モンテクリスト伯第6話ネタバレ感想!南条幸男への復讐方法とは?



スポンサードリンク


目が離せない!!モンクリ最高!!「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」第6話あらすじ

「震えるほどのストーリーの面白さに加えてディーンフジオカの麗しい姿も堪能できるこのドラマ間違いなく今期最高」

「ディーンさんのネクストレベルな演技とモンクリのストーリーの面白さはやっぱり最高」

「めっちゃ面白い!今週も一瞬たりとも目が離せなくハラハラした。」(Twitterより)

第5話では、入間家を騒がす毒殺犯が入間公平(高橋克典)の後妻である瑛理奈(山口紗弥加)であることが視聴者に衝撃を与えた「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」

「遺産相続、結婚、毒殺」と数々の問題に入間家が揺れている間に、モンテクリスト・真海(ディーン・フジオカ)の次なる復讐への準備は着々と整い、その魔手は人気俳優南条幸男(大倉忠義)に忍び寄っています。

第6話ではどのような展開が待っているのでしょうか?

まずは公式サイトあらすじをご覧ください。

 

「モンテ・クリスト伯」第6話あらすじ

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は、ついに死者を出すまでに至った。その犠牲は入間 公平(高橋 克典)家族の崩壊を意味している。真海が放つ復讐の火種は南条幸男(大倉忠義)と 神楽清(新井浩文)の関係も絶ち、大炎上を招こうとしていた。

香港のタブロイド紙が十数年前に失踪した有名俳優、ショーン・リー家族が裏組織ヴァンパに殺害されたという新証言を掲載。記事は真海が裏で手を回したものだが、幸男の弱点を探る神楽も食いつく。ショーン家族失踪当時の付き人が幸男だったからだ。もちろん幸男、そしてヴァンパも…。

バーで1人飲んでいた幸男は“あの時”を思い起こす。ヴァンパに多額の借金をしていた幸男はショーン家族の留守宅に組織を招き入る。宝飾品などを盗み出すことで借金をチャラにしようとしたのだ。だが、そこにショーンたちが帰宅。組織のメンバーは、夫婦を殴り倒す。

幸男が気づくと両隣に男が座っていた。ヴァンパの男たち。裏切り者を始末しに来たのだが、幸男は自宅に脅し文句が書かれたファックスが送られたことを男たちに話す。すると最近、香港で過去の幸男のことを嗅ぎ回る人間がいたと教えられる。神楽の秘書、牛山直紀(久保田悠来)だ。男たちは牛山の動きを止めるよう幸男に命令する。

だが、事件の真相を知っている人間は幸男とヴァンパのメンバーだけではなかった。それは、両親を目の前で殺害されたショーンの娘で…。

https://www.fujitv.co.jp/MONTE-CRISTO/story/story_06.html

第6話公式サイトあらすじのポイントは4つ!

  1. 真海が手を回し、 香港のタブロイド紙が十数年前に失踪した有名俳優、ショーン・リー家族が裏組織ヴァンパに殺害されたという新証言を掲載。

 

  1. 事件当時ショーンの付き人をしていた幸男は、ヴァンパに多額の借金をしており、ショーン家族の留守宅に組織を招き入れ、ショーン家の宝飾品と引き換えに借金をチャラにしようしていた。

 

  1. ヴァンパ侵入時に帰宅したショーンたちは暴行を受ける。この事実を知っているのは、幸男、ヴァンパ、ショーンの娘。

 

  1. 幸男はヴァンパに、香港で過去の幸男のことを嗅ぎ回る神楽の秘書、牛山直紀の動きを止めるよう命じられる。

 

 

幸男は香港でも悪さをしていたんですね。

そんな幸男は第6話で痛い目に遭わされるのでしょうか?

第6話詳細はこちらです!!

