アナ雪は全部わがままなアナが悪いからイライラする?バカで自分勝手な性格でうざいし嫌いと酷評?

画像モデルプレス

 

ディズニー初のダブルヒロイン!

そして“アナ雪”の略称で一大ブームを巻き起こした今作品!

 

いや~。

主題歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」なんて観る前から何度も耳にするほどTVや街中で流れまくってましたよね。

 

とにかく社会現象とまで言われるほどの人気っぷり。

しかしその人気の陰にはこんなご意見も・・・

 

  • アナわがまますぎる!
  • アナにイライラした!
  • アナうざい、嫌い!

 

人気作品の宿命とも言えますが、ディズニープリンセスがここまで辛口評価されるのも珍しい気が・・・笑

しかしながら私も初見でかなりアナに対して苦笑いしてしまったのも事実。。

正直「この子と友達になったらイラつくし大変そう。」とまで思いました。笑

 

それはなぜか??

薮下依子
改めてアナのプロフィール紹介から嫌われる理由などまとめてみたいと思います!

 

アナ嫌いな方から疑問に思った方まで!

是非ご覧ください。

アナ雪は全部わがままなアナが悪いからイライラする?バカで自分勝手な性格でうざいし嫌いと酷評?

アナのプロフィール紹介!

画像:ディズニー公式HP

アナ (Princess Anna of arendelle)

  • アレンデール王国家の次女。
  • 18歳。
  • 髪は赤毛。5歳のときに頭に受けたエルサの魔法の影響で一房だけが白い。
  • 瞳の色は、エメラルドグリーン。
  • 身長165cm。
  • そばかすが特徴。

 

ディズニープリンセスのそばかす問題についてはこちらで考察しました。【重要すぎるので読んでみてください】

ドリーのそばかすはなぜ?アナなどディズニープリンセスをすっぴんにすると?

 

性格は明るく楽観的でときに大胆。

幼いころ、姉エルサの力で危ない目にあうが、トロールに助けられた。

このときの記憶がないアナは、エルサが心を閉ざした理由が分からず、仲よしだった姉との絆を取り戻したいと願っている。

しかし、その反面、自分を遠ざけるエルサになかなか素直になれない。

引用元:ディズニー映画「アナと雪の女王」公式サイト

 

エルサは雪や氷を作る魔法を持っていますがアナに魔法の力はありません。

アナはエルサの戴冠式までエルサが魔法を使えることを知りません。

(幼い頃の記憶を消されているため)

 

そのせいもあってか、アナの自由奔放さが目立って「嫌い」のもとになっている気がするんですよね・・・

 

詳しくは以下でご紹介します!

アナはわがままで自分勝手でうざい?「嫌い」と思われてしまう理由は?

まずはアナについて「もやもや」「苦手」「嫌い」などのご意見まとめます!

 

  • アナが自分勝手過ぎませんか?
  • 妹=ちょっとイタイ子。
  • アナってダメ女でしょ。
  • 子供っぽくて気品がない。
  • 舞い上がりすぎて人の話を聞かない女。

 

具体的にどんなところかと言うと。

  1. エルサの魔法のトラウマを作るきっかけはアナが「魔法使って!」としつこくお願いしたから。
  2. 出会ったばかりの男と結婚するとか言い出す。しかも一緒に城で暮らそうとか勝手なことを言う。
  3. 姉の忠告は聞かない。
  4. ハンス王子に騙されてるともつゆ知らずキスをせがむ。
  5. フラれたらやっぱりクリストフだ!ってなる軽い女感。

 

細かく挙げると他にも「え?w」って思う箇所がありましたが、プリンセスにしてはちょっとビッ〇すぎやしませんか?

 

そう思えてしまう単純さ。

とにかく感情の赴くまま突っ走る印象。

 

過去のディズニープリンセス像とはだいぶ違って感じましたね~。これはエルサもですが・・・

いかにも現代の年頃の女の子って感じです。

 

ちなみに「アナ雪ブーム」に乗り遅れていた私。

本編を観る前に話題になっていた主題歌「レット・イット・ゴー」やアナとハンズが歌う「とびら開けて」を耳にしていたんですが

 

本編観て「こんな感じのシーンで流れていたとは。。」とあんぐりしましたね。

アナとハンズは結ばれる王女と王子だと思っていただけにより残念感に拍車がかかりました。

(夫と口パクして遊んでたけどイタイ女とバカ男の歌だったとは・・・)

 

ちなみに英語版で海外の方ですがこんな感じですね↓

 

アナを嫌う人は長女が多い?立場や見かたによる違い!

