プレデターズで捕まってたプレデターはなぜ?味方になった理由を考察




プレデターズで最初に遭遇する「木に縛り付けられていたプレデター」

誰に?なんで捕まっていたんでしょう?

その後に主人公ロイスが木から降ろすと襲うことなく、仲間であるはずのプレデターと戦うんですよね。

敵であるはずの人間の味方についたのはなぜなんでしょう?

そんな疑問にシーンと今作の設定を振り返りながら解説していきます!

プレデターズで捕まってたプレデターはなぜ?味方になった理由を考察!

なぜ1体のプレデターが捕まっていたの?

こちらに関しては若干私の考察も入りますが、まずは今作の設定から大まかに振り返ります。

プレデターシリーズの3作品目となる「プレデターズ」

今作の舞台は謎の惑星です。

この惑星、実はプレデターが「人間狩りをするための星」。

見ていてサバゲーみたいって思った方もいるかもしれませんが、まさに!

プレデター用のサバゲー星と言っても良いでしょう。

そこに戦闘能力の高い(人を殺す能力に長けた)人間を厳選して地球からこの星に拉致しているんです。

 

今回人間狩りを行うプレデターチームは全員で4体。

それぞれタイプ・種類が違います。

  1. バーサーカーと呼ばれる種類の「ミスター・ブラック」
  2. 鳥型の無人探査機を操る「ファルコナー」
  3. プレデターハウンドと呼ばれる犬を操る「ドッグ・ハンドラー」
  4. 囚われている「クラシック」

 

この種類に関しては別記事で詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。

ここではざっくり説明しますが、

囚われている「クラシック」はプレデター第一作目に登場するプレデターと似ています。

プレデターの基本型と言っていいでしょう。

 

対して、初登場でいて4体の中のリーダー的存在であるバーサーカー族の「ミスター・ブラック」

クラシックより大柄で武装においても上です。

そもそも種族が違い、バーサーカー族はプレデター界のエリートのような存在。

 

第1作目から見ているファンであればクラシックとバーサーカー族の違いにすぐ気づくことでしょう。

まず、バーサーカー族はクラシックよりも

  • 凶暴で
  • 残忍で
  • 強い

そんな種族です。

クラシックは戦いにプライドがあって例え敵でも共感を持ちますが、

今作品を見る限りバーサーカーはそのような部分が欠けているように思えます。

恐らく「種族の違い=考え方の違い」がありこの2種はそもそも敵対していたものと思われます。

 

しかし、バーサーカー族は力でクラシックに勝ります。

なのでクラシックはバーサーカー族に隷属として連れて来られていたと考えられます。

 

でもなぜ縛る必要があったんでしょう?

私の考察は2つ

  • 裏切る可能性のあるクラシックを自由にさせるのは心配なため縛っていた。
  • 人間を集めるための囮としてクラシックを縛って利用した。

 

これ、どちらもありそうですよね~。

クラシックを力で支配するバーサーカー族であれば狩りに連れてきたとはいえ、自由にするのは危険です。

しかし、縛って囮として利用するのであれば人間を罠にはめることが出来ます。

 

そして、万が一クラシックが人間に殺されてしまっても自分はノーダメージです。

そんな種族の違いと立場の関係上クラシックはミスター・ブラックの手により縛られていたのだと思います。

 

プレデターが人間の味方になったのはなぜ?

スポンサードリンク

金曜ロードショー 公式

 

そもそも舞台である星に来ているプレデターは自分たち以外の強い生命体を狩る目的で来ています。

縛られた木から助けてくれたとは言え、本来は獲物であるはずの人間。

なぜ味方になったんでしょう?

 

これは劇週で主人公ロイスが「敵の敵は味方」であると語っている通り

人間が戦っていたバーサーカー・プレデターはクラシックの敵でもありました。

 

つまり人間もクラシックもバーサーカーである「ミスター・ブラック」が敵なわけです。

クラシックは木に縛られて自由を奪われてるわけですし、ロイスとしてはこれを利用しようと考えます。

ロイスの目的は「地球に帰還するための船」です。

それを条件に開放されたクラシック。

狩りに誇り高い考えを持つクラシック・プレデターですから

戦闘する気もなく縄をほどいてくれた人間は襲いませんし、約束は守ります。

 

それだけじゃなく、近くに落ちていた装備を装着すると船を遠隔操作して地球に帰れるように設定してくれるんです!

クラシックめっちゃいいやつ!!

しかもしかもそこに現れたミスター・ブラックを足止めまでしてくれるんです!

まぁこれは恨みを晴らすための行為でもありますが。。

 

大きさも装備も敵わないクラシック型ですが、なかなかの死闘を繰り広げます。

残念ながら最後はリストブレードにより首を切り落とされてしまいますが、クラシックのヒーローぶりにはちょっと感動しましたね。

 

まとめ:プレデターズで捕まってたプレデターはなぜ?味方になった理由を考察!

捕まっていた理由・味方になった理由を考察しました!

  1. なぜ1体のプレデターが捕まっていたの?
  2. 人間の味方になったのはなぜ?

 

プレデター=怖くて人間の敵!とばかり思っていましたが、クラシックは何だか情の熱さみたいのを感じちゃいましたね。

健気に頑張って戦っていた姿がなんとも愛おしいです。

以上!「プレデターズで捕まってたプレデターはなぜ?味方になった理由」をご紹介しました!

無料でプレデター・エイリアンの動画が見放題。Huluで今だけ。

Hulu。プレデター。無料動画配信。

「プレデター1」「プレデター2」「プレデターズ」のフル動画を無料で見れるのはHuluです。
2週間の無料トライアルで、プレデターやエイリアンシリーズの動画が10本以上、見放題です

今だけなので、画像か青いボタンをクリックして、プレデターシリーズやほかの映画作品を楽しんでください。

hulu2週間無料トライアル

14日間、無料で見放題です。
「¥0トライアル」中でもキャンセルOK。(完全無料)

  プレデターシリーズの動画を視聴する方法を詳しく知る

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。