 

モンテ・クリスト伯第6話ネタバレ感想

 

スポンサードリンク

南条幸男とヴァンパとのつながりが、復讐への糸口に

国有地獲得に向け意欲を燃やす神楽清(新井浩文)。

神楽は香港の有名俳優であるショーン・リー家族が、裏組織ヴァンパに殺害されたことを香港のタブロイド紙の記事を読み知る。

この記事はモンテクリスト・真海(ディーン・フジオカ)がリークしたものであった。

そして神楽は、事件当時南条幸男(大倉忠義)がショーン・リーの付き人を務めていたことに目を光らせていた。

バーで一人で飲む幸男。

ショーン・リー宅で起きた暴行事件を回想する。

気づくと幸男は男たちに囲まれていた。

男たちは香港の裏組織、ヴァンパである。

そしてショーン・リー宅での暴行事件を、香港のタブロイド紙にリークしたのは幸男ではないかと疑っていた。

リークしたのは自分ではないと伝える幸男。

すると香港で神楽の秘書である牛山が、幸男の過去を嗅ぎまわっているから、やめさせるよう、忠告される。

牛山の動きを止められなければ、

 

「お前の家族も(ショーン・リー一家と)同じ目に遭うぞ」

とヴァンパに脅される幸男。

ヴァンパがショーン・リー宅に侵入し、両親が暴行され、捕らわれる少女。

「この子は高値がつくぞ」

ヴァンパが言い放ったところで江田愛梨(桜井ユキ)が回想から我に返る。

そこに真海が現れ、

「南条幸男の全てを奪ってやろう。彼の命さえも」

と愛梨に告げる。

神楽エステートを訪れ、

「こそこそ嗅ぎ回るのやめてもらっていいですか?」

と神楽に忠告する幸男。

幸男の焦燥しきった姿を見た神楽は、ショーン・リー殺害事件に幸男が関わっていることを確信する。

神楽の手にはショーン・リー殺害事件の記事が記載された新聞が握られていた。

真海の別荘を訪れる神楽。

真海は、神楽が南条幸男とヴァンパの関係を暴き、南条幸男を失墜させようとしていることを知り、ショーン・リー殺害事件当時の香港警察の情報を自分が所持していることを伝える。

香港警察の情報が記載されたファイルを見たがる神楽に、真海はこう告げる。

「私に友人を売るような真似はできません」

 

寺門類と安堂完治は刑務所時代に知り合っていた

神楽エステートに寺門類(渋川清彦)が訪れて、神楽に金を無心していた。

そんな寺門を利用し、真海が所持する香港警察のファイルを盗ませようと企む神楽。

そしてその会話は、真海に盗聴されたいた。

真海の別荘を物陰から見つめる寺門は、真海の別荘に安堂完治(葉山奨之)が出入りしていることを知る。

寺門は安堂を尾行し、安堂に真海別荘侵入を共に企てるよう誘う。

安堂と寺門は刑務所で知り合った元囚人同士であった。

スポンサードリンク

入間未蘭が守尾信一朗の過去を知ることになる

入間家に魚を届けに訪れた守尾信一朗(高杉真宙)。

しかし信一朗は入間公平(高橋克典)に追い返される。

「彼には会うな」

未蘭に告げる公平。

信一朗のことが気になる未蘭は市場で信一朗の過去を知る。

  • 信一朗の父が守尾漁業を営んでいたこと
  • 守尾漁業に犯罪組織ククメットのメンバーが所属していたことが発覚し、守尾漁業の経営が傾いたこと
  • 信一朗の父が亡くなったこと

 

「ククメット」という言葉を聞いた未蘭は、自宅に飾ってある公平の賞状に「ククメット」の文字が記載されていたことが脳裏に浮かぶ。

入間家台所に立つ公平の妻入間瑛理奈(山口紗弥加)。

息子の瑛人に語りかけ、遠回しに未蘭殺害をほのめかす。

楽しげに瑛人に語りかける瑛理奈の様子を、ガラス越しに見つめる貞吉の姿があった。

 

