荒木優太『無責任の新体系』が面白い。内容解説と評価・レビュー

荒木優太さんの無責任の新体系 君はウーティスと言わねばならない

 

感想・レビュー・評価です

 

面白いです!!

ぜひぜひ!

 

この記事は、以下の動画のおおまかな文字起こしです


スポンサードリンク


荒木優太『無責任の新体系』が面白い。内容解説と評価・レビュー

今日は1冊の本を紹介します

紹介する本は荒木優太さんの無責任の新体系 君はウーティスと言わねばならない

 

どういう本かと言うと人文系の本なんです

 

荒木優太「先生」と呼ばれるのは嫌なのかもしれないので荒木さんといいますが

荒木さんは在野の研究者です

研究者だけど大学教員ではないという方なんです

 

主著にこれからのエリックホッファーのためにという本がありまして

これがかなり話題になりました

 

研究者ではない日本戦後で活躍した在野の研究者たちの評伝集なんです

 

在野研究の心得ということでアカデミズムには入ってないけれども学問研究に興味がある人たちに勇気を与えるような本を書いてたんです

 

学者さんと言うとこの作品についてのこのテーマについてっていう研究が多いんですけど

荒木さんはそうじゃなくて幅広く人文系や文学や文化論に対して関心が深い方です

 

その一環で無責任の新体系という本を出されました

 

この本は非常に面白いのでぜひ読んでください

 

これからどんな本か簡単に紹介するんですけど

こんな紹介よりも100倍この本の方が面白いので 是非読んでください

 

まずタイトルの意味です

無責任の新体系ってどういう意味だっていう話です

 

丸山眞男という日本の政治学者がいまして非常に有名だったんです

現代政治の思想と構造という本が主著んですけど

そこで無責任の体系という言葉が言われました

 

無責任の体系っていう言葉は広くインテリたちの間に広まりました

 

無責任の体系とはなにかと言うと

これは戦争責任を問うたものなんです

 

これは丸山眞男の話です

第二次世界大戦ファシズムが支配した戦争だったんですけど

日本にも日本的ファシズムがあったんじゃないかと丸山眞男はいってます

 

その中に無責任の体系

日本独特の戦争に入ってしまった構造ということで無責任の体系と言われています

 

体系の中身は三つの層に分かれていて中心に役人がいます

これはハンナアーレントのエルサレムのアイヒマンみたいな話に繋がるんですけど

 

役人の上に神輿があります

これが天皇とか絶対的権威のこと

 

役人が中心にいて教育なり政治なり外交なり戦争を支配して

その下に無法者・浪人がいて

これがいわゆる大衆的なところです

どんどん暴徒と化して勢いを増していく

 

例えば日露戦争

小村寿太郎がポーツマス条約を締結をしましたが

日本の国民たちはその条約の内容に不満を持って

日比谷の焼き討ち事件を起こして暴徒になったんです

 

司馬遼太郎はその事件が日本のこれからの悲劇の始まりだったという話をしています

 

そのように暴徒化するのが無法者たちで

無法者役人神輿という三つの体系がいて

それぞれ責任を取れない

誰も責任を持たない

全員の責任になってしまっているのが無責任の体系だとを丸山さんは話しています

 

実際に物を動かしているのは役人なんだけども

役人は暴徒に引きずられるし神輿の権威に動かされる

ただし神輿自身は何も 命令していない

 

っていうような構造

誰に責任があるのかわからないからこそ誰にでも責任があるし

誰にでも責任があるからこそ責任の主体を特定できない

 

っていう独特の構造を無責任の体系と言います

丸山眞男の話で終わりそうなのでこの辺で切り上げます

 

荒木優太さんが無責任の新体系っていうタイトルをつけたのはかなり挑戦的だと思います

 

無責任の体系って丸山眞男という偉い学者が考え出した凄い概念で

しかもそれは第二次世界対戦の日本の太平洋戦争の原因には思想構造に関わるものすごい大事な概念に対して新体系と名乗るのはよっぽど挑戦的なものなんです

 

このタイトルだけでもも凄いな

でサブタイトルは君はウーティスと言わねばならないと 書いてありますけど

どういう意味なのかって話です

 

この本に書いてありますけれどもウーティスっていうのはギリシャ語で何者でもないっていう意味で英語で Nobody という意味です

 

これはオデュッセウスっていうホメロスの叙事詩です

 

一つ目の巨人のサイクロプス

ギリシャ語だとキュプロクスっていう発音になります

そのキュプロクスを退治する時に

 

お前は誰だ

お前の名を言ってみろ

 

とサイクロプスが言うんですね

 

北斗の拳のジャギみたいな

ケンシロウみたいなことを言うんですね

 

俺の名を言ってみろという

この場合はお前の名を言ってみろですけれども

 

それに対してオデュッセウスは名前を言っちゃうと復讐されたり負けちゃうっていう設定だった

機転を利かせて私は何者でもないって言ったら

サイクロプスが困っちゃうっていう感じなんです

 

だからある意味でウーティス何者でもないということで

無責任の新体系で伝えていることは面白くて

 

あなたはウーティス自分自身を何者でもないと言わなければならないと言っていることです

 

普通責任の話って責任を持とうよ無責任はだめだよっていう話がほとんど

でもこの本はあえて 君はウーティスと言わねばならない

 

っていうことは平たく言うと君は責任を取っちゃいけないと

君は自分自身の名前を発してはいけないと言うんです

 

だからこれどういうことなのっていう

この本を読む前の感想です

 

既にこんな感じで面白そうです

タイトルだけで既に謎がたくさんあって面白そうな本じゃないかって事がわかります

 

