特攻の拓最強は武丸か天羽か?強さランキング(after decade連載記念)

特攻の拓まんが第1巻




個人的には龍也押しだけど、やっぱ最強ではないよね。

『特攻の拓』の10年後を描いた新連載が月刊ヤングマガジンでスタートしました。(2017年2月18日)

『疾風伝説 特攻の拓~after decade~』です。

 

新連載のコミックス第1巻。表紙がヤバイです。
拓ちゃんがゼファーに乗っているですが、本当にカッコいいです。

『特攻の拓after decade』のカッコよすぎる表紙をチェック!!

これはビビった。

「絵柄が・・」とみんな所十三タッチじゃない拓ちゃんに、戸惑っていました。

でもこの表紙を見たら、もうぐうかっこいいでしょ!!


1991年~1997年まで週刊少年マガジンにて連載された『特攻の拓』

この作品は、非常に多くの暴走族グループとメンバーが登場するのが特徴です。

みんながみんな不良でケンカをしているため「結局、誰が一番強いのか?」というテーマが、しばしばネット上で議論されています。

 

この記事では、新連載に合わせて、本編での登場人物が、高校時代どれくらいの強さだったのか、その確認をしてみます。

ランキングは【決定版】とか【保存版】とか、エラそうに判定するつもりはないので、異論があっても許してくださいね(笑)

スポンサードリンク

『特攻の拓』不良たちの強さランキング!

様々な意見がありますが、とりあえずの区分をしてみます。

  • A+:秀人 天羽 武丸(キレ)
  • A :来栖 鰐淵 緋咲
  • Aー:龍也 武丸 マー坊
  • B+:須王 慈統 八尋
  • B :キヨシ 一色大珠 ヒロシ 高遠陸夫
  • Bー:那智 真嶋秋生
  • C :姫小路良

100%異論があると思いますが、とりあえず70点くらいは付けられると思います。

小説版や外伝(early day’s)を入れると、またちょっと変わってくるかもしれません。

文句があるなら言うてみいや!!
最強クラスは外道の秀人、龍神天羽時貞、キレ状態の武丸あたりが妥当です。
秀人は緋咲相手に2勝。
天羽はマー坊に「一等かそれくらい強い」と評価&半ギレ武丸のパンチをノーダメージで防御。
キレ武丸は不死身&マー坊と龍也をKO。

個人的には、リューヤ押しなんですけどね。
地味に強い。
なんかリクオとか来栖とかにやられてますが、キレ武丸相手にも、劣勢ながらなかなか負けない感じ。
少なくともマー坊はキレ武丸相手に、完全に動けなくなっていました。
でもリューヤはトイレで激闘!!

【after decade】でもリューヤは第1話から活躍中。
でも、リューヤは今のところ、所十三タッチのほうがカッコいいかな……。(個人的感想)

 

次点から議論が分かれますが、来栖・鰐淵・緋咲あたりでしょうか。
来栖は、マー坊や秀人にほぼ互角、緋咲と龍也に奇襲してKO。ただし鰐淵に負け。
鰐淵は、武丸と龍也に優勢。来栖にダウンさせられるもKO。
緋咲は、秀人に2度勝利寸前。来栖に奇襲敗北。

 

次にランコ―総長クラス。三角関係にしてみました。
龍也とマー坊は、通常武丸に勝てますが、キレ武丸には負けます。

 

キヨシ・ヒロシは難しいのですが、強さにややムラがあります。
マー坊たちと互角に渡り合えそうな実力の持ち主ですが、那智に負けそうになったり、よくケガで入院してます。
キヨシの「棲息腕力領域」は、キレ武丸と同等。

 

10年後の新連載に登場予定の人物は?

以上強さランキングでした。

文句がある? ククク……ならB突堤で待ってるゼ……?

この中で、10年後の『特攻の拓 After Decade』にも登場が確定しているのは、次の面々です。

  • 鮎川真里(マー坊)爆音小僧7代目総長・鮎川探偵事務所代表
  • 龍也 ロードスペクター総長・ランコー教師
  • 武丸 魍魎総長
  • 鰐淵 夜叉神総長
  • 真嶋秋生(アッちゃん)爆音小僧7代目特攻隊長・真嶋商会
  • 姫小路良(リョー)爆音小僧メンバー・姫政寿司
  • カズ 爆音小僧メンバー・鮎川探偵事務所所員
  • ジュンジ 爆音小僧メンバー・近場のゲーセン用心棒www

爆音小僧メンバーと、ランコ―総長たちの登場が確定しています。

 

その他に名前だけ出てきた人物もいます。

  • ヒロシ・キヨシ(風神雷神)
  • 石動富夫(獏良天総長)

今後、外道の秀人ヒロシキヨシ(風神雷神)の登場が、昔からのファンには期待されています。

 

新連載『特攻の拓~After Decade~』は月刊ヤングマガジンにて連載。今後の展開が楽しみです。

ちなみに月刊ヤングマガジンは、毎月20日前後の火曜日発売だべ?

