北海道だけ道で県じゃない理由はなぜ?由来と語源をまとめてみた



スポンサードリンク


どうして北海道だけ道なのでしょうか?

日本には47都道府県ありますよね。

 

高等遊民
東京都が都なのはわかりますが、なぜ北海道が道なのか?

 

そんな疑問を持ったことはありませんか?

北海道はなぜ道なのか

道(どう)は道(みち)ではないのか。なぜ道(どう)なのか。

北海道だけなぜ「道」がつくのかという疑問

北海道がなぜ「道」なのかをチラッと調べた

 

あるあるですよね。

 

この記事ではどうして北海道だけ道というか、調べてみました。

 

なぜ北海道というの? 北海県でない理由は?

なぜ北海県などではなく北海道というのでしょうか。

それは昔の地名には、大きな地域を表すのに道という単位で表していました。

  1. 東海道
  2. 東山道
  3. 北陸道
  4. 山陽道
  5. 山陰道
  6. 南海道
  7. 西海道

今もJR新幹線に名残が残っていますね。

これらは、単純に道路指し示すのではなく、広い一体の地域を指し示す言葉でした。

京都の近畿地方という言葉がありますよね

この禁忌の気が、今日の京都の中心を指し示す範囲だったのです。

その周りが道という単位で表されました。

つまり日本の国土は、近畿地方と、その他の道やらされる7つの地方で地域で構成されていると考えられていたのです。

五畿七道(ごきしちどう)とは、古代日本の律令制における、広域地方行政区画である。畿内七道(きないしちどう)とも呼ばれた。

1869年(明治2年)、北海道 (令制)が新設されてからは五畿八道と呼ばれる

五畿

畿内ともいい、大和、山城、摂津、河内、和泉の五国。現在の奈良県、京都府中南部、大阪府、兵庫県南東部を合わせた地域

七道

東海道、東山道、北陸道、山陽道、山陰道、南海道、西海道の七道。

五畿七道-wikipedia

つまり今は47都道府県ありますけれども、

かつては五畿七道と12個の地域区分でがあったのです。

そして北海道は8個目の道として明治政府に認定されたのです。

 

北海道になったのは1869年(明治2年)それまでは蝦夷地

まず北海道は、明治時代までは日本の領土ではなかったんですね。

江戸時代の政府は現代で言う函館までが松前藩であり、函館より北はアイヌの民族が住む蝦夷地。

日本の国土とは認識されていなかったんです。

つまり異国だと思っていたんですね。

沖縄みたいな感じに北海道も思われていたのです

それが日本の領土であるという意識が急速になされたきっかけ。

それがロシアの東方進出。

ロシアはシベリア地方にも領土をどんどん伸ばしていきます。

今で言う北方領土のほうにまで手を伸ばそうとしていました。

また日本にも使者を送り、国交を樹立させようとロシアは努力していました。

※この辺のことを描いたは面白い歴史小説としては司馬遼太郎をおすすめします。

ロシアについて 北方の原形

菜の花の沖

 

ロシアがどんどん日本の国土に迫ってくるために、明治政府は危機感を覚えました。

そこで、蝦夷地を急遽日本の領土であると定め、屯田兵や蝦夷開拓使を送り領有権を主張したのです。

という経緯で、蝦夷地は北海道として日本の国土として取り込まれたのですね。

 

スポンサードリンク

北海道の語源と由来は? 誰が命名した?

北海道には名付け親がいます。

松浦武四郎と言う人物が名付け親です。

松浦武四郎は江戸時代の末に生まれた探検家です。

今では探検家と言えば世界の秘境を渡り歩く人ですが、当時は北海道(蝦夷地)がまさに世界の奥地でした。

松浦武四郎は江戸時代の終わりから明治時代まで合計6回にもわたる蝦夷地への調査をしました。

そして伊能忠敬の地図のような詳しい蝦夷地の地図を書き上げたのです。

 

 

松浦武四郎は地元のアイヌ民族ともたくさんの交流をしました。

そしてアイヌ民族の人々が名付けている地名を蝦夷地の地図にどんどん書き込んでいったのです。

アイヌの文化や生活を、日本の人々に伝えて、共存しようと考えていたのですね。

この蝦夷地調査の探検家としての松浦武四郎は有名人になりました。

明治2年になり、明治政府が蝦夷地を開拓するにあたり、松浦武四郎に蝦夷地の新しい名前を依頼しました。

その候補にあがったのが6つありました。

  1. 「北加伊道」
  2. 「日高見道」
  3. 「海北道」
  4. 「海島道」
  5. 「東北道」
  6. 「千島道」

 

1番目が、「ほっかいどう」ですね。

当時は海という言葉ではなく加伊という言葉でした。

この加伊という言葉には、はアイヌ語です。

「この大地に根付くもの、生まれたもの」という意味があります。

松浦武四郎はこれを痛く気に入りました。

 

そこで新しい日本の地域(道)として、北加伊道を松浦武四郎は猛烈にプッシュしたんです。

名前は「海」になりましたが、この松浦武四郎の提案が通り、現在の北海道になりました。

 

 

ちなみに、北海道は明治15年に

  1. 函館県
  2. 札幌県
  3. 根室県

の3つの県になります。

が、人口が非常に少ないため、4年後に廃止され北海道庁として1つにまとめられました。

 

スポンサードリンク

まとめ

北海道の意味と由来と語源をご紹介しました。

  1. 道は以前の日本の地域区分(東海道と一緒)
  2. 北海道は8つ目の道
  3. 北海道の名付け親は松浦武四郎という探検家
  4. 北海道の会にはこの土地に生まれたものという意味がある
  5. 明治15年に函館県・札幌圏・根室県の3つの県になったが4年後に廃止され北海道庁にまとめられる

 

参考になったサイトはこちらです↓

北海道の名前について|北海道公式サイト

道庁が分かりやすく答えてくださってます。ぜひ見てみてください。

 

ちょっとした地域のや地名の由来でも、これだけ人間多くの人が関わる歴史やドラマがあるんですね。

不足している情報や感想などあったらぜひコメント欄にお気軽に書き込みお願いします。



高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノート。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順

 

こちらは「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。

 

5つの手順は、「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。

 

3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。

 

3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。

 

ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

 

哲学という、かなり難しい内容でも、音声入力で話して書くことは可能です。

 

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。