中途半端なインテリほど性格悪くてむかつく|3つの特徴をウディアレン作品に学ぶ




Amazonプライムビデオで無料視聴できたので、
ウディ・アレンの監督作品を2つ観た。

1『それでも恋するバルセロナ』
2『マッチポイント』

わりと共通点が多い作品。

ウディアレンの作品を見ると、

ちょっと学問かじった、Twitterで毒を吐いているような人間の末路が分かる。

ウディアレン『それでも恋するバルセロナ』amazon無料視聴

ウディアレン『マッチポイント』amazon無料視聴

共通点その0:スカーレット・ヨハンソン。

スカーレットヨハンソンは、主役ではない。

主役級のインテリ男を惑わせる、幻惑的な女性だ。

彼女は、決してインテリではない。

でも何か、インテリや芸術家を魅了する、魅力的な感性を持っている。

(たとえば『それでも恋するバルセロナ』の写真の趣味)

スポンサードリンク

共通点その1:主人公像

目標や情熱はあるけど、それをどこへ向けたらよいのか定まっていない20代。
インテリ気取り。

例えば、

・女主人公
  修士論文の調査でバルセロナへ。
  テーマは「カタルーニャの国民性」。
  (気分的でしょうもないテーマ。)

・男主人公
  元テニスプレーヤー。コーチになったがつまらない。
  何かデカイことをしたいと明言。
  (=具体的にやりたいことはない。)


共通点その2:情熱の矛先

主人公たちの、気高いエネルギーは結局、異性に向かう。
恋愛は自分が全身全霊で関わることが可能で、しかも大きな満足をもたらすものだから。


共通点その3:結末

 当たり前だが、恋愛に情熱を向けても、それに一生を捧げることはできない。
 それは、倦怠・浮気・懐妊などが起こり得るから。
 破滅を迎えるしかない。


スポンサードリンク

感想

身もふたもないコメントをしたけど、
こういう主題はウディアレンの真骨頂。

インテリゆとり世代

とでも名付けるべき連中。

  • 他人と同じような、単なる労働者にはなり下がりたくない
  • 何か圧倒的に情熱を持てるもの・夢中になれるものを求める
  • 思考の発想に文学的なもの・芸術的なものがある。(とはいえ学問的には洗練されていない)

要は、学問をかじったけど、
それによって大成することができない人々。

こんな人間像を描くに関しては、ウディ・アレンの右に出るものはいない。

ウディアレン『それでも恋するバルセロナ』amazon無料視聴

ウディアレン『マッチポイント』amazon無料視聴

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。