モンテクリスト伯5話あらすじネタバレ感想!出口文也を殺したのは貞吉か瑛理奈か?




木曜日が楽しみ!「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」第5話あらすじ

「今までこんなに木曜日が楽しみになることなんてなかったよー!!美しい復讐鬼ディーンさんに早く会いたい」

「5話も見入ってあっという間だった。やっぱ入間妻はヤバイ妻やった」

「山本美月さん演じるすみれさん、あの様子は真海さんの正体に気がついてるのかなと思いましたが、2人のやり取りに切なくなりました・・・。」

怒涛の展開で視聴者を虜にするドラマ「モンテ・クリスト伯」の放送を待ちきれないという声がTwitterにたくさん上がっています。

第4話は、実の親子である安堂完治(葉山奨之)と神楽清(新井浩文)の妻である神楽留美(稲森いずみ)が近親相姦の関係に陥るという衝撃的な内容でした。

第5話ではどんな展開が待っているのでしょうか?

 

モンテクリスト伯第5話あらすじ

公式サイトあらすじはこちらです!

 実の母子に肉体関係を持たせる…。モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の魔手は神楽清(新井浩文)の妻、留美(稲森 いずみ)を彼女が不倫の果てに産んだ安藤 完治(葉山 奨之)と結びつけた。

真海の次なる一手は、入間 公平(高橋 克典)に向けられる。真海は外務省勤務でマレーシアに駐在していた出口文矢(尾上寛之)を日本に呼び戻して自身の別荘に招待。出口は入間が自ら選んだ、娘、未蘭(岸井ゆきの)の婚約者だ。日本に帰れたことを喜ぶ出口に、真海は頼みがあると持ちかける。それは入間の父、貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいというものだった。驚く出口に真海は冗談だと告げるが、入間家は貞吉の莫大な遺産相続で揉めていることを吹き込む。

一方、未蘭は『富永水産』に頼んでおいたダボハゼを取りに行く。守尾 信一朗(高杉 真宙)からダボハゼを渡された未蘭の顔が輝いた。ランチに出ると未蘭は貞吉の反対で結婚がなくなったことを信一朗に話す。信一朗と未蘭の未来に明るい陽が差し込んだかに思えたが…。

未蘭が帰宅すると出口が来ていた。入間は出口に貞吉の遺言書の件を話す。未蘭が出口と結婚したら遺産は全て寄付するというものだ。入間はそれでも未蘭と結婚して欲しいと出口に頼む。出口は真海に成り行きを報告。すると真海は、未蘭との結婚前に貞吉を殺して遺産を相続してしまえば良いと、出口に囁く。逡巡する出口に真海は、貞吉はかつて人を殺していると話し出した。

 モンテクリスト伯公式サイト

公式サイトあらすじのポイントは4つ!

  1. モンテクリスト・真海(ディーン・フジオカ)は入間家が遺産問題で揺れていることを入間未蘭(岸井ゆきの)の婚約者である出口文矢(尾上寛之)に吹き込み、未蘭の祖父入間貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいと冗談交じりで依頼する。
  2. 貞吉の働きかけにより、未蘭の結婚は阻止され、守尾 信一朗(高杉 真宙)との未来に陽が差す。
  3. 入間公平(高橋克典)は、出口に遺言書の内容を伝えた上で未蘭と結婚して欲しいと申し出る。
  4. 真海は「貞吉がかつて人を殺したことがある」と出口に伝え、未蘭との結婚前に貞吉を殺し、遺産を相続するよう提案する。

 

未蘭の結婚は?

未蘭と信一朗との恋は?

貞吉の遺産、運命は?

 

気になる第5話のネタバレつきあらすじはこちらです!

