【結論】ビアンカフローラ論争は議論の余地なし!強さを比較するとどっちがいいのか?

ドラクエ5で結婚するのはビアンカにするべきかフローラにするべきか?

 

あまりにも今更な話題

発売が1992年ですから、もう26年も経っています

けど未だに決着が出ていないようです

 

でも未だに決着が出ていないと思っている人は、あえて言おう「情報不足」です

自分の感情だけで語っているでしょう?

 

私どもは研究の結果、この結婚は迷う余地がないことが明らかになりました

 

ビアンカにするべきかフローラにするべきか

 

結論を言うとフローラ一択です

 

ビアンカを選ぶ余地がありません

ビアンカを選ぶメリットが何もありません

 

ビアンカ派の人にとっては衝撃かもしれませんがその理由をお伝えします

 

ビアンカvsフローラは「フローラ一択」である3つの理由

フローラ一択の理由を三つ説明します

ちなみに私は DS 版やスマホアプリ版をやってませんのでデボラという存在については完全に無視しています

私の中では存在しないことになっています

 

ドラクエのリメイクなんてスーパーファミコンのドラクエ3しか認めません

ドラクエ5はプレステ2よりスーパーファミコンが最高です

 

 

高等遊民
ちなみに私の超ドラクエマニアの友人が、ドラクエ6のリメイクはけちょんけちょんにしてました
改悪の改悪で絶対にやらないべきと申しています

 

 

【比較】ビアンカとフローラの強さの違い

簡単に比較しましょう

 

ビアンカの強み

  • メラゾーマ
  • メタルキングヘルム装備可能

 

フローラの強み

  • ベホイミ
  • みずのはごろも

 

ビアンカの弱み

クリアまでにメラゾーマなんか実際覚えない

メタルキングヘルムをビアンカなんかに装備させるわけがない

 

フローラの弱み

馬車でベホイミ打つだけの人

 

こんなところですね

 

【決定的な理由】フローラはベラと同じ扱い。死亡しないで気絶する

ただしビアンカとフローラとの間では決定的な違いがあるんです

 

それは青年時代前半のグランバニアまでの道のり

 

ここでビアンカは仲間扱いですが、

フローラはゲスト扱い

 

ベラと同じ扱いなんです。

 

どういうことかというと

 

  • 移動中呪文が使えない(まんたんは使用可能)
  • 戦闘中HP0になっても気絶
  • 戦闘後HP1で復活

 

ここがものすごく重要です

 

つまりフローラは HP が戦闘中に0になっても何の問題もないのです

初期レベルが1で HP が72ですから自分自身によるベホイミ一発で全回復できます

 

ここから素晴らしい戦略が浮かび上がってきます

 

【メリット】チゾットへの山道~グランバニアの洞窟が恐ろしくスムーズに突破できる

結婚後、ふねを手に入れ、ネッドの宿屋からグランバニアへ向かいます(途中でテルパドールやメダル王の城にも寄れます)

 

チゾットへの山道とグランバニアへの洞窟はかなり長くて敵も強い

全滅することも多いダンジョンです

 

そこをフローラを盾にすることによって驚くほどスムーズに突破できます

 

具体的にどういうことかと言うと

  1. フィールド移動は、全部フローラ単騎(1人)で移動
  2. エンカウントはフローラ1人で全逃げ
  3. みかわしの服を装備しているので意外と落ちない
  4. 落ちても逃げて、まんたんすれば全回復
  5. みずのはごろもを手に入れればさらに強くなる
  6. みずのはごろもと水のリングはグランバニアに入る直前でスラリンに渡す

 

(この辺いつか画像貼って説明しますね・・・)

 

別に難しくもなんともありません

馬車の外にはフローラ一人だけ出す

ひたすら逃げながら突き進めばいいだけです

 

仮に逃げるのに失敗してフローラの HP がゼロになってしまったとしても

馬車から飛び出した三人でもう一度逃げればOK

 

ドラクエ5の「にげる」は、4回目には必ず成功します

フローラで少なくとも2回は逃げるコマンド選べますから他のキャラクターが死ぬことはまずないです

きちんとダメージを受けたら満タンすることを忘れないようにしましょう

 

これだけで、あの難しいチゾットへの山道とグランバニアへの洞窟が

とんでもなく簡単に突破できるようになります

 

まだ試したことない人は是非試してみてください

 

【おまけ】フローラ派はクズ? ビアンカ派こそバカ

この素晴らしさを味わったらもうフローラしか選ぶことはできません

ビアンカを選ぶ理由が全くと言っていいほどなくなります

 

ビアンカを選ぶ人の理由って結局は感情ですよね

フローラとは結婚しなくてもアンディやルドマンとお金持ちで幸せになれるけど

ビアンカは結婚しないと一人で不憫な生活を送るっていうだけの話です

 

もちろんその感情がとても素晴らしいものではありますし否定はしません

けどフローラ派をクズと言うんだったら、それはアウト

  • 「ビアンカ派はゲームの攻略法が分かってないドヘタ」
  • 「よくわからない感情移入でしかものを語れない痛い人」

と反論せざるを得ない!

 

高等遊民
とはいえ、ビアンカ派の悪口は全然本位ではない冗談です

私のお伝えしたいことは

是非フローラ一人でチゾットの山道とグランバニアの洞窟を突破する体験を味わってほしいです!

 

初めてやったらもうめちゃくちゃ感動しますから!!

 

まとめ ビアンカフローラ論争はフローラ一択です

というわけでビアンカとフローラ派の論争に一つの結論を与えました

 

攻略面で見ればフローラ一択であることは間違いありません

これはもう絶対に覆しようがない結論です

ドラクエ5を効率よく攻略する上でビアンカを選ぶことは考えられません

 

それを分かった上で改めてビアンカフローラ論争をみんなで楽しめるといいですね

 

何度も言いますけどもフローラ一人旅

これ是非やってみてください!

 

ビアンカ派かフローラ派か投票はこちら


高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。