モンテクリスト伯3話あらすじとネタバレ感想!怖いけど面白いと評判




『モンテ・クリスト伯』 の第3話あらすじとネタバレをご紹介します!

 

  • 「モンテクリスト伯面白い ディーンフジオカがかなり合ってる」
  • 「想像を絶する圧倒的な世界観に全身が震え、もう言葉にできないほど作品にのめり込んでしまいました。 」
  • 「モンテクリスト伯 第2話 Tver 1位すごい」

 

 

『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐― 』にTwitter上でも「気になる!」と評判!!

 

前回見逃してしまった方も大丈夫です!!

復讐劇はまだ始まったばかり!

 

第3話あらすじとネタバレを読んで、第4話の加速する復讐劇に備えましょう!

 

『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』の第3話あらすじとネタバレ!

まずは公式サイトのあらすじはこちらです。

柴門暖(ディーン・フジオカ)はファリア真海(田中泯)の莫大な隠し資産を譲り受けた。素性を知られぬため暖はモンテ・クリスト・真海と改名し、世界屈指の投資家となる。しかし、大金持ちとなった暖=真海の心は満たされることはなく、かつて自分を陥れた者たちへの復讐心に支配されていた。  ある日、江田愛梨(桜井ユキ)と南条明日花(鎌田恵怜奈)が2人乗りのシーカヤックで遊んでいると誤ってパドルを落としてしまう。手で漕いで浜に帰ろうとするのだが、潮の流れが悪くなかなか戻れない。その時、クルーザーが近くを通り過ぎた。愛梨と明日花が助けを求めると、クルーザーが戻ってくる。クルーザーに乗っていた真海と秘書の土屋慈(三浦誠己)は愛梨たちを助けた。

港に戻ると、愛梨は明日花の両親が真海に挨拶がしたいと言うので家に寄って欲しいと頼む。真海は愛梨たちと明日花の家へ行くと幸男(大倉忠義)が帰って来た。明日花は幸男とすみれ(山本美月)の娘。愛梨は幸男のマネージャーだった。ほどなくすみれも帰宅。幸男は有名な俳優、すみれはやはり著名な料理研究家になっている。

帰り際、真海は自分の別荘でホームパーティーをしたいと、幸男とすみれを招待した。真海が別荘に戻ると神楽清(新井浩文)が秘書とともに現れる。真海はこの別荘を神楽から買っていた。神楽にも夫婦でパーティーに来て欲しいと招待状を渡す真海。さらに、真海は入間公平(高橋克典)にも接近する。

モンテクリスト伯公式サイト

 

 

第3話あらすじのポイントは4つ
  1. 暖はモンテ・クリスト・真海と改名し、世界屈指の投資家となる
  2. 暖=真海の心は満たされることはなく、かつて自分を陥れた者たちへの復讐心に支配されている
  3. 真海が海で助けを求めていた、すみれと幸男の娘を助ける
  4. 真海(暖)宅で開くホームパーティーに暖を落としいれた人々を招待する

 

 

第3話は「その復讐の仕方、コワい!!すごい!!」

 

と思わず見入ってしまう内容となっています。

 

では以下で、第3話ネタバレつきのあらすじをご紹介します。

 

すみれとの再会! 柴門暖は耐え難くてケーキを吐く

時は2018年春

海でシーカヤックのパドルを落とし、助けを求めていた江田愛梨(桜井ユキ)と南条明日花(鎌田恵怜奈)を助けたモンテクリスト真海(以下真海)。

 

救出した南条明日香は南条幸男とすみれの娘だった!

 

「明日香の両親がお礼を言いたい」という江田愛梨(南条幸男のマネージャー)の言葉に促され、南条宅を訪れる真海。

そこですみれと再会するが、料理研究家になったすみれと、有名俳優となった南条の幸せな家庭を目の当たりにすることとなる。

そして南条幸男とすみれを真海の別荘で開かれるホームパーティーに招待する。

 

曰くつきの別荘を購入「こんな場所なら気づかれないだろうね。人を殺しても。」

神楽エステート社長となった神楽から別荘を購入した真海は、真海の執事、土屋滋に別荘の庭でこうつぶやく。

 

「こんな場所なら気づかれないだろうね。人を殺しても。」

 

驚く土屋に「何かかくしていないか」

と問うが、「何も」と答える土屋

土屋は庭のマリア像をじっと見ていた。

 