週刊ヤングマガジンみてーには、なかなか見つかンねーゾ?

ビッと気合入れて、売ってる本屋やコンビニ探せェ!


特攻の拓第1巻の感想レビューはこちら!

こちらも合わせてどうぞ
  1. ラクに朝1時間早く起きて、読書や勉強しませんか?→光目覚ましで朝5時起きを楽勝で習慣化!
  2. 本読みたいけど全然集中できないあなたは→【読書ですぐ眠くなる】月50冊読むニートの読書法
  3. "amazon読み放題"30日間無料体験を使い倒す!→まず読書論を2冊読み、大量の文庫・新書で圧倒的な知識を!






11 件のコメント

  • 来栖の位置が低い
    好き嫌いでいえば来栖は嫌いだしあんなんが強い訳ないけど、私情を抜いて「原作の強さ」で言えば天羽に並べるだけの物はある
    まず緋咲はアーリーデイズでも天羽に負けてるし、鰐淵も同様に天羽に負けてる
    これらの事から天羽は暫定で最強
    そして同じく緋咲を倒した秀人も本文通り最強クラスではあるけど、大珠にあわや負けかけてるので天羽のひとつ下になる
    そしてその秀人と緋咲と真里を同時に相手にして引けを取らず、慈統に勝つ自信がないと言われた来栖は天羽に並んでいると思う
    鰐淵に一方的にやられたのは拓が解説してるようにバイクの転倒で重傷だった為
    かかと落としで鰐淵に膝をつかせた描写の方がお互いベストコンディションでの結果と言える
    というような感じで考察すると、Sとか付けずに数値化して考えたときに
    天羽を100として、来栖99、秀人91、緋咲86、真里84ぐらいな感じ
    ランク化すると
    天羽100
    来栖99
    キレ武丸96
    魔人大珠92
    秀人91
    鰐淵90
    龍也89
    慈統88
    緋咲86
    須王85
    真里84
    キヨシ83
    ヒロシ80

    測定不能(描写が少なすぎる為)
    陸夫 八尋
    龍也は普通に強いですよ
    ノーマル武丸に完勝、キレ武丸の肩外して優勢勝ち(拓が出てきて逆転負けはイレギュラー)
    二回とも須王に完勝

    少なくとも天羽や来栖以外、何回やっても負けるような事にはならないです
    真里には木刀デスマッチなどで冷汗かかされる描写が多いし精神的に負けてますね
    それは喧嘩そのものというよりもかつての弟分で、真里が一番慕っていた誠を死なせてしまった部分やケジメを取りきらないでロードスペクターを作った引け目から来るものだと思います

    もうちょっと描写が増えれば鰐淵はもっとランク下がるかも?
    圧倒的有利から来栖をボコった場面と天羽に負けた場面しかないですからね
    慈統の評価も高いのは少数精鋭のチームで八尋と渡り合ってる面と、本腰を入れてやってたのは鰐淵不在の夜叉神の支部(久保島、エージ達)を一人で潰した時だけで、キレ武丸に踏みつぶされても足首掴んで振り回して本腰入れる所で中断した場面です
    少なくとも緋咲が武丸と対峙しても似たような展開になるだろうと思ってます

    大珠はジャンキー時代なら最強クラス

  • 非常に詳しい考察で、とても参考になります。
    おっしゃるとおり、来栖を低めにしすぎた感はありましたね。

    わたしのランク付けは、「3人ずつ」を意識したのと、人間関係を意識した取り合わせになっています。
    たとえばランコー3人総長が並んで、3年の鰐淵が一番上という感じ。
    本編では鰐淵はもう余計なけんかをしないような思想を持っていますね。

    ただ龍也とマー坊にどれだけ差があるのか?
    というと、また問題になってくる。
    そこで、ランコー勢を三並びにしたわけです。
    でも、龍也vsマー坊を「マー坊へのひけめ」と解釈するのは、じつに筋が通ってますね。
    素晴らしいなと感じました。

    アーリーデイズも考えると、鰐淵は天羽に負けたと言えども、相当な善戦。
    こんな強かったのか鰐淵という感じでしたよね。
    まんが的にも、まず最初に胸アツになるシーンですし。
    なので、鰐淵が緋咲と実力が並んでも不思議ではないですね。
    天羽も鰐淵をたしか評価していたはず。
    マー坊や武丸より上に来そうですね。

