斉木楠雄のψ難の映画続編はある?ラストシーンから原作の続きはどうなる?




斉木楠雄のψ難の映画。

良いも悪いも評価が別れていますが、続編を希望する声が多いのも確か。

続編を作る可能性はあるんでしょうか?

ザ・テレビジョン

 

あるとしたら前作の続き?

そもそも原作で文化祭の続きってあるの?

今回は続編の有無。原作の続きに関して調査したいと思います!

 

ざっとラストシーンも振り返るのでネタバレも入ってます。。

 

斉木楠雄のψ難の映画続編はある?ラストシーンから原作の続きはどうなる?

 

映画「斉木楠雄のψ難」の続編はある?ドラマ化希望の声?

お先に答えを述べると

2018年10月の現時点で映画続編に関する情報はないです。

 

実写映画「銀魂」と同く福田雄一監督作品ですが

大ヒットであった銀魂と比べて少しコケてしまった印象のある斉木楠雄のψ難。

ギャグマンガ・アニメとして大ヒットしたものの映画化には少しハードルの高い作品だったのかもしれません。

 

しかしながら続編を希望する声も少なくありません。

そして

「映画じゃなくて深夜枠のドラマで見たい!」との声も。

確かに同じくギャグ調の深夜テレビドラマである「勇者ヨシヒコ」は物凄い低予算風でいて大人気のドラマになってます。

映画でCG使って予算をかけるより深夜枠の低予算で放送しても良さそうな気がします。

ちなみに原作は26巻で完結していますが、TVアニメ版は好評につき

 

  • 第一期(2016年7~12月)
  • 第二期(18年1~6月)

 

と来てついに先月(2018年9月)に完結編の制作が決定したとのこと。

映画.com

 

このティザービジュアルには斉木のトレードマークである眼鏡と頭のピンがないんですよね~!

映画の続編に関しては情報はありませんが、アニメ版の完結編が気になるところです!

もしかしたらアニメ版の完結編の反応によってはまた映画化やドラマ化などの話が出てくるかもしれませんね!

 

続編があるとしたら前作の続き?原作の続きは?

さて、もしも「続編の映画」または「ドラマ」が出来るとしたら映画の続きになるんでしょうか?

そもそも原作の漫画ではその後どうなるんでしょうか?

調査します!

 

斉木楠雄のψ難の映画ラストの解説

まずは映画のラストシーンを簡単に振り返りましょう。

映画「斉木楠雄のψ難」あらすじとストーリー↓以下公式HP引用

生まれながらにとんでもない超能力を与えられた高校生・斉木楠雄(さいきくすお)。しかし、楠雄は、超能力を使わない普通の生活に憧れていた。

しかし、そんな彼の願いもむなしく、クラスメイトはトラブルメイカーばかり! 彼らの巻き起こす災難に巻き込まれてしまう斉木は仕方なく、バレないように超能力を使って危機を回避していた。

毎年恒例の一大イベントの文化祭の日。ワケありクラスメイト達がおとなしくしているはずがない! 次々と災難が斉木に襲いかかり、超能力を使わなければ解決出来ない! でも、周りには多くの生徒たち……。どんどん追い込まれていく斉木。

気が付けば、たかが文化祭が、地球滅亡の危機を引き起こそうとしていた! 果たして斉木楠雄は、地球滅亡の危機を乗り越えることが出来るのか?

 

つまりは正体を隠しながらも周りで事故が起きないようにこっそり超能力で防いでいる斉木楠雄。

しかし、照橋心美にふと頭の制御装置(ピン)を抜かれ最大の危機に直面するんです。

結局のところ、残されたパワーを使ってピンチを切り抜け、皆の記憶を消すために時間を1日前に戻し物語は終了します。

 

さて、この後原作漫画ではどのような展開になるかってことですね。

そもそも文化祭のストーリーが載っているの原作漫画の7巻

 

映画ではこの7巻にある文化祭のストーリーをもとにオリジナルの話も含め、まとめられています。

原作のあらゆるシーンをポイントでつまんでる箇所も多々ありますね。

 

斉木楠雄のψ難は映画と原作でラストが全く違う

なので原作とラスト部分は全く違うんです。

そもそもギャグマンガということもあってストーリーが完全に繋がっているわけではなく1エピソードごとに完結していくスタイル。

サザエさんやちびまる子ちゃん的なアレです。

 

なので、文化祭編の後はクリスマス。

クリスマスの後はお正月。

のようにエピソードごとに完結していきます。

 

ちなみに文化祭が舞台になっている原作漫画のラストは以下です↓↓

燃堂の石化など、なんやかんや危機はあったが無事に終わった文化祭。

斉木楠雄のクラスは文化祭の打ち上げをすることに。

打ち上げ会場まで地図を観ながら向かう海藤・燃堂・楠雄だったが間違ってヤクザの家に到着。

ヤクザに絡まれ屋敷の中に連れ込まれそうになったところで楠雄が瞬間移動し打ち上げ会場の店の前に到着。

打ち上げはすでに終わる時間帯であったが張り切った海藤の提案で二次会をやることに・・・

 

とまぁ、楠雄の災難が続くところで文化祭編は終わります。

映画とは全く違いますね!

なので万が一続編となる場合には原作漫画やアニメの完結編に近いバージョンな気がします。

漫画の最終話に関してはまた別の記事でご紹介していますのでそちらもご覧ください♪

 

まとめ:斉木楠雄のψ難の映画続編はある?ラストシーンから原作の続きはどうなる?

映画続編の有無と原作漫画ラストシーンに関してご紹介しました!

  1. 映画「斉木楠雄のψ難」の続編はある?
  2. 続編が出来るとしたら前作の続き?原作の続きは?

 

個人的には深夜ドラマでの放送に大賛成です(笑)

勇者ヨシヒコ的なシュールな世界観を作ってもらいたいものです。

以上「斉木楠雄のψ難の映画続編はある?ラストシーンから原作の続きはどうなる?」でした!

 

斉木楠雄のψ難の原作まんが。kindleで大人買いの値段を確認する

31日間無料体験中

斉木楠雄のψ難の映画 見逃し配信はU-NEXTで。
\登録無料。80000本の動画が見放題。/

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。