モンテ・クリスト伯1話ネタバレあらすじと感想!拷問シーンが観てて辛かった




ドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』の第1話、あらすじをご紹介します。

原作アレクサンドル・デュマの大長編小説「モンテクリスト伯」。

ディーンフジオカさんを主演に、現代日本を舞台にしてドラマ化しました。

先日その1話目が放送されましたが、、、

 

これが、面白い!!

 

これ観ないと損! ってくらい面白いです!!

 

 

観てない方のために、第1話のあらすじとネタバレをご紹介しますね。

そして、終わりで私の感想も申し上げます♪

 

 

モンテ・クリスト伯第1話のあらすじ

まず公式サイトのあらすじはこちらです。

2003年春。小さな漁師町で漁業を営む柴門暖(ディーン・フジオカ)は同じ町で喫茶店『シンドバッド』を経営する目黒すみれ(山本美月)にプロポーズ。想いは受け入れられ、2人は結婚式に向けて幸せの絶頂にいた。

しかし、その矢先、暖の乗る遠洋漁船『海進丸』が遭難してしまう。暖の後輩、南条幸男(大倉忠義)は心配して『シンドバッド』へ。すみれは暖の帰還を信じ、努めて明るく振舞っている。

『海進丸』が所属する守尾漁業でも社長の守尾英一朗(木下ほうか)、船員だが今回の航海には怪我で出られなかった神楽清(新井浩文)たちが憔悴しながらも暖たちの無事を願う。

そんな守尾の事務所を漁協の組合長、遠藤勝也(仁科貴)が訪ねて来る。遠藤はもう2週間にも及ぶ遭難で捜索費がかさんでいることを守尾に告げた。守尾は船長のバラジ・イスワラン(ベヘナム)が優秀なので、みんな生きて帰ると譲らない。だが、遠藤はバラジを不安に思っている。バラジはテロ組織のメンバーではないかと疑われていたからだ。それでも、守尾は船員たちを信じていた。

暖の実家では、母親の恵(風吹ジュン)が地上げ屋の寺角類(渋川清彦)と対峙していた。と、そこに『海進丸』帰港の連絡が入る。迎えに来たすみれと港に急ぐ恵。船員たちが上陸する中、暖も怪我はしたが生還を果たす。亡くなったのは船長のバラジだけ。すると、バラジの遺体を調べる男たちが…刑事の入間公平(高橋克典)の姿もあった。

http://www.fujitv.co.jp/MONTE-CRISTO/story/story_01.html

 

簡単に説明すると、

  1. ディーンフジオカは漁師
  2. 遭難したけど生きて帰ってきた
  3. 出世・結婚、みんなに嫉妬されて、嵌められた

 

こういうお話です!

で、どうやって柴門暖がみんなに陥れられるかというと、そのカギは船長のバラジさんから預かった手紙なんですね。

 

以降、細かいあらすじをネタバレ含めてご紹介します。

 

海進丸無事帰還!暖は一躍ヒーローに!

モンテクリスト伯ドラマ登場人物と相関図!復讐相手の悪役で出演した俳優は誰?

船員の安否が心配される中、船長のバラジがテロ組織のククメットのメンバーだと疑われていることが判明します。

海進丸は暖の活躍により、町民が見守る中無事帰港します。暖もけがはしたものの、生還を果たします。

亡くなったのは船長のバラジだけ。

一方、町のヒーローとなった暖を妬む者もいました。

次期海進丸船長の座を暖に奪われた神楽(新井浩文)です。

そんな神楽に暖は、バラジから預かった手紙を届けに渋谷へ行くと告げます。

その手紙とは、バラジが寄港先で友人から預かったものということですが・・・。

そして神楽により、暖がバラジから預かった手紙を所持していることを寺門類(渋川清彦)と南条幸男(大倉忠義)にも知られることとなります。

 

テロ組織への関与を警察に疑われる暖

ディーンフジオカの歌唱力の評判は?ドラマ主題歌は上手いか下手か評価は? のコピー

暖がバラジから預かった手紙を届けに行こうとした矢先、警視庁の入間が暖の家に訪れます。

匿名の通報により、暖がククメットのメンバーである可能性が浮上したとのこと。

ククメットから預かった手紙の提出を求められる暖。

渋々手紙を提出しますが、全文英語のため、暖は内容が全く手紙の内容が理解できません。

入間は手紙を警察で預かりますが、このことを決して口外しないように念を押します。

 

刑事入間の父貞吉の罪をもみ消すため暖は犠牲になった!

