ラブリラン町田役の古川雄輝は原作と違いすぎ?ツンデレ声がやばいと感想多数!




ラブリランの町田(古川雄輝)がとんでもないことになっていますね。

 

なんとツンデレキャラなのです。

 

ドS!!

 

古川雄輝さんといえば、朝ドラ「べっぴんさん」で有名になりました。

優しくて賢い青年という役どころが多くて、なんとなく実際の性格もそんな感じのイメージですよね。

 

古川雄輝さんとの今までのイメージが違いすぎますね!!

一体町田くんとはどんな性格なのでしょうか?

 

原作のラブリランが気になるあなたへご紹介します!

 

(関連記事)ラブリランのドラマ登場人物と相関図!原作との違いが一目瞭然

 

→「ラブリラン」無料動画を視聴する方法はこちら

 

ラブリラン町田の原作とドラマの違い

まず一番分かりやすい、原作と実写の比較画像はこちらです。

  • 【原作】金髪。眉毛細い。釣り目で細い。
  • 【ドラマ】黒髪。童顔。高身長。

 

まず見た目が、ちょっと違いますね~。

金髪なのは、まんがだと「ベタを塗らなくていいから楽だ」という都合ですね。

 

ラブリラン町田(古川雄輝)の性格は?

ドラマ版ではこんな説明になっています。

さやかと同じ会社で働く営業マン。記憶を失った機関に明と同棲していたが、実はすでに別れを告げていた。
なかなか自分を出さないさやかに厳しく当たる「ドS」な面もあるけれど……?

 

サヤカにとっては「仕事はできるけど性格は悪い後輩」

ラブリラン原作の町田くんは、超ドS。

主人公南さやかと同じ職場の後輩。

仕事はできるけど感じが悪いと言う青年です。

まばたきから見つめるというシーンのまとめ(笑)

これはすばらしいまとめですね!(笑)

 

サヤカが記憶喪失になった理由は町田?

 

サヤカは町田くんとの同棲中に椅子から転げ落ちて頭を打って、記憶喪失になります。

「さやかが椅子から落ちたのは俺が急に声をかけたからで責任感じてるし」

 

本当はもう別れ話になっていて、サヤカは町田くんの部屋から出て行く予定でしたが、記憶喪失というアクシデントのために同居を継続することになります。

 

これ、実はそこまで町田くんのせいでもないんです。

わりと責任感のある町田くん……と見せかけて、実は町田くんも理由があったんですね。

それは物語のクライマックスでわかること!!(お楽しみに)

 

ラブリラン原作漫画のネタバレと感想!ラストの結末で鷺沢と町田どっちと付き合う?

 

町田くんはサヤカと別れたかった

別れ話を持ちかけたのは町田くんの方からでした。

サヤカが初めて出来た彼氏だからといって、恋愛にのぼせ上がってしまったんですね。

その結果、仕事がおろそかになって、束縛も強くなりました。

要するに、重たい女になっちゃっていたんです。

なので、うんざりしてしまった町田くんは、サヤカに距離を置こうと伝えたのでした。

 

サヤカがオシャレを始めた理由は町田?

スポンサードリンク

 

さやかがおしゃれに目覚めた理由も町田くんです。

記憶を失っている間に、地味系女子からおしゃれ女子に変身しているサヤカ。

それは、町田くんの一言がきっかけでした。

10年間片思いしてきた鷺沢くんに告白しようか悩むさやかに対して

「そうやってずっと友達ごっこしてきたんだろ。絶対安全圏にいるのは楽だろうけど、いい加減リングに上がったらどうですかね」

「何か好かれる努力でもしました? 思ってるだけじゃどうにもならないですよね。それともいつか自分の良さに気付いてくれるとでも思ってました?」

 

こうして、サヤカはおしゃれに目覚めて、思い切って鷺沢くんにも恋の告白をするのです。

 

同居でわかった町田くんの超ツンデレぶり

 

町田くんは、実は超ツンデレ。

たとえば

 

「30女としておしゃれをしてみよう」と服装を変えてみたサヤカ。

おしゃれして朝食が作ってると、起きてきた町田くん。

なんと起き抜けにいきなりキスを!!

町田君はすぐにハッとして「間違えた」と顔を真っ赤にします。

「あんたがそんな格好で朝飯なんて作ってるから……うっかり間違えて……いいから忘れろ! 今のは無しだ無し!」

 

さらに、断片的な記憶を取り戻したサヤカに対して

「もしかして何か思い出したのか? 思い出した時はどこまでか自己申告しろよ。こっちにもそれを踏まえた心構えとか態度っていうものがあるんだからな」

と言われてサヤカは詳細に答えます。

「えっと、会社帰りにコンタクトがずれて困ってた時、町田くんが声かけてくれて……手を引っ張ってくれて……『俺は今の南さん女として見てます』って言われた……」

と言うと町田君も真っ赤になって怒ります。

「なに詳細に当たってるんだよ! ざっくりでいいんだよ! わざとかよ!」

 

ラブリランは、町田のツンデレを楽しむ物語といって間違いなしです(笑)

 

町田はサヤカが困ったときにいつも現れるヒーロー

サヤカに嫌なことや危険なことが起こったとき、町田くんは必ず現れます。

まんがみたいに都合がいいですが、まんがなのでしょうがないですね(笑)

偶然町田くんが通りかかってサヤカに声をかけるシーンがめちゃくちゃ多い。

 

たとえば推理小説では「物語の進行やトリックの解明に偶然は使っちゃいけない」と言われます。

なのでミステリー小説などだったら、絶対アウトです(笑)

 

以上が町田くんの原作の性格でした。

 

(関連記事)ラブリランの意味は?天沢アキの原作まんが感想とドラマ第1話あらすじ!

 

古川雄輝は声がいい!落ち着いた低い声が町田にぴったり?

町田くんとしての古川雄輝さんは、似合ってるでしょうか?

私が期待するのは、古川雄輝さんの声。

 

古川雄輝さんの声が好きという方多数ですね~。

落ち着いた声、180cm長身、童顔。

ギャップにやられる女子多数ですね。

男としては、ちくしょ~としか言えません(笑)

では、古川雄輝さんの声をお楽しみください!

まさかのサンシャイン池崎をやってます!

 

スポンサードリンク

まとめ

ラブリランは古川雄輝さんのイメージを180度ぶち壊しました。

180度どころか1周回って360度、540度違います(笑)

でも原作では、町田くんは、

  • 不愛想ながらも、
  • 冷たくしながらも、

さやかのことを想っていたりするんですね~。

原作は本当におもしろいまんがだったので、ドラマ化も楽しみですね。

 
  • ラブリランを見逃した!
  • もう1度観たい!

そんなあなたに、ネット動画を無料で観られる方法をまとめました↓

→「ラブリラン」無料動画を視聴する方法はこちら

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。