内容は多岐にわたります

無責任の体系っていう丸山眞男の話から始まって

面白いのは現代の日本の文学者とか評論家とか学者の評論めいたことにきちんと読んでいるところがすごい

 

あとは世の中自己責任っていう言葉が流行っていますけど

この本は直接論じているわけではないですけども

そういうことについて考えてみたい人にも楽しめる本だと思います

 

哲学者のレヴィナスやアーレントっていう日本人が大好きな哲学者がいます

レヴィナスやアーレントは無批判に受容されるような哲学者です

 

レヴィナスがこう言ってた

アーレントがこう言ってたとみんな言いたがる

 

だけど日本の知識人が彼らをどうやって読み込んで自分の意見に落とし込んでいるのかっていうの荒木優太さんはしっかり読み込んでいます

 

若干ハンナアーレントと違うよねとか

 

AさんとBさんはどちらもアーレントを担いでいるけど

担いでいるところが違うよね

 

と言ったアーレントをどう読んでいるかをすごく細かく分析している

すごい本なんです

 

よくこんなに荒木さん日本人の書いた本を細かく読んでるなってすごい

 

無責任の新体系とは何だって言うと

丸山眞男みたいに 新しい体系を作っているっていうわけではないです

 

ウーティスと言わなければならないってどういう意味かって言うと

すごい話端折りますけれども

要するに

 

読みたいように読め

楽しみたいように楽しめ

 

てことなんです

 

結論を言うと物語っていうのは読み方とかコードとかコンテクストっていう風に言いますが

 

例えば前田愛っていう文学研究者が文学テクスト入門という本を書いていますが

コードとかコンテクストに即した読み方を入門させてくれるすごい本です

 

でもこれは頭のいい人じゃないと読めない

 

例えば僕が今言った無責任の体系というのは丸山眞男という人が打ち出した概念で

っていう話はコンテクスト文脈それまでの前提知識を解説しているわけです

これをハイコンテクストな読み方と言います

 

そうじゃなくてローコンテクストっていう読み方はあります

 

それは丸山眞男がそう言ってたとかそんなこと全然関係なくて

ただただこの本を純粋に読んでいって面白いか面白くないかっていうのを感じる

自分の感覚だけで勝負する読み方をローコンテクストと言います

 

それで本当に大事なここで面白いなと思ったのは読書のあり方

無責任の新体系で語られたメッセージなんですが

 

面白くなかったっていう感覚も大事にしてほしいっていうこと

 

ある本を読んでつまらなかったっていう感覚はすごく大事

つまらなかったという感想は2回目に選んだら全然違う感想が出るかもしれない

面白い本でもつまらない本でもそうだけれども

 

昔読んだ本はつまらなかったけど数年後に読んだら楽しかった

学生時代に読んだら面白かったけど数年後に読み直したら全然面白くなかった

 

本当にそういうことがありますよね

 

ヘラクレイトスと言って 同じ川に二度入ることはできないと言ったんですけども

まさにこういうことです

 

同じ本を二度読むことはできない

 

川っていうのは対象が水が変わっているから同じ川に入れないんだけど

 

読書っていうのは自分が変わってるから

物は同じなんだけど同じように読むことはできないと

 

読書体験を大事にして欲しいし

何度も何度も繰り返し読んで欲しい

っていうメッセージもあります

 

丸山眞男とか戦後責任の話も多いんですけど

そういうことに興味がなくても本をどうやって読むかっていうことが最後の方で語られてるので

その章だけ読んでも面白いと思います

 

責任とか難しいことよくわからないって人は最後の章から読んでもいいと思います

 

アーレントの話やレヴィナスの話は責任に関連していて

アーレントはエルサレムのアイヒマンの話だし

レヴィナスは顔っていう概念で匿名とか無限責任っていう話をしている

 

ので荒木さんは取り上げてるんですけど

あの辺の話は結構難しいです

僕もよくわかってないくらい難しいので難しいなって思ったところ

まさに飛ばしてもいい

 

それこそ無責任な読み方

この本こそまさに無責任に読んでほしいと思うんですね

 

レヴィナスとかアーレントとか面白くない

難しいわからないっていう時はもう最後だけ読んでも全然オッケーです

 

ということで無責任の新体系という本をご紹介しました

 

非常に面白い本なので是非とも読んでみてください

比較的新しい本ですしこれから荒木優太さんは活躍されることが見込まれている在野研究者なので

是非とも最初から古参ということでワシが育てたということで読んでいただければと思います

 

本当に面白い本

責任のことを考えたり是非じっくり考える良い機会になります

なので是非読んでみてください

 

今回の動画は以上です

 

この本を読んでみたいとかって思ってくださったらぜひチャンネル登録をお願いします

チャンネル登録よりもこの本を是非読んでほしいと思います

 

冒頭でも言いましたけれども

僕の説明よりかこの本を読んだ方が100倍面白いのでぜひ手に取ってみてください

大きめの本屋に行けばあると思いますので最初と最後のところだけ読んでもいいと思いますので

まずは立ち読みしてみてください

 

無責任に読むっていうことが大事ですね

今回の動画以上です

ごきげんようさようなら

 

参考文献

無責任の新体系 ──きみはウーティスと言わねばならない 単行本 – 2019/2/13

https://amzn.to/2JYbPa2

 

丸山真男の無責任の体系の話はとりあえずこれを

日本の思想 (岩波新書) 新書 – 1961/11/20

https://amzn.to/2U4yxCl

 

超国家主義の論理と心理 他八篇 (岩波文庫)

https://amzn.to/2JOYssL

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。