スポンサードリンク

「アナ嫌い」について調べると「長女だから」という気になる意見もチラホラ発見しました。

 

なんでも

  • 長女はエルサ目線になり
  • 次女はアナ目線になる

 

というものらしいのですが、

確かにエルサとアナの性格。

 

一般的に見る「長女」「次女」像の性格を表しているような気がします。

 

長女エルサの性格

  • 落ち着きがあり、なにごとも慎重に考えてから行動するタイプ。
  • 真面目でクール、優雅で心優しい。

 

次女アナの性格

  • 明るく楽観的で大胆。
  • 明るい性格で、いざという時は勇敢な一面をのぞかせる。

 

もちろんこれはあくまで平均的なイメージにすぎませんが物語に登場する「長女」「次女

」ってこんな感じですよね~。

 

どちらもお互いにない性格を尊重しあいますが、時にはその性格の違いにイライラしてしまうことも・・・

 

あ。ちなみに私は一人っ子ですが長女の気持ちに一票ですね。

 

とにかくイメージとしては

エルサが姉としての責任感を持って慎重に行動する

 

に対して

アナは自分の気持ちに素直に突き進む

 

って感じでしょうか。

 

これ。

勝手ですが自由奔放で周りの迷惑も顧みない妹に嫉妬の気持ちが芽生えるんですよね~。

 

「こっちは周りや色んなこと考えて我慢だってしてるのに!」みたいな。

 

それに対し妹は

 

「勝手に心配ばかりして姉さんばかりしっかりしてるって思われる。つか迷惑なんてかけてるつもりもないわい!」

 

って思ったりするんですよね~。あくまで想像の範囲ですが。

 

そんなこんなでエルサ目線の長女さんはアナの自己中心的に見える行動に腹が立つってことのようです。

 

私としては単純に夢を描いてフワフワーってしすぎて現実を見ずに恋したあげく

男性を短期間でコロッと変える行動に苦笑いでしたけどねw

 

私の教訓として「尻軽な女は口も軽く信用ならない。」なのでつい。。

 

記憶を消されたのがそもそも悪い?アナは自己中というわけではなかった!

 

これ、そもそも論なんですけど

 

結局のところ「エルサの魔法についてアナの記憶が消されている」ことに問題がありますよね。

 

アナからしてみれば

  • なんであんなに仲良かったのに急に塩対応?
  • 外で一緒に遊べない理由が不明
  • 久しぶりの外出はそりゃ楽しいし舞い上がる!
  • イイ感じの王子様いた!
  • 久しぶりにエルサに会えるし、紹介したい!
  • なんでそれでも塩対応?

 

って感じだったんでしょう。

 

当然、姉が魔法を心配して手袋をしてるだなんて知る由もありません。

これは、両親にも責任がありますよね。

 

同じ家族であるアナにぐらいエルサの魔法について知っておくべきだったでしょう。

 

そうすればアナもエルサのことを考えて理解のある行動をしたはず。

もしかしたら両親もエルサの戴冠式の時にでも話そうと思っていたのかもしれませんが・・・

 

そうは言っても一国の王なんですし、もし何かがあった時の為に準備しておくべきでしたねってマジレス。

 

まぁストーリー的にはアナの行動こそが物語が動くキッカケになっています。

エルサの魔法について知ったアナはその後一人で勇敢に雪山に向かっていきますし

エルサがハンスに殺されそうになった時も身を挺して庇いました。

 

やはり本作品は姉妹愛がテーマの一つです。

 

今までのプリンセスストーリーのように「素敵な王子様がピンチを救ってくれる物語。」

ではなく、プリンセス自身が自立して考え行動する物語。

アナに抱いてしまうイライラはそんなストーリーにするために大事な役割であったのでしょう。

まとめ:アナ雪は全部わがままなアナが悪いからイライラする?バカで自分勝手な性格でうざいし嫌いと酷評?

画像:ハフィントンポスト

 

アナ雪のアナがわがままで自分勝手でイライラする?その酷評と理由について考察しました!

 

  • アナのプロフィール紹介!
  • アナはわがままで自分勝手でうざい?「嫌い」と思われてしまう理由は?
  • アナを嫌う人は長女が多い?立場や見かたによる違い!
  • 記憶を消されたのがそもそも悪い?アナは自己中というわけではなかった!

 

アナの評判と同じく、エルサも賛否両論別れます。

ちなみにアナ雪自体ニガテと思うのは男性が圧倒的な気がしますが。。

 

これは、まぁ納得ですね(笑)

是非、皆さんのご意見もお聞かせくださいね~!

 

以上!「アナ雪は全部わがままなアナが悪いからイライラする?バカで自分勝手な性格でうざいし嫌いと酷評?」でした!

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。