平成狸合戦ぽんぽこの結末ネタバレ。最後のシーンの意味を解説

画像:金曜ロードSHOW!公式Twitter

 

平成狸合戦ぽんぽこは名前だけは知ってますが、案外テレビで放送されてない作品。あなたはちゃんと最後までご覧になっているでしょうか?

 

薮下依子
個人的にはこの作品のオチやメッセージはラストシーンにぎゅっと凝縮されていると思っています。

 

なので「観たことあるし知ってるけど結局どうなるんだっけ?」は絶対NG!

きちんと最後まで観て考えるまでがこの作品の醍醐味とも言えるでしょう。

 

そんなこんなでザックリとしたあらすじから完全ネタバレのラストシーンまでをご紹介!

そして私なりに最後のシーンとセリフについて考察と解説をしていと思います。

 


スポンサードリンク


平成狸合戦ぽんぽこの結末ネタバレ。最後のシーンの意味を解説

「平成狸合戦ぽんぽこ」あらすじ簡単まとめ(前半・中盤)

まずは前半~中盤にかけてのあらすじをザックリと説明致します。

  • 昭和40年代、狸たちが暮らしている多摩丘陵が開発のため破壊される。
  • 開発を阻止するため化学(ばけがく)を学び建設工事への抵抗開始。
  • 二年目、玉三郎と文太が四国と佐渡に派遣される。化学では開発阻止できず。
  • 三年目、四国から三長老が来て狸たちの百鬼夜行作戦するも失敗。
  • 失敗により狸たちはそれぞれ人間へ復讐と抵抗をする。

 

詳しくはこちらをどうぞ

平成狸合戦ぽんぽこの内容解説。伝えたいことや舞台設定を考察

 

「平成狸合戦ぽんぽこ」結末ネタバレ(後半)

ここからは終盤ストーリー(四年目)です。

百鬼夜行大作戦が失敗に終わった狸たち

  • 機動隊と戦ったり
  • テレビ出演したり

とそれぞれ抵抗したものの建設を阻止することができませんでした。

 

太三朗禿狸は変化(へんげ)が出来ない一部の狸信者を連れて死出の旅に出てしまいます。

そんな多摩丘陵にやっと帰ってきたのが佐渡に派遣されていた文太。

変わり果てた故郷の変わりようを見て唖然としていました。

 

「たった三年で俺は浦島太郎だ。この変わりようは酷すぎる。化かされてるのはこっちの方じゃないのか。」

「これは本当に人間の仕業なのか?いや違う。こんなことが出来るのは狸しかいない!」

と嘆く文太。

 

そこで正吉が「最後の力を振り絞って皆で元の多摩丘陵の姿を戻そう!」と提案します。

残った狸たちで力を合わせ、自然が豊かで人間とも共存できていたころの懐かしい姿を取り戻しす多摩丘陵。

しかしそれは一瞬の夢幻でした。

 

「平成狸合戦ぽんぽこ」結末ネタバレ(ラストシーン)

その後も開発は止まらずどんどんと洒落た住宅街へと姿を変える今はなき故郷。

しかしながら狸の抵抗により良い結果も。

それは「狸と共存できる街」とメディアで取り上げられ、開発も元の地形を生かし元の山林をそのままにした公園が作られるようになったこと。

 

そうは言ってももう既に手遅れ。

生きてくには狭すぎました。

 

そんな中とうとうアノ決断をします。

それは「変化(へんげ)できる狸はキツネ同様に人間界で生きる」こと。

 

そして変化できない並みの狸は開発にも交通事故にもめげず、のんびり明るく朗らかに。

どっこい生きて子供を作りあっけなく死んでいるのでした。

人間に化けて目まぐるしいストレス社会に疲れ歩いていた正吉はふと、そんな変化できない狸を見かけます。

そして追いかけていくとそこには僅かに残された自然の中で昔のように宴を開いている狸たち。

正吉はスーツを脱ぎ元の狸の姿に戻ってぽん吉たちとの再会を喜び合うのでした。

 

最後のシーンのセリフは?

変化ができ、今や人間に交じって生活をしている正吉と変化ができずにひっそりと残された自然の中で生きるぽん吉。

そんな感動の再会のあとにぽん吉が視聴者に向けて言うセリフがあるんですよね。

 

そのセリフがこちら↓

「あの。テレビや何かで言うでしょう?開発が進んでキツネやタヌキが姿を消したって。あれやめてもらえません?

そりゃ確かにキツネやタヌキは化けて姿を消せるのもいるけど…ウサギやイタチはどうなんですか?

