運営者情報

初めまして。「世界の名著をおすすめする高等遊民.com」運営者です。

 

このブログを支えるのは「哲学や文学は人生を生きる上での役に立つ!」という理念です。

近年日本の大学では、文学部が縮小の憂き目に遭っています。英文学科は縮小または改変され、たとえば「グローバルビジネス学科」というものに変わったり、昔名残りの哲学科なども「国際思想・国際教養学科」などという名前に変わりつつあります。

 

それは、文学や哲学は役に立たない、資格やスキルを身につけるのが役に立つという考えによるものです。その考えの持ち主は、政財界の人々だけではなく、この社会に生きるを私たち一人ひとりの中にも深く入り込んでいる考えではないでしょうか。日本人全体の上に、こうした資格・スキル重視の考えが蔓延しているからこそ、政財界は大学改変を要請するのではないでしょうか。

 

また、文学や哲学を愛する人々の中にも同様です。「役に立つのか」と聞かれて、確固たる返事ができる人はどれだけいるでしょうか。

そんな穏やかな挑戦に対して、薄笑い以上のレスポンスを返せることは稀です。

 

当ブログは、そんな風潮に対するカウンターとして設立されました。

哲学者や文学者は、私たちが自らの生を生きる上で、大変深く重要な問題を提起しています。彼らの高い問題意識を自らのものとし、実生活に活かすことができるはずだと考えています。一言で言うなれば「実践哲学」とでも言ったものです。そしてはっきりと、文学や哲学は役に立つ! と言い切ればよいなあと思います。

 

したがって、当ブログの主な内容は、日本や世界の古典文学・哲学の紹介や、その学び方が中心となります。文学や哲学に興味があるけど、一体どういう問題を扱っているのか。学びを深め、自らの人生を豊かにしていけるのだろうか。そういう方々の参考になるような記事を書いていきたいと思います。

それだけでなく、まんが・アニメ・ドラマ・映画・音楽などなど、現代のリアルなカルチャーの情報や感想なども追いかけていきます。ゆくゆくは最新の学会情報なども追いかけ、文学や哲学を愛するすべての方々の、お役に立ちたいと思っています。

 

当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。

ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら、早急に削除等の対応を致しますので、当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。

その他ご意見ご感想なども『お問い合わせ』からお願いします。

 

公開日:
最終更新日:2017/02/21