ツレがうつになりまして映画感想は堺雅人の演技がうまい!フル動画を無料視聴するには?




ツレがうつになりましての感想と見どころを教えてもらいました。

 

 

高等遊民
「うつをコミカルに描く」という、結構挑戦的な作品なんですよね。
賛否両論かもしれません。
だからこそ、素晴らしい映画になってます。
原作も素晴らしいですが、まずは映画を観るのがおすすめです!

 

amazonプライムビデオなら無料動画で視聴できますから、おすすめですよ。

「ツレがうつになりまして」のあらすじ

漫画家の主人公の旦那である「ツレ」が突然会社に行きたくないと言い、布団から出られなくなってしまいます。

最初は仮病だ、冗談だと思って接していましたが、駅のホームに飛び込みしようとしたことから、きちんとお医者さんに診てもらうことになります。

治療にはとても時間がかかることがわかり、完全に治るという保証はないものの、二人でゆっくり治していこうとする物語です。

 

ツレがうつになりましての見どころと面白いシーンは?

この作品の魅力は、

つ病とは人にはなかなか伝えにくい病気だと段々実感して行くところです。

漫画家である主人公が旦那の闘病生活を通じて、うつとは必ず治る病気と言いきれないところがあって、自身も最初は仮病だと思っていたのです

治ったと思ったらまた再発すると言う危険があるので先が長いし、焦るけれど、焦ったってしょうがないよとどこか割り切る、マイナスに考えてしまう夫を一生懸命励ますところが夫婦って、いざという時に助け合うものなんだなと思えるところです。

夫婦ではなくても、友達でも共通することだと思えるところです。

 

仕事が出来なくなった主人公は、ダラダラと仕事をしていたことに気付き、夫を支えようと必死で出版社に自分の作品を売り込みに行くところは凄いと思いました。

人は風邪をひいたり、大けがをして入院すると「大変だ」と見てわかります

しかし、うつは糖尿病や高血圧の初期症状のように、目では見えないところがあります。

だからこそ、人に訴えても理解しがたい、普通の人と変わらないから面倒な病気なんだ

 

ということを「あえてコミカルに描いている」んですよね

そんなところも、偏見なく生きて行くにはどうしたらいいかと考えさせられるものがあります。

ツレがうつになりましては堺雅人の演技が素晴らしい

好きな登場人物は、ツレを演じる、堺雅人さんの役です。

原作を読んだこともあり、俳優をしている上でマニアックなところもある堺さんは、こんなことを言ってます

 

「役を演じる時に自分でも体験したことがないものなら、どういう病気なのか、自分で調べることはもちろん、自分がその立場だったらこうだろうなとアレンジも加える」

 

やはり役のために少し痩せたみたいで、元々スマートな方だし、役作りで減量するのは髪型を変えることよりも一番体を張っていると感じるので、相当の苦労が合ったのかなと思いました。

実際のツレさんは、ぽっちゃりした感じだったと思うので、堺さんが演じるのはギャップがありました

が、実在する人に近付けなくてはいけないけれど、堺さんや主人公の漫画家を演じる宮崎さんがほんわかしたイメージがあるので、うつは恐い病気だと言う強迫観念を取っ払ってくれました。

主人公が、ツレに甘えようとしても、「そんな気分じゃないよ」とツレがつっかえすセリフは、病気のせいなんだな、つまらないなと感じた場面でした。

 

ツレがうつになりましてが面白いなら「明日の記憶」という映画もおすすめ

夫婦で寄り添って、相手の病気に向き合い、一緒にゆっくり治していこうよというところは、堤監督で渡辺謙主演の明日の記憶と言う映画と似ていると思います。

こちらの作品は、うつ病ではなくて、アルツハイマーが急激に進行してしまう病気です

共通しているのは、脳の病気ということや、真面目であるがゆえに仕事仕事で生きて来て、病気なのに無理してしまうところです。

ツレがうつになりまして、では夫といつも一緒だと自分も心が折れてしまうことを知った妻は、骨董品が趣味なので一人で出かけたりと自分の時間を作る場面があります。

 

明日の記憶では、旦那本人が陶芸を始めることで自分と向き合うところがあります。

陶芸をしようと出かける場面は、妻に内緒で急に思い立ったからで、病気が進行しているせいでもあります。

妻はハラハラしながら探すシーンは、見ていて心配になるし、今までまじめだったのに一気におじいさんになっていくようで悲しくなってきます。

子供の結婚式がきっかけで発症に気付いたので、やはり共通しているのは、誰でも起こりうることや、きっかけは何でもありうると言うことです。

 

スポンサードリンク

映画ツレがうつになりましてはamazonプライムビデオで無料視聴可能

映画「ツレがうつになりまして」は、Amazonプライムビデオで無料視聴可能です。

30日間無料体験が可能で、その間は一切お金はかかりません。

 

以下のページから

こちらをクリックするだけです。

ぜひご覧ください!

「ツレがうつになりまして」amazon無料視聴はこちら

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。