特攻の拓名言でしりとりしました・・・!?

特攻の拓マー坊「ドエレーCOOOLじゃん……?




特攻の拓名言を集めたので、しりとりします。

最初はタイトル通り、「特攻の拓しりとり」から始めましょう。
では!

特攻の拓しりとり

 

 

り・・・・ 倫子・・・・ 会いてェ・・・・ 倫子・・・・(一色大珠/美麗)

いきなりリンコ。

こ・・ これ見てよ! い・・いつもはスクーターなんだけど とっておきのボクの愛車 ケニーロバーツ号っていうんだ(浅川拓/私立横浜港ヶ丘高校)

ケニーロバーツ号きた。

ダイジョブ 運が良ければ “おにーさんの身体”・・・・ “固”い かもよ? “マネキン”より・・・・(来栖奈緒巳/蠅王)

やべえまた「り」かよ……。

リューヤァッッ!!!(鮎川真里/爆音小僧)

これ「ヤ」なのか「ッ」なのか……。

やっぱ”工藤静香”みてーな・・・・ “鎖骨”の”きれい”な女・・・・ ・・・・かな(真嶋秋生/爆音小僧)

どうしたアッちゃん!!

ナレナレしーゾ!! ウジ虫ヤローがっ!!(久須美萌子)

アッちゃんガチギレされる!

がぁ ああああああ!?(一条武丸/魍魎)

武丸もキレるw

あぁ!? 今から”駐車場(ココ)”で “三角ベース”やるんだよ!! (吉岡義郎/外道)

吉岡さんがキレ武丸と三角ベースww

 

吉岡ぁ・・ 街を流すぜ・・・・ “でけェ音”たててよ・・・・(鳴神秀人/外道)

 

吉岡さんフィーバー。ってまた「よ」かよ!

 

よく来たじゃねーかよぅ! 上等だァ!(那森須王/獏羅天)

 

須王さん登場。
なんか三角ベースやってる光景しか浮かばない……。

 

“アブナ” すぎんな・・・・ ”来栖” ・・・・テメェは ・・・・ キレたぜ・・・・? クソヤロウ・・・・(鳴神秀人/外道)

 

来栖も登場。

 

ウルセーゾ・・! “秀人”ぉ・・・・ てめーは”麓沙亜鵺”と仲良くやってろ・・・・ “横浜(ココ)”を守るんは この”坂田正道”よお・・・・(坂田正道/九尾の猫)

 

キャッツの阪田さんも、来栖以上にアブナすぎる男。

 

オウ!!“バール”持って来い!!(緋咲薫/ 麓沙亜鵺)

 

緋咲と言えば、バール。

いーか・・? “拓”だっけか・・・・ ソイツを着たら 誰にも負けらんねーゾ?(那森須王/獏羅天)

 

須王さん三角ベース引退。

族も、走り屋も、レーサーも…みんなバイクが好きなんだ (半村誠/音速の四天王)

 

須王さんの引退を語る。

誰が ”浅香 唯”だって?(鮎川真里/爆音小僧)

 

after decadeでも似たようなこと言われてる。

 

てめェか・・・・? コラ・・・・ オレの”KH(ケッチ)”倒してベッコリやりやがったのはよぅ・・・・(真嶋秋生/爆音小僧)

 

そういえば拓ちゃんも最初ケッチに触っちゃった気がする。

ウル セーナ? 今 オレは “鵠沼南台中” “OB”会の滝沢 “ジュンジ”よ? ギョカッ!(滝沢ジュンジ/爆音小僧)

 

ギョカッってなんだ。

 

肩がハンバーグじゃねーかよ?(榊龍也/朧童幽霊)

 

なんだこれw
ジュンジにハンバーグにされたのか。

 

横浜”爆音小僧” “七”代目 “特攻隊長” 真嶋”秋生” だ・・・・!!(真嶋秋生/爆音小僧)

 

「だ」と「よ」ばっかじゃねーかよ。

 

大ハンマ “片手”で振り回して”単車”に殴りかかる・・ なんてよ・・・・ あっちも・・・・ ・・・・本物(モノホン)の・・・・ “武丸”サンだぜ・・・・!?(中路/魔覇裸邪)

 

たぶん「だい」だと思います。

 

「ぜって~」

 

組織図の対立関係は、「ぜって~」です。

 

てめェの頭ぁ・・・・ 潰れたトマトみてーにしてくれんゾ・・?(鮎川真里/爆音小僧)

 

語尾が全部同じなんだよな。

 

“族” 結成(つく)ろーよ・・? 二人で・・・・(鮎川真里/爆音小僧)

 

アッちゃんと2人で。

 

出(デッ)発だァ!(鳴神秀人/外道)

 

名言中の名言

 

あの”アクセル”ミュージック!忘れちまったのかよ・・・・?(ジュンジ/爆音小僧)

 

だせえw 那智との約束。また「よ」・・・。


「だ」と「よ」ばかりで半チクにされました。
あとはコメントで続きやってください・・・。

参考資料はこちらだよぅ・・・

特攻の拓の名言をまとめました・・・!?



特攻の拓マー坊「ドエレーCOOOLじゃん……?

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順

2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1については「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。

5つの手順は、「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。

3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。

3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。

ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

哲学という、かなり難しい内容でも、音声入力で話して書くことは可能です。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2は、プラトンの主著『国家』の要約です。原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。