 

強引に進められる未蘭と出口の結婚

友人である モンテクリスト・真海(ディーン・フジオカ)の別荘を訪問する出口文矢(尾上寛之)。

真海の働きかけにより、マレーシアから日本に戻ってこれたという出口に、真海は頼みがあるという。

 

「未蘭(岸井ゆきの)さんの祖父、貞吉(伊武雅刀)さんを殺していただけますか?」

と言われ驚く出口だが、真海に冗談だと告げられほっとする。

そして真海から未蘭が30億円もの遺産を受け取れなくなったと聞き、出口は動揺する。

市場を訪れる未蘭。

守尾信一朗(高杉 真宙)からダボハゼを受け取った後、信一朗と昼食をとっている。

 

「無くなったんですか、結婚?」

 

貞吉の活躍により、結婚が取りやめになりそうな旨を聞き喜ぶ信一朗。

そして、ダボハゼが未蘭が欲しかったオスではなく、メスであることを知り、今度はオスを釣ってくると約束する。

信一朗との昼食後、未蘭が帰宅すると、出口が訪問していた。

出口は入間公平(高橋克典)から

 

「遺言書の内容が変わり、遺産が受け取れなくなったとしても、未蘭と結婚してほしい」

 

と告げられる。

 

「遺産が欲しかったわけではない」

 

と相変わらず結婚の意思がある旨を伝える出口に未蘭の表情はこわばる。

真海が画策する貞吉殺害計画

出口が真海に入間家での成り行きを報告すると、真海は

 

「(未蘭と)結婚する前に貞吉を殺せば遺産も手に入る」

と吹聴する。

 

さらに、

「貞吉は未蘭の母を毒殺した過去があるから、貞吉を殺しても罪悪感を持つ必要はない」

「公平は自宅で事件など認めるわけがない。穏便に事をすますでしょう」

とも付け加えた。

 

真海に接触しようとするすみれを避ける真海と謎の手紙

真海の別荘を訪問するすみれ。

すみれの訪問に気づく真海だが、応答しない。

すみれは以前真海の別荘で開かれた食事会に誘われたメンバーが、柴門暖(ディーン・フジオカ)に関わる人物だったことが気になっていた。

 

「二度と彼女(すみれ)を近づけないでくれ」

 

すみれが真海の別荘を去った後、愛梨(桜井ユキ)にメールで伝える真海。

 

「真海さんはなぜすみれを避けるんですか?」

 

問いかける愛梨に真海は応答しない。

そして「これを出してくれ」と愛梨に白い封筒の手紙を差し出す。

 

すみれが突然食事会に!動揺する真海!

出口が貞吉を殺害しようとしているその時、入間夫妻は真海の別荘を訪れていた。

殺害計画に邪魔な入間夫妻を真海が呼び出していたのである。

入間夫妻を前に真海が乾杯の音頭を取ろうとすると、真海の別荘にすみれが訪れる。

突然のすみれの訪問に動揺する真海。

すみれは愛梨からこの食事会の誘いがあったという。

そして真海の別荘での事の成り行きを愛梨が車中で盗聴していた。

 

愛梨は真海が

 

「入間たちに復讐したいのか」

それとも

「すみれをとり戻したいのか」

 

真海の気持ちを知るためにすみれを呼び出していた。

信一朗の告白! 貞吉殺害計画実行と思いきや出口の遺体が

スポンサードリンク

入間宅では出口が緊張のあまり酒を煽っていた。

出口の視線は貞吉の部屋を見つめている。

その時、入間家の呼び鈴が鳴る。

未蘭が席を外した隙に、貞吉の部屋に入る出口。

 

入間家を訪問したのは信一朗だった。

未蘭に約束したダボハゼのオスを届けにきたのであった。

ダボハゼを差し出す信一朗だが、未蘭は「受け取れない」と断る。

そして婚約者が訪問中だと伝える未蘭に、

 

「いいんですか親が決めた相手で。俺じゃダメっすか?」

と思いを伝える信一朗。

 

しかし母が亡くなって落ち込んでいる時に両親に救われた過去があるから、自分勝手なことは出来ないと信一朗の思いを遮る。

未蘭が戻ると出口の姿が見当たらない。

入間家から未蘭の叫び声を聞いた信一朗が入間家に入ると、

 

なんと出口が泡を吹いて倒れていた!!

