【文系に転部したい人必見】これができれば絶対後悔しない!3つの厳粛なルール教えます




あなたは「文系の学部に転部しようか」と悩んでいませんか?

  • なんとなく理系が得意だったから理系の学部に入った。
  • でも授業に全然興味持てない
  • 本当は日本史が大好きだった
  • けれども推薦で入れるのが理系の学部だった
  • 基礎科目のドイツ語が楽しくて本格的に勉強したい

大学で、どの学部・どの学科に入るか?

高校生の時にみんな考えました。
でも所詮は高校生の決断。

大学に入った途端、やっぱり違った選択肢だったな
と思うことは、しばしばですよね。

高校生18歳の段階で、「自分の将来を見据える」なんて、できませんよね。

  • 「今、専攻している学科が自分には合わないな」
  • 「もっとほかのことを勉強してみたいな」

と思っているあなた。
それでも「学部を変える」のは、かなり勇気のいる決断ですよね。

基本的には留年や浪人と同じ。
学部を変えるというのも、仮面浪人に近いことでしょう。

要するに1年や2年、無駄にしてしまうのです。
余計に大学に在籍しなければいけません。

その分学費もかかります。
生涯年収も2年分は下がります(単純に考えれば)。

でも大丈夫。

学部の転向を考えているあなたが「絶対に失敗しない3つのルール」をご紹介します。

この3つの方法を実践すれば

  • 今の学部が本当にあなたに合っていないか確かめられる
  • 違うと思って移った学部が「やっぱり違った」を回避できる
  • 就職で不利なこともなくなる

非常に充実した大学生活を送れるようになりますよ。

ルールその1 今の学科で最低2年学ぶ。成績は絶対に優・Aを取る

のっけから厳しいルールです。

専攻科目を変えようと考えるあなた。
ぜひ、現在の成績をトップクラスにしてください。

他の学科に変わりたいと思ってる。
すると、どうしても

  • 今自分がいるところは本来の場所じゃない
  • だから頑張らなくていい

と自分を楽な方向へと運びがち。
低きに流れます。

そんなことでは学部を変えたところで、
「やっぱり違ったな」
また自分に言い訳をしてしまいますよ。

  • その専攻科目が本当につまらないかどうか?
  • 自分に合わないかどうか?

なんて言うことは、きっちりやってみないと分からないものです。

例えば「1年生の春学期」
この段階で

「わたしは物理には向いていない」
なんてことが言えるはずがありません。
(自分の才能や素質や能力を、見くびってはいけません)

なので、まずは2年間、頑張ってみてください。
2年間頑張ればそこで学ぶ科目の基礎は、およそ学び切ることができます。

そして、信頼できる大学の教授に相談することをお勧めします。

ここの「相談」がポイントですよ。

成績優秀な学生が文系の学科へ転校したいと相談してきた。
これは大学の先生からしたら真剣にその相談を聞く気になります。

逆に、

全然成績が悪くて授業もテストも真面目に受けないという学生。

文系の学部に転校したいと相談してきた。

どう感じるでしょうか?

「勝手にすればそんなもん」と思いますよね。
100人中100人がそう思います。

「うん、向いてないと思うなら、そうなんじゃないかな」
これで終わりです。

優秀な成績を収めることの利点は2つです。

  • 自分にとっての関心を見極めるため
  • 相談にある相談できるようになるため

真剣に勉強して、授業の成績はトップをとりましょう。

ルールその2 3年になってまだ興味がないなら転部してOK

もう2年生になっているあなた。
まだ遅くありません。
今からでも頑張りましょう。
そして真剣に現在の専攻科目を勉強しましょう。

  • 一生懸命学んだ結果、それでも興味がない。
  • どうしても文系科目を学びたい気持ちが抑えられない

そういう場合にのみ真剣に学部を移ることを考えましょう。

文系の学問は理系とは違います。
必ずしも研究室にいなければ研究できない、ということはありません。

理系は、研究施設や実験設備が必須。
自宅では、まともな研究はできません。

しかし文系の場合は「テキストと参考文献」さえあれば、ある程度必要を満たせます。
これは別に文系をバカにしているわけではありませんよ。
実験すればレポート書ける理系より、ある意味はるかに大変です。

もしあなたの興味が本当に持続しているなら。
2年間・3年間、理系学部で頑張ることは、苦ではないはず。
しかも理系での勉強の経験は、必ず文系の学問で生きてきます。

  • 2年生の終わり頃
  • 3年になって所属ゼミを決める頃に

信頼できる教授に相談してみると良いでしょう。

ルールその3 直接大学院進学して、修士課程を3年やる

何も学部を変えることだけが選択肢ではありません。
学部は理系の専攻を卒業して大学院から心機一転。
22,3歳から文系科目の研究を始めるという方も大勢います。

ここまで読んでいただいた方の中には、

「私はもう3年生4年生なんだけど……」

いらっしゃるかもしれません。

絶望しかけていたあなたも、大丈夫です。
大学院に進学するという選択肢があります。

大学院は真剣に勉強したい方にとっては素晴らしい場所です。
熱意をもって取り組めば、必ず実りあるものになるでしょう。

  • でも文系で大学院に入るなんて……
  • 人生の棺桶に片足突っ込む様なものじゃないの?

きっとそういうイメージがありますよね。

しかし大丈夫です。
少なくとも修士課程で就職するのであれば、全く不利益にはなりません。

ちなみに、就職面接の際に企業が見ているのは3つだけ。

  • 学歴と
  • 顔と
  • 話し方です。

この中一番大事なのは顔です(マジ)。
正確に言うと表情ですね。

さて、大学院進学の話です。
いきなり大学院に進学しようとする。
そんなあなたは、その分野での

  • 基礎的な知識
  • レポート執筆能力
  • 文献消化能力

がありません。

なので、ゆっくり3年かけて学ぶことをお勧めします。

  • 最初の1年は、学部レベルの知識をつけることに心血を注ぐ
  • 次の1年は、修士論文のテーマを念頭に置きつつ、自主勉強やゼミに出席する
  • 最後の1年の4月から論文執筆を開始する(指導教官を使い倒す)

こんなイメージで行くと、

  • ゆとりのある
  • そして実りのある

大学生活が送れます。

1年くらいの留年は、どうってことありません。

  • 博士課程に進むなら、全く問題なし
  • 就職するにしても、1年2年程度を気にする企業は少ない

いきなり大学院に進むなら、修士課程で3年学ぶことをぜひお勧めします。

まとめ

現在理系の学部で「文系の学部に移りたい」と悩んでるあなたに
「絶対後悔しないための大学生活3つのルール」についてご紹介しました。

  • ルールその1 まずは2年間頑張る。その間はトップクラスの成績を修める
  • ルールその2 3年生になってもまだ文系科目への情熱が薄れなければ、その時は学部を変えてもok
  • ルールその3 大学院でいきなり文系科目に入学するのもあり。修士課程で3年間学ぶ

かなり厳しいルールです。
しかし、このルールを実践すれば絶対に後悔することはありません。
自分に厳しく努力をして後悔する人などいません。

「現在の状況も、未来の選択も、どちらも無駄にしない」

あなたが充実した大学生活を送れることを、心より祈っています。