入間瑛理奈役の山口紗弥加は毒殺犯人で怖い?未蘭も結末で殺される?




「モンテ・クリスト伯」毒殺犯瑛理奈はどんな人物?結末はどうなる!?

 

「モンテクリスト伯、真海さんが何もしなくてもどんどん歯車が回っていく。山口紗弥加、いい役やってるなあ!

「今週は優しさの中に裏がありそうな入間妻を山口さんが好演して見応えありました。」

「山口紗弥加さん、本当にすごい女優さんだなぁ…
昔から色んなドラマに出ていらっしゃるけど、どの役も完全に違う人に見える」

「そろそろ山口紗弥加扮するえりなさん、本領発揮ですね。」

(Twitterより)

 

警察官僚である入間公平(高橋克典)の後妻、入間瑛理奈(山口紗弥加)は明るくてとても気さく、義娘である入間未蘭(岸井ゆきの)にも優しく接するという、一見無害な女性。

しかし、その正体は13年前に公平の前妻を毒殺した過去を持つ毒殺犯でした。

そして第五話では、未蘭の婚約者である出口文矢(尾上寛之)を毒殺しながらも、鼻歌まじりに毒入りの瓶を見つめるという狂気も見せつけました。

そんな義母瑛理奈を未蘭は信じ、瑛理奈を母として受けいれようと「お母さん」と呼ぶ姿が第五話終盤にありました。

 

一見無害、しかしその実態は毒殺犯!

 

 

狂気に満ちた女性、入間瑛理奈は原作でも毒殺犯エロイーズとしてヴィルフォール家(入間家)を脅かします。

入間瑛理奈を演じる山口紗弥加さんについてご紹介いたします!

 

毒殺犯瑛理奈を演じる山口紗弥加さんは「若者のすべて」「コウノドリ」にも出演

<山口紗弥加さんのプロフィール>

  • 生年月日 1980年2月14日
  • 出身地  福岡県
  • 身長   158センチ
  • 血液型  O型
  • デビュー 1994年

 

 

1994年ドラマ「若者のすべて」でデビューした山口紗弥加さん

くまを抱きかかえたあどけない少女を演じましたがが、この頃から美しいですね!

 

2015年~2017年ドラマ「コウノドリ」で新井恵美役を演じた山口紗弥加さん

入間瑛理奈とは対極の役どころを演じている山口紗弥加さん。

役によって全く違う雰囲気が出せるところがさすが女優です!!白衣も似合っていますね!

 

「モンテクリスト伯」原作エロイーズとドラマ版瑛理奈の違いは?

原作でも毒殺犯という設定の入間公平の妻、瑛理奈ですが、原作とドラマではどのような違いがあるのでしょうか?

ドラマと原作の違いについてご紹介いたします!

 

ドラマ版 入間 瑛理奈(いるま えりな)

  • 警察官僚入間公平(高橋克典)の後妻
  • 入間未蘭の元家庭教師
  • 入間未蘭の義母
  • 公平との間に息子(瑛人)がいる
  • 息子に入間貞吉(伊武雅刀)の遺産を相続させようと企む
  • 入間公平の前妻を毒殺
  • 入間未蘭の婚約者出口文矢(尾上寛之)を毒殺

明るく気さくな女性ですが、実は毒殺犯という恐ろしい一面を持っています。

そして愛息に貞吉の遺産を継がせようと企んでいます。

 

原作 エロイーズ

  • ヴィルフォール(入間公平)の後妻
  • ヴァランティーヌ(入間未蘭)の義母
  • ヴィルフォールの前妻を毒殺
  • ヴィルフォールとの間に息子(エドゥワール)がいる
  • ヴィルフォール家執事のバロワを毒殺
  • ノワルティエ(入間貞吉)の遺産を息子に相続させようと企む
  • ノワルティエとヴァランティーヌを毒殺しようと企むが未遂に終わる
  • 真実に気づいたヴィルフォールに自ら服毒し自害するよう命じられ、息子ともども心中する。

 

 

原作エロイーズとドラマ版瑛理奈はほぼ同じ設定

ですが、

  • 原作では執事バロワを毒殺
  • ドラマでは未蘭の婚約者を毒殺

 

という相違点があります。

原作にかなり忠実な役どころの瑛理奈は、原作エロイーズと同じ服毒自殺という末路をたどるのでしょうか?

ドラマ版エロイーズ、瑛理奈の結末を予想してみました!

 

エロイーズ=瑛理奈は狡猾!!しかし末路は毒が制す!!

毒を使い人生を意のままにしてきた狡猾な瑛理奈ですが、瑛理奈の末路は原作同様、やはり毒により終焉を迎えるのが正当ではないでしょうか。

私が予想する瑛理奈の今後の動向&結末はこちらです!

 

  • 入間家遺産相続の邪魔者、未蘭の命を狙う!
  • 未蘭の命を瑛理奈が狙っていることに気づいた守尾信一朗(高杉真宙)の存在を知る。
  • 守尾信一朗の命を狙う!
  • 未蘭&信一朗の毒殺を企むが、モンテクリスト・深海(ディーン・フジオカ)により阻まれる。
  • 全ての悪事がばれ、服毒自殺に追い込まれる!!

 

結末はやはり毒により終焉を迎えるといものですが、ドラマならではのオリジナルエピソードが盛り込まれることを予想し、上記の内容となりました!

 

原作では、ヴァランティーヌ(入間未蘭)が毒殺されそうになっていることに気づいたノワルティエ(入間貞吉)とモンテ・クリスト伯が奔走し、ヴァランティーヌ毒殺を阻止します。

 

原作だけでなく、ドラマならではのオリジナルエピソードを楽しめる「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」は木曜夜10時フジテレビ放送です!

 

ぜひご覧ください!

まさかの展開に引き込まれること間違いなしです!!

 

 
  • 「モンテクリスト伯」を見逃した!
  • もう1度観たい!

そんなあなたに、ネット動画を無料で観られる方法をまとめました↓

→「モンテクリスト伯」無料動画を視聴する方法はこちら

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。