【読むのが遅すぎ】1冊に1か月かかる人必見!読書スピードを3倍に高める3つの方法




あなたは「読書のスピードが遅すぎる」と悩んでいませんか?

  • 他人が3日で読み終わる本を一か月かかってしまう
  • 読書を中断して、翌日また読み始めると、今までの内容を忘れてしまう
  • 頭の中で音読してしまって遅くなる
  • 試験の問題文を読むのに手間取る

読書スピードが遅いと自分でも読んでてもどかしいですよね。
特に試験で大量の問題文にあたらないといけないとき。
気が気ではありません。

でも大丈夫。

この記事では「読書スピードを通常の3倍にブーストする3つの方法」をご紹介します。

訓練不要。
ちょっと読み方の工夫をするだけ。

今までの3倍速く本が読めるようになりますよ。

方法その1 同時に複数冊を読む

読書が遅いと悩む方。
同時に3冊くらい並行して本を読み進めることをお勧めします。


「こいつ何言ってんの!?」
「それじゃあ余計に遅くなっちゃう!」

ところが、そうでもないんです
おおよそ同じ時間で読みとおすことができます。

例えば1冊に1ヶ月かけて読んでいる。
そしたら同時に3冊読むことで、なぜか1か月で3冊読めてしまうものです

普通、あなたにとって読書と言えば
「1冊読み始める→1冊読み終える」
という過程を進みますよね。

これだと、1冊読み終わったら、なんか一息ついてしまいませんか?

「3冊同時に読み始める→3冊同時に読め終える」
このほうが、はるかに作業効率が高いのです

なぜなのか?
人間の脳と言うのは「長時間同じものには向かえない」性質なのです。
読む本を切り替えれば、脳も切り替わります。

例を出すと、受験生。
勉強のできる受験生は、いろんな教科をちょこちょこと切り替えながら、平行して勉強していますよね。

読書をするときも全く同じなのです。
読むスピードが遅い人ほど、「いろんな本を並行して読む」ことを意識してみてください。

方法その2 この本は3日で読みきると制限時間をあらかじめ決める

その1冊にかける時間をあらかじめ決める。

これは早く読むための、ある意味で究極的な方法です。
本当に読むのが早い人は、この方法を実践しています。
つまり

  • この本は5分で読む
  • あの本は30分で読む

と、時間制限しているのです。

ちなみに読むスピードを上げるコツ。
それは「繰り返し読むこと」です。

なんだか「とんち」みたいですね。
でも本当ですよ。

例えば「ある本を1時間で読み切る」と設定しましょう。

そうすると、1時間でとりあえず最後のページまでめくります。

それで3日後に、また「1時間」で、もう1度読んでみましょう。
明らかに2回目の方が、1回目に読んだときよりも理解力が上がっているはずです。

これを5回か10回繰り返す。
そうすれば、もうあなたは「その本をほぼ完璧にマスター」することができます。

  • 「1か月かけて1回最後まで読み通す」

これよりも

  • 1時間の読書を10回繰り返す

このほうが、圧倒的に理解力が高まります。
これは本当に魔法のようですが、確かな効果を発揮します。

方法その3 線が引けたら次のページに進む

本を全て読もうと思わないこと。

文章を最初から最後まで読むのではなく、
「このページに線を引こう」という考え方で本を読みましょう。

1ページの中で重要な文章はだいたい1文か2文です。
「その線が引ければ良し」と考えて次のページに進みましょう。

  • 理解できたところ
  • なるほどと思ったところ
  • 自分にとって面白かった箇所

どんどん線を引く。
引けたら次のページへ行く。

これだけで読書のスピードは5倍くらいになりますよ。

まとめ

「読書のスピードが遅すぎる」と悩むあなたへ
「読書スピードを3倍に高める3つの方法」についてご紹介しました

もう一度まとめると次の通りです

  • その1 3冊同時に読む
  • その2 1冊を読むのに制限時間を決める
  • その3 線を引いたら次のページに進む

この3つの方法を実践すれば、あなたは1か月で3冊以上本が読めるようになりますよ。

それを半年1年と継続していけば、読書量はさらに倍倍のスピードで上がっていきます。