    描写が少なくて、完全な甲乙がつけがたいのが、特攻の拓の魅力でもありますね。

    余談ですが、キャッツ阪田さん(with ポン刀)
    は秀人をほぼKOしていたので数値的には
    103 くらいで大丈夫でしょうか。

    • 返信ありがとうございます。
      鰐淵は原作終盤まで一切喧嘩という喧嘩はして来なかった上に、リューヤと武丸のあのタイマン中に個室でウンコしてたという 当時のマガジン系で大物な不良特有のユーモラスな余裕を見せていましたし、武丸と慈統のタイマンを興味なさげなリアクションをする等「こいつどんだけ強いんだ?!」感が最高潮に高まってた印象でした。

      でも実際、鰐淵は人としてのカリスマ性が特にずば抜けていたのだと思っています。
      誰が一番強いのか?には最早興味が失せていて、三年という事もあり大人としてのカッコ良さがありました。
      周りに余計なコナをかけまくる武丸達ではなく、基本的には意味のない喧嘩をしないマー坊や拓を旧知の中や亡くした友の面影がある事以上に買っていたのもそういうところだと思います。

      そして本題ですが、鰐淵はもちろんとても強かった思います。
      しかしどちらかというと肝の座り方や威圧感こそが鰐淵の本懐なのではないでしょうか?
      拓も「誰の拳より痛い」という評価をしていますが、あれは【止められない、邪魔できない】と心の底から思わせるほどの迫力とベクトルの強さを表していると思うんです。
      平たく言えばガタイのいい元ヤンよりも、標準体型の本職の方が喧嘩が強い事と同じだと思ってます。

      阪田のポン刀凄かったですもんねww
      あれはデブ崎の模造刀よりも上でした

  • それと龍也が真里に引け目 というのは原作でもよく見受けられましたが、あれだけ誰にでも上等切る龍也が、敵意をむき出しにした真里にちょっと意地悪を言うぐらいのテンションでしか接しないところに良く出てると思います。
    基本的に龍也は真里とはあんまりやりたくないんですよね

    • いや~本当にすばらしい考察で、何度もなるほどと思いながら読ませていただきました。
      鰐淵はアーリーデイズでは単車に乗っていましたが、本編では車に乗っている。
      この辺りからも「まわりからと一線を引く」あるいは一線を画すような思想が見出せますよね。
      検挙・補導歴0とか言われてましたし、「肝の座り方や威圧感こそが鰐淵の本懐」とはおっしゃるとおりだと思います。

      しかし強さランキングではノーマル武丸とキレ武丸を分けるのが一般的ですが、それも微妙なんですよね。
      それなら、ベストコンディション(体調悪くない・ケガしてない)の「風神・雷神」を考えても良いわけです。
      そしたら普通にランコー総長クラスはあると思うんですよね。
      まあ武丸はキャラが立ちすぎてますから、分けてしかるべきですけどね笑

      では、「特攻の拓、最強は誰だ?」の最終的な回答としては
      「キャッツのポン刀阪田」ということで結論しておきましょう!!www

  • ヒロシキヨシに関しては何かと除外しなきゃならないケースが多くて評価は苦しみますね。
    (木刀那智に)油断してない風神雷神 とかw
    長々とありがとう御座いました。

    • ヒロシキヨシは立派な労働者なので、
      やっぱりのびのび学園生活している高校生とは苦労が違うわけです! きっと!
      中学生のころからバイトかなんかでエンジン手に入れたりしてましたよね。たしかアーリーデイズで。
      油断してない風神雷神なら、かなり強いですね!!笑
      こちらこそ、とても面白くて参考になるコメントありがとうございました~(^^♪

  • マー坊やヒロシキヨシが負ける時は拓ちゃんの出番作りのための嚙ませ犬にさせられてるだけですよね。作品の都合上だからなんだか可哀想。それ以外は総長クラスなら基本的に決着はついてなくて、せいぜい優勢程度。この辺がこの手の作品には珍しくて想像が膨らんで楽しいですね

    • 噛ませ犬!
      おっしゃるとおりですね。
      ヒロシキヨシは特にそうです。作者のお気に入りだったのかもですね!
      なんか無所属派閥で、だれとでも当てやすいといいますか。
      結構、ほかのヤンキーまんがだと、どっちが勝つか、決着つくような感じですよね。
      「なんか結局どっちが強いかわからない」と言うことに関しては、
      おっしゃるとおりブッコミの拓は曖昧性が際立ってますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。