをプログラミングして演奏させればいいだけです。

その場合、ロボヨは「ふるさと」しか弾けませんし、頭のカメラは何も機能しません(飾りです)。

 

まとめ ロボヨの仕組みの詳細が気になる

半分青いのロボヨについてご紹介しました。

 

  1. 楽譜を読み取った上での自動演奏はとてつもない高度な技術
  2. 実際のロボヨは、たぶん「ふるさと」しか弾けない
  3. また時代考証が盛り上がりそう?

 

以上のような内容でした。

 

ロボヨが今後も活躍して、詳細がわかるといいですね。

→「半分、青い。」の今までの感想まとめ

 
  • 半分青いを見逃した!
  • もう1度観たい!

そんなあなたに、ネット動画を無料で観られる方法をまとめました↓

→「半分青い」無料動画を視聴する方法はこちら

朝ドラまんぷく。感想とネタバレ。見逃し配信動画

→「まんぷく」無料動画を視聴する方法はこちら

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。