斉木楠雄のψ難の映画その後をネタバレ。原作まんが最終回のあらすじ




映画「斉木楠雄のψ難」の原作と言えば

週刊少年ジャンプで2014~2018年まで連載されていた「超能力・学園・ギャグ」漫画です。

単行本は全26巻!

実写映画版では文化祭を中心とした斉木楠雄の災難な日常が描かれていましたが、結局漫画の最終回ってどうなるんでしょう?

そもそも映画は何巻目のエピソードだったの?

設定とあらすじをざっと振り返りながら漫画の最終回をネタバレでご紹介します!

  1. 「斉木楠雄のψ難」設定とあらすじ
  2. 映画は漫画の何巻にあるエピソード?
  3. 漫画の最終回あらすじネタバレ!

 

まだ読んでいない方、これから読もうと思っている方は完全ネタバレしますのでお気をつけ下さい!

【原作ネタバレ】斉木楠雄のψ難の設定とあらすじ

漫画・アニメ・映画のどれかをご覧になっていればお分かりだと思いますが復習がてらおさらいしますね~。

まずこのグリーンのサングラスに飴玉が刺さったような頭の彼が主人公「斉木楠雄」です。

第一巻の表紙におもいっきり書いてあるように、彼は「超能力者」です

しかもユリゲラーなんて目じゃない程の物凄いパワーの持ち主。

その能力は

  • テレパシー
  • 念力(サイコキネシス)
  • 透視
  • 予知
  • テレポート/アポート
  • 千里眼
  • 念写
  • 復元能力
  • 催眠
  • タイムリープ

などなど。

まだまだ書ききれない程の力を宿しているんです。

ここまでくると神のような存在のはずなんですが、当の本人にとってこの力は「災難を呼ぶ不幸の元凶」。

 

 

故に人前では力を封印。

「何事もなく平穏に生活したい。」故に目立たず人と関わらず。を心がけています。

しかし、何故かワケあり同級生が何かと急接近して来るんですよね。

お陰で彼はとんだ災難に巻き込まれることに・・・

そんな超能力を持つ主人公を中心とした学園ドタバタギャグコメディ。

これぞ「斉木楠雄のψ難」です!

主人公の斉木は普通の生活をしたいので超能力のことは家族以外ヒミツ。

なので同級生がトラブルを起こすたびにバレないように危機を回避しているんです。

この様子は映画でも描かれていましたね。

 

映画「斉木楠雄のψ難」は原作漫画のどこまで?何巻のエピソード?

Amazon

 

文化祭を中心としたあの映画のストーリーって一体文庫本何巻に書いてあるのか。

気になりますよね〜。

今回のストーリーの舞台である文化祭。

 

これは15巻に記載されてるようですが

映画のストーリーはあくまで

「原作のエピソードををベースにしながらオリジナルで創作されたストーリー」だとか。

 

確かに原作には映画で出演していないキャラクターが山ほどいます。

まぁ、限られた時間で

  • キャラ説明
  • 設定説明
  • 出来事
  • オチ

をまとめなければいけないのが映画ですしバランス良く詰め込まなきゃですよね。

しかしメインキャラや表現方法などは原作を忠実に再現しています。

原作やアニメを全く知らなくても映画で世界観は十分理解できるようになってる所は親切に感じますね。

しかし気になるのが漫画が26巻で完結してるということ。

ギャグマンガのラストってあまり印象にないし想像つかない・・・

しかも設定がかなり破天荒だしどうオチをつけているのか気になるところです。

 

原作漫画「斉木楠雄のψ難」最終回。映画のその後ネタバレ。

実は2012年に連載がスタートしてから2018年の終了まで設定はずっと高校二年生なんですよね。

いわゆる「サザエさん」「ちびまる子ちゃん」方式です。

 

だがしかしこれには理由があります。

主人公の斉木は超能力を使って時間を何度も戻していたんです。

それも日本を救うために・・・

実は最終話の前の段階で「斉木が日本を壊滅に追いやる火山噴火を抑えている設定」が明らかになるんです。

噴火を避けるために1年前へループを繰り返していたんですね。

 

毎年噴火を元から断とうとするも何度となく失敗。

最終話では火山噴火の抑制に成功するものの斉木の能力がクラスの仲間たちにバレてしまうんです。

斉木は必至に嘘をついて誤魔化そうとしますが、仲間たちは「友達なんだから本当のことを教えてくれ」と迫ります。

 

実はこの時に別の時間軸で「超能力を告白し受け入れてくれた仲間の姿」を思い返します。

そして漫画では初めて自分の口(初の吹き出し)で「面倒な奴らだ…全く」と呟きタイムリープ。

仲間たちが斉木の超能力を見た記憶もろとも消して火山の噴火も止めます。

 

その後、斉木は「超能力者を辞める決断」をします。

超能力封印装置で永久に超能力を封じ、その上で仲間たちに打ち明けたいと考えます。

無事に超能力を封じ仲間の待つ教室に向かう途中、視界に大きな虫の姿が入った斉木。

思わず同様と恐怖が襲いますが、その瞬間廊下の窓ガラスが粉砕。

 

ここで物語は終了します。

つまり、封印したと思われた超能力は健在だったということですね!

しかしギャグマンガとは思えないほど複雑でいて感動の友情物語じゃあないですか。

 

タイムリープネタってこともあり「時をかける少女」を思い出しました。

【時をかける少女】タイムリープの方法と回数は?仕組みや条件が矛盾する理由は?

【時をかける少女考察】真琴と千昭のその後は?

 

まとめ:斉木楠雄のψ難の映画その後をネタバレ。原作まんが最終回のあらすじ

映画のその後、漫画の最終話あらすじをご紹介致しました!

  1. 「斉木楠雄のψ難」設定とあらすじ
  2. 映画「斉木楠雄のψ難」は漫画の何巻のエピソード?
  3. 漫画「斉木楠雄のψ難」最終回あらすじネタバレ。

 

映画ではあるエピソード一点に絞られていたので完全なコメディ作品の笑いだけでしたが

意外にも原作はハートフルなオチがあって感動しました。

超能力…なんだか奥が深い。。

漫画全巻買って熟読します!

以上「斉木楠雄のψ難の映画その後をネタバレ。原作まんが最終回のあらすじ」でした!

 

斉木楠雄のψ難の原作まんが。kindleで大人買いの値段を確認する

31日間無料体験中

斉木楠雄のψ難の映画 見逃し配信はU-NEXTで。
\登録無料。80000本の動画が見放題。/

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。