その後別荘の契約の最終確認をしに訪れた神楽を、ホームパーティーに招待する。

神楽は自社に戻り、真海について調べていた。

真海が多額の資産を所有していることを知り、

「金づるは神様からのプレゼントだから」

とつぶやく。

神楽の声はすべて真海に届いていた。

真海が帰り際、土産として神楽に渡した釣り竿には盗聴器が仕掛けてあった。

 

復讐のために、命の恩人になる工作を仕掛けるモンテクリスト

次に狙われたのは刑事入間公平の妻。

ジムでトレーニングに打ち込む入間の妻の水筒に何か仕込む人影があった。

水筒の中身を飲んだ入間の妻が、車中で苦しんでいると、そこに真海が現れ救出する。

その後入間宅を訪れる真海。

そこで帰宅した入間公平と再会する。

入間はそば粉アレルギーである妻を救出した時の状況を真海に問いただす。

それを受けた真海は、昔入間により受けた不当な取り調べが脳裏をちらついたが受け流す。

そして「神楽エステートの神楽夫妻もくるから」とホームパーティーに入間も招待する。

 

ホームパーティー当日、真海の別荘に到着した神楽夫妻。

「ここなの?」と怪訝そうな神楽の妻留美を無理やり会場へ促す神楽。

 

そしてついに神楽、南条、入間が揃った!!!

 

真海の別荘には稲森いずみと高橋克典が赤ちゃんを埋めていた

スポンサードリンク

真海の別荘を訪れた、入間と神楽の妻留美を目にした土屋は目を見開いた。

そして真海に告白する。

「真海さんに隠していたことがあります」

土屋の話によると、22年前に生活苦でこの別荘に空き巣に入った際に、女のすすりなく声を聞き、庭のマリア像の下に箱を埋める男の姿を見たという。

土屋がおそるおそるその箱を開けると、今にも息絶えそうな赤ちゃんが入っていた。

そして間もなく赤ちゃんは亡くなった。

 

赤ちゃんを産んだのは、神楽の妻留美!!

赤ちゃんを捨てたのは、入間公平だった!!

 

全てを話した土屋は

「真海さんは全てを知っていて、別荘を購入して私を雇ったんですよね。何を考えているんですか?」

と真海に問うが真海は

「パーティーを楽しむ為だ」と返答。

 

驚愕!真海の共犯者は南条のマネージャー!愛梨

 

「お開きにしましょう、今日のところは」

 

という意味深な真海の言葉でホームパーティーは終了。

 

南条が帰宅すると、鳴り響く着信音。

南条が出ようとすると、ファックスが流れてきた。

そこには

 

中国語で記された「人殺し」の文字

 

それをみておびえる南条

 

南条のマネージャー愛梨と真海はグルだった!

金槌で何かを粉砕する真海の後ろから抱き着く愛梨

 

真海が罠を仕掛けるのを手伝っていたのは愛梨だった!

  1. パドルをわざと落とし、カヤックを転覆させた
  2. 入間の妻の水筒にそば粉を入れた
  3. 南条にファックスを送った

 

これはすべて愛梨の仕業だった。

 

「あの三人を直接狙った方が早いのに」という愛梨に

「殺すなんて簡単すぎる」

「本当の不幸ってなんだか知っているか」

「壊すんだよ、大切なものをすべて」

 

と答える真海の目は生気がなく、復讐心によって生かされているようにうつろだった。

 

まとめ 『モンテ・クリスト伯―』第3話ネタバレ感想

真海の罠がどんどん張り巡らされていく回となりました!

ホームパーティーで見せたおディーン様のかつおをさばく姿は素敵でしたね。

穴を掘っても、かつおをさばいても様になるおディーン様ですが、番組最後の

「本当の不幸ってなんだか知っているか?」

という真海の言葉はあまりにも辛く、重かったです。

  • 真海によって張り巡らされた罠は今後どう動いていくのか?
  • 愛梨は何故真海に加担しているのか?
  • ファックスに記された「人殺し」の文字が中国語であることの意味は?

次回はさらに復讐劇が加速しそうな「モンテクリスト伯―華麗なる復讐―」第4話は木曜夜10時フジテレビ放送です!ぜひご覧ください!

 

 
  • 「モンテクリスト伯」を見逃した!
  • もう1度観たい!

そんなあなたに、ネット動画を無料で観られる方法をまとめました↓

→「モンテクリスト伯」無料動画を視聴する方法はこちら

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。