岡靖知の絵画のモデルは誰?雑誌グラビアもこなす武田あやな説が有力

Twitterで話題の写実絵画家、岡靖知さん。

こちら、永劫の迷宮。

岡さんの代表作というか、有名な作品の1つですね。

 

彼の作品のモデルって誰だろう?

 

気になりますよね。

基本的に、モデルさんが誰かなどの公開は、もちろんしていません。

 

でも、モデルさんが誰かな~と、わたくし高等遊民一生懸命探しました。

そしたら見つかりました。

といっても、確定ではありません。

もし苦情などが来ましたら、削除させて頂きます。

 

では、ご覧くださいませ。

岡靖知絵画のモデルは? 同じ女性が何度も描かれてる

岡靖知のプロフィールと作風の紹介!個展で買える作品の価格が急騰必至

 

 

よく見ると、同じモデルさんの女の子がいらっしゃるんですよね。

brown hairというタイトル。

冒頭の作品と見比べてみてください。

似てますよね。多分、同じ女性がモデルではないかと思います。

 

こちらはいかがでしょう。

https://twitter.com/yasutomooka/status/958839019684548608

 

虚ろいの窓。やはり同じ女性ですね。

続いて。

この作品、ayanaというタイトルです。(岡さんのブログより)

ayanaという作品はほかにもあるそうです。

 

武田あやな(JELLY専属モデル)が岡靖知作品のモデル?

ayanaとは誰かなと思ったら、なんとファッションモデルの武田あやなさんではないかという説がありました。

こちらは一般の方のツイートですが、グラビアに出てる人とのこと。

 

武田あやなさん、ヤングキングなどの雑誌でグラビアやってるそうですね。

<デジタル週プレ写真集> 武田あやな「ぺこりん」(Amazon)

うーん、同一人物ですかねえ?

ちょっと似てませんね。

 

大体、絵の構図が横顔ですので、武田あやなさんの横顔を探してみると、、、

こちらです。

https://twitter.com/ayanatakeda/status/694352759751987200

なるほど、わからん。

 

「武田あやなさんモデル説は極めてうたがわしい・・・」

そう高等遊民が諦めていた――

そのとき――

 

動画がありました。

ご覧ください。

https://twitter.com/ayanatakeda/status/972452864453787649

 

これは似てる!! 気がする!

目のくっきりした二重まぶた。うれいがちなアンニュイを含んだ目つきがそっくりじゃないですか?

 

まとめ

岡靖知さんの作品のモデルは誰だろう?

ということで、ファッションモデル・グラビアモデルの武田あやなさんがその1人かもしれません。

最後の動画ツイートが、なかなか似ていますね。

 

こんな風に1人の女性を追いかけてると、なんか可愛く/美しく見えてくるんですよね。

画家がモデルを前に絵を描くときも、当然じっくり見ますね。

そうして長時間観察する中で、そのモデルさんの美しさが見えてくるのかもしれません。

 

岡靖知さんは、自らの思想として「美を追求している」とおっしゃっています。

美しいものを描きたいと言う欲求が強いので、万人に理解できる形の美を追求していくとリアリティのある写実作品に行きつきました。

https://jp.sputniknews.com/opinion/201803164676673/

 

そして、理想化されているそうですね。

 

冒頭に掲げた作品のモデルが武田あやなさんだとしたら、

グラビア写真の撮影などでは全く引き出せなかった、武田あやなさんの美しさが引き出せていますね。

  • 「写実絵画は、写真のように描いてるだけだ」
  • 「写実絵画は、芸術性がない」

 

こんな批判をときどき目にします。

今回の記事が、そのような批判に対するカウンターになることを期待しています。

「写真撮影じゃ実現できない/発想さえできない新たな美が、写実絵画にはある!」

と言えるはずです!


高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。