信一朗は貞吉に目をやるが、貞吉はぼんやり宙を見ている。

 

モンテクリスト・真海の正体に迫るすみれ

食事会の席を外しテラスで涼む真海に、娘の明日花から預かってきた絵を渡すすみれ。

絵を受け取り、喜ぶ素振りを見せる真海。

すみれから真海への質問が続く。

 

すみれ「これまで結婚を考えたことは?」

真海「一度だけ、結婚を考えた女性がいました。私が長い旅をしている間にその女性は別の男性と結婚してしまいました。」

すみれ「真海さんはその女性を恨んでいますか?」

 

すみれと幸せだった頃を回想する真海。

 

真海「こう思うことにしています。その女性は、もう死んでしまったのだと」

 

食事会場に戻ろうとする暖の腕を掴むすみれ。

すみれ「真海さんは、今幸せですか?」

真海「ええとっても」

すみれ「真海さんが幸せに生きていて、本当に良かったです」

 

そう言い残してすみれは真海の別荘を去った。

 

出口を殺したのは貞吉なのか?

食事会場に戻った真海は、入間公平に今日呼び出した要件の詳細を話した。

それはクアラルンプールから送られてきた、出口に関する報告書についてだった。

そこには出口が横領に関わっている旨が記されていた。

報告書の内容に難色を示す公平。

そこに未蘭から公平に電話が入る。

出口の訃報を知らせる内容に聞き耳をたてる真海。

病院に公平が到着すると、医師である尾崎実より、死亡した出口の症状が、以前公平の妻が亡くなった際の症状に似ているとの報告を受ける。

尾崎に警察への報告を勧められるが、保身のために断る公平。

帰宅した公平は

 

「あなたですか?出口くんを殺したのは?」

 

と貞吉に詰め寄る。

暗闇の中、すみれの娘明日花から贈られた絵を燃やす真海。

そして出口の死が心不全で処理されたことを愛梨から知らされる。

 

入間家毒殺事件の犯人は入間公平の妻の瑛理奈!

入間家の台所で鼻歌を歌う入間の妻、瑛理奈(山口紗弥加)。

 

「13年前、前の奥様を毒殺したように、入間貞吉を殺してください。遺産を戴ければ、他言は致しません。出口文矢」

 

と書かれた手紙を読み返す。

そして赤い瓶を見つめ、「こんなに減っちゃった」とつぶやく瑛理奈。

瑛理奈は最愛の息子に貞吉の遺産を継がせよう企んでいたため、遺産相続に邪魔な出口を毒殺したのである。

しかし瑛理奈が読み返していた手紙は、出口殺害を促すために真海が作成した手紙だった。

 

「次は南条幸男の番だ」

とつぶやく真海に

 

「いいんですね。あの男の宝物を壊しても」

と問い返す愛梨。

 

「ああ。すみれはもう死んだんだ」

そうつぶやいて、ぼんやり遠くを見つめる真海。

明日花の絵は燃え尽きようとしていた。

 

スポンサードリンク

まとめ ついに殺人が起きた第5話!第6話の被害者は!?

なんと入間家を騒がす毒殺犯は入間の妻、瑛理奈だったという衝撃の展開の第5話でした。

原作でもヴィルフォール(入間公平)の妻エロイーズ(入間瑛理奈)がヴィルフォール家で起こる毒殺事件の犯人であったいうエピソードが綴られており、未蘭(ヴァランティーヌ)も命を狙われます。

信一朗と未蘭の恋も、上手くいきそうでいかないというもどかしい展開でしたね。

 

  • すみれは真海の正体に気づいているのか?
  • 遺産のために未蘭も毒殺のターゲットにされてしまうのか?
  • 南条幸男にいよいよ手が下されるのか?

 

終盤の真海のセリフから考えると、第6話で一番痛い目に遭うのは南条幸男でしょうか?

次回は一体どんな復讐劇が繰り広げられるのか、残酷なのになぜか真海の快進撃にスッキリする「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」は木曜夜10時フジテレビ放送です。

ぜひご覧ください!!

 

 
  • 「モンテクリスト伯」を見逃した!
  • もう1度観たい!

そんなあなたに、ネット動画を無料で観られる方法をまとめました↓

→「モンテクリスト伯」無料動画を視聴する方法はこちら

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。