モンテクリスト伯の意味と由来は?実在する島で財宝が本当にあった!?

世界的投資家である入間の父、入間貞吉に暖から預かった手紙を見せ、詰め寄る入間。

「あなたはラデル共和国のテロ組織ククメットに多額の資金援助をしていますね。

ここに500万ドルのさらなる援助を求める内容が記されています。貞吉さん。」

日本政府は手紙の受取人と、ラデル共和国に拘束されている日本人を交換する交渉をしています。

入間は父貞吉とはとっくの昔に縁を切ったと言い、憎らし気に貞吉を見つめます。

 

すみれとの披露宴の最中に突然逮捕される暖

スポンサードリンク

すみれとの披露宴会場に突然警察が現れ、暖はテロ資金提供処罰法違反の容疑で逮捕される。

警察での事情聴取を受ける暖の前に現れた入間は、暖を釈放するための段どりをつけている最中だと嘘をつきます。

暖にバラジから預かった手紙を見せ、確認するよう求めるが暖は「英語読めねえって言ってんだろ」と怒り心頭。

しかし入間の父貞吉の名が記された本物の手紙は、既に入間の手によって処分されていました。

暖に偽の手紙を確認させたのは、暖を逮捕するための段取りだったのです。

こうして、柴門暖は、人質の交換にされてしまうのです。

 

濡れ衣を着せられ、拘束される暖

入間の父貞吉の代わりに罪を着せられた暖は、ラデル共和国に拘束されます。

そこで、ひどい拷問を受けることになります。

一方、すみれ達は暖の無実を訴えるが願いは届きません。

暖は「日本政府のかませ犬。ここがお前の墓場だ!」と拘束先で監禁されてしまいます。

時は流れ、2011年

地下牢で幽閉され、廃人のようにうつろな目の暖。

まさに目を閉じ、命尽きかけたその時に、床から一人の男が顔を出しました!

それが田中泯演じる、柴門暖の救世主であり生涯の師となるファリアとの出会いだったのです。

そして物語は第2話に続きます。

 

以上モンテクリスト伯第1話のネタバレあらすじでした。

 

モンテ・クリスト伯第1話のネタバレ感想!2話が楽しみ

モンテクリスト伯のあらすじと結末をネタバレ!原作小説とドラマと映画の違いを比較

 

こちらはわたしの感想です。

 

番組冒頭の幸せムードから一転、あっという間にどん底に陥れられた暖ですが、すみれへのプロポーズが成功した時のガッツポーズは可愛かったです。

遭難しかかった後、拷問を受けるなんてそれだけでも十分辛いですね。

酔っ払いながら船内操縦室で舵を切る神楽の船長の座への執着もなかなかでしたが、南条のすみれへの執着を感じさせるシーンも多々ありました。

幸せな披露宴からの逮捕、拷問シーンは観ていて辛かったですが、拷問を受けても美しいディーン・フジオカにはため息が出ました。

 

  • 地下牢の床から現れた男は何者なのか?
  • 暖を陥れた中心人物は誰なのか?

今後解き明かされる謎と、復讐劇から目が離せなくなりそうです!

 

スポンサードリンク

【補足】モンテクリスト伯脚本は『僕のヤバイ妻』を手がけた黒岩勉

僕のヤバイ妻 DVD-BOX

ちなみに脚本はなんと「僕のヤバイ妻」を手がけた黒岩勉さんだったんですね!

ますます今後が楽しみです!

 

第1話を見逃してしまった方も、まだまだ大丈夫!

第2話、ぜひご覧くださいね♪

 
  • 「モンテクリスト伯」を見逃した!
  • もう1度観たい!

そんなあなたに、ネット動画を無料で観られる方法をまとめました↓

→「モンテクリスト伯」無料動画を視聴する方法はこちら

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。