自分で姿を消せます?」

 

これがまさにこの作品が伝えたかったこと「メッセージ」なのではないでしょうか?

 

最後のシーンのセリフの意味とは?

スポンサードリンク

平成狸合戦ぽんぽこの都市伝説では

  • 日本の政治を揶揄している。
  • 反戦を踏まえたメッセージがある。

などなど深読みされています

薮下依子
が、私はとってもシンプルに捉えています。

そしてこの作品は子供向けの教育映画の役割があるんじゃないかな~とも思っています。

その理由として

  1. 子供心をくすぐる演出が多い。(狸の金玉~とか)
  2. 語りの日本語は複雑で難しいけど、動画そのもので説明されている。
  3. 狸が死ぬシーンでもあまり重々しく描かれていない。

など。

 

それを考えるとこの作品は深読みしすぎずシンプルに捉えても良い気がするんですよね。

そこでぽん吉のセリフを振り返ると意味もそのまま

 

「キツネやタヌキは化けられるやつもいるけど、化けられないやつだっているし、そもそも他の動物はどうしてると思う?

姿を消してるって言うのは化けてるだけじゃなくて沢山の命が犠牲になってるってことだよ。

人間の住みやすい街のための開発は沢山の自然と動物たちの犠牲があることを忘れないでね。」

 

ってことなんじゃないでしょうか?

 

非常にシンプルだけど普段から意識したり考えて生活することって意外にないですよね。

ましてや開発された便利な世の中で生まれた子なんかは余計にピンと来ないはずです。

 

余談ですが今の子供たちの中にはスーパーで既に加工された、もしくは細切れやブロックで売られている魚やお肉しか見ていないので

  • 魚の切り身の元の姿
  • ブロックで売られてるお肉の元の姿

が分からず絵に書けない子もいるようです。

 

つまり魚さん、牛さんは知っていてもスーパーで売っている魚、お肉とは結び付いておらず命を食べてる感覚がないんだとか。

まさにこの「命の犠牲のもと成り立つ自分たち」を理解させるための映画なんじゃないかな~と個人的には感じるわけです。

限られた資源を感謝の気持ちを持って利用していた古き良き日本。

便利な世の中になったからこそ、その原点を忘れてはいけませんよね。

 

まとめ:平成狸合戦ぽんぽこの結末をネタバレで。最後に隠されたメッセージは現代人にこそ大事!

画像:金曜ロードSHOW!公式Twitter

平成狸合戦ぽんぽこの結末・ラストシーンなどを完全ネタバレで。

最後のシーン・セリフを考察&解説しました!

  • 「平成狸合戦ぽんぽこ」あらすじ簡単まとめ(前半・中盤)
  • 「平成狸合戦ぽんぽこ」結末ネタバレ(後半)
  • 「平成狸合戦ぽんぽこ」結末ネタバレ(ラストシーン)
  • 最後のシーンのセリフは?
  • 最後のシーンのセリフの意味とは?

 

タヌキの化学(ばけがく)など一見ファンタジー要素の入ったお話でもありますが人間に住処を奪われる悲しい動物の物語でもあるんですよね~。

これからを担う子供たちには必ず見て欲しい作品です!

以上「平成狸合戦ぽんぽこの結末ネタバレ。最後のシーンの意味を解説」でした!

 

平成狸合戦ぽんぽこ:関連記事

  1. 平成狸合戦ぽんぽこの続編はある?ラストからのその後とは?
  2. 平成狸合戦ぽんぽこは金玉のせいで放送されない?現実にたぬきは玉袋で飛ぶの?
  3. 平成狸合戦ぽんぽこの結末ネタバレ。最後のシーンの意味を解説
  4. 平成狸合戦ぽんぽこの内容解説。伝えたいことや舞台設定を考察
 

無料でジブリの映画を見れる。1か月間、DVD・ブルーレイ借り放題

平成狸合戦ぽんぽこや、ほかのジブリ映画をフル動画でもう1度見たくありませんか?

 

でも、ジブリ作品が配信されている動画サービスってないんですよね・・・
でもデイリーモーションやパンドラといったサイトで見るのは低画質だし、危険すぎます。

 

ところが「無料でDVDやブルーレイをレンタル」できるサービスがTSUTAYAにあったんです。
これを利用すれば、ナウシカも、トトロも、魔女の宅急便も、もののけ姫も、ハウルも、ジブリ作品ほぼすべてが無料で見れます。
なんか難しそうだったんですけど、使ってみると超簡単。面倒なレンタル・返却作業もなくなって最高です

 

そんなジブリの映画を無料で見れるTSUTAYAのサービスの詳細はこちらです。

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。