【30分以上本が読めない】長時間集中も楽々!最適な読書姿勢をつくる5つの方法




あなたは「読書中に体が痛くなる」と悩んでいませんか?

  • 本を読むと、すぐ身体のどこかが痛くなる
  • 30分も読んでしまうと腰が痛くて仕方ない
  • 喫茶店や図書館で長時間勉強したいのに、、、

読書って、カラダが痛みますよね。

ここでもう、次の命題を受け入れましょう。

  • 「読書とは体力勝負である。」
  • 「読書で使うのは、頭脳ではない。身体である。」

長時間の読書は、身体に痛みを生じさせます。

頭。首。肩。背中。腰。腕。尻。足。

身体のあらゆる部位が、読書をやめろと悲鳴をあげてきます。

だから、あなた自身の「読書姿勢の型」は把握したほうがよいですね。

読書も、スポーツや武道のように、姿勢や型を意識しましょう。

この記事では、「あなたに最適な読書姿勢を知る5つのポイント」をご紹介します。

  • 楽な姿勢がわかる
  • 長時間の読書ができる
  • どこでも無理なく読書ができる

あなたの読書に革命を起こしましょう。

ちなみに「眼の疲れ対策」に関しては、こちらで解決方法を書いてみました。

【本を読むとすぐ目が疲れる】長時間の読書は道具に頼れ!ラクラク読める3つのツール

2017.06.22

ポイントその1 「いま集中していたな」という瞬間を見つける

あなたはどんな姿勢が集中できるのか?

これを見つけるのが、初めです。

それを考えるには、読書中、ふと気が付いたとき、

「自分はどんな姿勢をしていたか?」
これを確認しましょう。

読書中、ふと、
「あ、いま集中していたな」
というとき、ありますよね。

そこです。

ポイントその2 集中できた場所はどこ?

場所はどこか?

まず場所を大きく分けると、こんな感じ。

  • 家なのか?
  • 外なのか?
  • 乗り物なのか?
  • お店なのか?

そして、さらに絞ってください。

  • どの部屋か?
  • デパートの休憩所か、公園か?
  • 電車か、バスか?
  • 喫茶店か、ファミレスか?

このデータは、多いほどいいです。

  • 1か月くらい調査するつもりで、
  • データ収集のつもりで、

どんどんメモっていきましょう。
(まさにセルフハック!)

ポイントその3 集中できた姿勢はどんな体勢?

姿勢はどうか?

  • 座って読んでいるか?
  • 寝っ転がって読んでいるか?

座位姿勢ならば、どこに座っているか?

  • 床か?
  • 椅子か?
  • ソファーか?

もちろん、どんな座り方で読んでいるかも確認しましょう。

  • 背筋をピシッと伸ばしているか。
  • 足を組んでいるか。
  • 顔と本との距離感は?
  • 本は机に置いている? 手や腕で支えている? 

臥位姿勢ならば、どこに寝転んでるか?

  • 畳か?
  • 布団か?
  • ソファーか?

もちろん、どんな寝かたで読んでいるかも確認しましょう。

  • あおむけ、うつぶせ、よこむき
  • 布団やブランケットをかけたほうがいい?
  • 照明は? 昼の自然光? 夜のライト?

ポイントその4 あなたの読書中のクセを探す

読書中のくせなどはあるか? 

たとえば

  • 飲み物がそばにあるほうがいいとか、
  • 頭や髪の毛をずっとさわってるとか、
  • まわり空間が広い方がいいとか、
  • 狭い方が落ち着くとか、
  • 壁によりかかっているとか。
  • 寝ながら足をあげて、壁にかかとをつけているとか。

こんなふうに色んな状況を集めていきましょう。

そうすると、あなたが読書中に無意識に行う「身体的なスタイル」
これを完全に把握できます。

ポイントその5 鼻くそをほじりながら読めば集中できる?

ポイントというか、ケーススタディです。
「わたくし高等遊民の場合」ということでお聞きください。

わたくし家での読書は、

  • ふとんで寝てるか
  • 畳の上にあぐらをかいているか

どちらかが、多いようです。

ふとんでは寝しなに、よこむきで読んでいます。
本は枕元に半分置いて、もう半分を片腕で吊りあげています。

ベッドで寝ながら読むのが集中できると気が付いたので、
こんなものを導入してみました。

寝ながら読書エジソンの読書用品
寝ながら読書(amazon)

ちょっと笑えるほど使えます。
本を支える腕の負担がなくなります。
なので、大体腕を組んで読んでいます。

たいてい夜に使うので、そのまま寝てしまってもOK。
(休日の昼は、あんまり使いません)

それに、人間は起きた時が1番頭が冴えています。
「起きた瞬間から読書ができる」というとんでもないツールです。


あぐらは足に本を置いています。
長時間は、首が痛くなるので不可。

外にいる場合は、「電車内」。
ここがどうも集中できるんですね。

座っていると、時々眠いので、その時は立ちます。

私の場合、

  • 喫茶店や図書館での読書
  • 机の前での読書

これはなかなか難しいんです。

それと最近気が付いたのが、

家で読書中、なぜか必ず鼻くそをほじっている、ということ。

汚い話ですみません。
でも、なぜかこれが圧倒的に集中できるのです。
だからティッシュかゴミ箱がそばに必要です。

こんなことが分かるだけでも、
あなたの「読書まわり」を調べてみる価値はあるのではないでしょうか?

まとめ

「長時間の読書で体が痛くなる」と悩むあなたに
「集中できる環境づくり! あなたの読書スタイルを知る5つのポイント」についてご紹介しました。

  1. 今集中していたなと言う瞬間を見つける
  2. 集中できた場所はどこ?
  3. 集中できた姿勢はどんな姿勢?
  4. あなたの読書中の癖はある?
  5. 「鼻くそほじれば集中できる」という謎

ぜひ、あなた自身を、精査してみてください。

私は、鼻くそを発見しました(笑)

「では鼻くそがなくなってしまったらどうするのか?」

これは目下研究中の課題です。

こちらも合わせてどうぞ
  1. ラクに朝1時間早く起きて、読書や勉強しませんか?→光目覚ましで朝5時起きを楽勝で習慣化!
  2. 本読みたいけど全然集中できないあなたは→【読書ですぐ眠くなる】月50冊読むニートの読書法
  3. "amazon読み放題"30日間無料体験を使い倒す!→まず読書論を2冊読み、大量の文庫・新書で圧倒的な知識を!