神楽留美が安堂完治と親子であると知る

真海の別荘を訪れた神楽留美(稲森いずみ)。

真海は安堂完治が盗みや詐欺を働いていた過去を持ち、闇金への返済に追われていること留美に伝える。

そんな安堂を紹介したことを留美に謝罪する真海。

そして安堂との出会いは偶然であることを装い、安堂の出生の秘密を語った。

留美は安堂が22年前に真海の別荘付近で発見された赤ちゃんであったことを知り、安堂が自分の息子であることに気づく。

そして安堂との逢瀬を回想し、留美は泣き出した。

真海から安堂が真海の別荘への侵入を寺門と共に企んでいることを知らされた留美は、安堂を犯罪に走らせまいと決意する。

真海の別荘を安堂と寺門が荒らしていると、留美が現れた。

盗みをやめるよう、安堂を説得しようとする留美を寺門が襲う。

留美を助けようとした安堂と寺門がもみあいになり、安堂は寺門を刺す。

ぐったりとした寺門を見て焦燥する安堂に留美は平然と告げる。

「埋めるのよ」

裏庭に穴を掘る二人。

人影に気づいた二人は逃走する。

現れたのは真海であった。

そして埋められ、わずかに息がある寺門に語りかける。

  • 15年前神楽が幸男を使って警察に通報し、柴門暖(ディーン・フジオカ)を陥れたことを知りながら、寺門は柴門暖を助けようとしなかった
  • 神楽と地上げ屋寺門が結託し、柴門暖(ディーン・フジオカ)の母を苦しめ、孤独死に至らせたこと

「あんた誰だ?」

と問う寺角に、

「柴門暖だ」

と答える真海。

絶命していく寺門の顔に土をかける真海。

「これでまず一人」

真海がつぶやいた。

 

南条幸男宅をヴァンパが襲撃!ショーン・リー家の二の舞に?!

傷だらけの顔で神楽エステートを訪れた留美。

安堂のために金を用意しようと、神楽に金を無心する。

神楽に断られた留美は、議員である木嶋への賄賂をばらすと神楽を脅す。

留美の顔は、息子である安堂完治を守る母親の表情に変わっていた。

南条家で食事の支度をするすみれと幸男。

そこで南条家の呼び鈴が鳴った。

響き渡るすみれの悲鳴。

突然南条家に侵入してきたヴァンパに捕らえられるすみれ。

その様子を見て、ただただ呆然とする幸男であった。

 

スポンサードリンク

まとめ ピンチに陥る南条幸男。原作ではどんなエピソードが?

ついにモンテクリスト・真海の口から柴門暖の名が語られた第6話ですが、番組終盤では南条宅にヴァンパが侵入するという危機的状況が訪れました。

安堂と寺門が刑務所時代に知り合った知人ということも発覚しましたが、原作でもベネデット(安堂完治)とカドルッス(寺門類)は刑務所時代の囚人仲間であり、ベネデットに再会したカドルッスは金銭目的でベネデットを利用しようとし、それを目障りに思ったベネデットはカドルッスを殺害するというエピソードがあります。

 

次回第7話は

  • 瑛理奈の新たな企みで未蘭は殺害のターゲットに?
  • 南条幸男はどうなるのか?
  • すみれと娘の明日花も巻き込まれてしまうのか?

愛梨の回想シーンを見る限り、幸男の悪事により柴門暖(ディーン・フジオカ)だけでなく愛梨が相当苦しめられたことは間違いないので、幸男もそれ相応に苦しむことでしょう!

「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」は木曜夜10時フジテレビ放送です!

真海が仕掛けた罠が次々に花開く華麗なる復讐劇をぜひご覧ください!!

 

 
  • 「モンテクリスト伯」を見逃した!
  • もう1度観たい!

そんなあなたに、ネット動画を無料で観られる方法をまとめました↓

→「モンテクリスト伯」無料動画を視聴する方法はこちら



高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノート。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順

 

こちらは「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。

 

5つの手順は、「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。

 

3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。

 

3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。

 

ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

 

哲学という、かなり難しい内容でも、音声入力で話して書くことは可能です。

 

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。