男は3つの願望を諦めれば幸せになれる|荒俣宏0点主義の勉強法より




荒俣宏の『0点主義 新しい知的生産の技術57』講談社、2012 のご紹介。

荒俣宏『0点主義 新しい知的生産の技術57』

勉強法が書かれた自己啓発本です。

0点主義の勉強とは何か? それは、

「全然役に立たないけど、自分にとっては楽しくて仕方がないことの勉強」

「これを大いにやったらいい」と荒俣氏は言います。

荒俣氏がおかしいと思っていること。それは

「これだけ多くの人や文化がある現代で、みんながほとんど同じ願望を持っていること」

同じ願望とはすなわち、

  1. 成功したい
  2. 金持ちになりたい
  3. 異性にもてたい

この3つです。

同じ願望を持っているから、激しい競争に参加せざるを得ない。
そして勝者と敗者が分かれる。

「これは不幸なのではないか?」
と、荒俣氏はボヤいています。

荒俣氏は貧乏な家に生まれたそうです。
顔が醜く、体格がやたらいい(over180cm)。

そして7歳のときに、↑の3つの願望を諦めたそうです。すごい(笑)

で、0点主義の勉強に走り、『世界大博物図鑑』をはじめ、誰もやらないことを、やりたい放題やっています。

荒俣宏の教える「人生を楽しむ3つの方法」

荒俣氏は「上記の3つの願望を、諦めちまえ」と私たちにも言ってきます。

そして代わりに、この3つの教えを実践するようすすめます。

  • 無駄だけど楽しいことを勉強しろ
  • つまらないことも、自分のフォーカスで楽しくしてしまえ
  • 定年まで我慢なんてもったいないことするな

とても参考になりますね!

ところで先ほどの3つの願望。

  1. 成功したい
  2. 金持ちになりたい
  3. 異性にもてたい

この3つの願望はなかなかよくできています。

  • 地位
  • 名声
  • 権威
  • 快楽

など、人間の持つ基本的な欲望が、3つのうちに含まれています。

しかもなかなか諦めることはできない。

こんなブログを読みに来る皆さんは、こんな風に思うのではないですか?

「うん、成功と金持ちは、諦められる。まあなくてもいいや。」

問題は「女にもてたい」です。

これこそ、なかなか抜けられません。
いくら「女にモテなくても構わない」と思っても、ルサンチマン的な怨念を0にすることは困難です。

異性との精神的な深い関係を築くには?

好きな女をものにする。これ以上すばらしいことがあろうか?

「三千世界のからすをころし、主と朝寝がしてみたい」

高杉晋作だって、こう言うではないか!

男同士・女同士だったら、絶対に仲良くならないし、接点もない。
なのに、「異性である」という理由だけで、お互いを愛し合う。

これは素晴らしいことでしょう。

さらに、何か深いもの・精神的な向上を異性との関係に求めるとすれば?

キーワードは「ガマン」です。
どういうことでしょうか?

異性は、あなたの解りやすい「良さ」は容易く認めます。たとえば

  • ルックスがよい
  • トークが軽快
  • 一緒にいて心地よい
  • 仕草がかわいい

しかし、あなたの

  • 水面下の努力
  • 本当に頑張っているところ
  • うまくいかなくてツライとき
  • 人生の目標
  • 自分と社会への問題意識

こういうところは、なかなか見てくれません。
これは「逆もまた真なり」です。

というのも、わたくし高等遊民は男性ですが。
我々だって、女性の表面的なところしか、なかなか見ようとはしません。
食わず嫌いもはなはだしい!

要は、「認めてもらうには時間がかかる」ということ。

「お互いの人格を認め合う」ような「深い関係」
これを築こうと思えば、それは運もあるし、努力も必要です。

まとめ 荒俣宏の0点主義で異性にモテる!

荒俣宏の『0点主義』をご紹介しました。

  1. 成功したい
  2. 金持ちになりたい
  3. 異性にもてたい

この3つをあきらめて、

  • 無駄だけど楽しいことを勉強しろ
  • つまらないことも、自分のフォーカスで楽しくしてしまえ
  • 定年まで我慢なんてもったいないことするな

この3つを実践しましょう。という話でした。

しかし、わたくしどもは、「異性にもてたい」という願望を捨てたくありません。
異性と「互いの人格を認め合う素晴らしい関係」を築きたいのです。

そのために必要なことは、努力と運。そして何よりも、

自分のことよりも周囲のことを考える習慣とセンス

これです。
ストイックに、「自助努力」と「他者への配慮」を実践する。
素晴らしい相手に巡り合えることを信じて、0点主義を実践してみましょう!

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。