【オデッセイ】マットデイモンの傷の原因は?最後に全身あざだらけの理由はなぜ?




マットデイモン、全身傷とあざだらけなのはなんで!?

 

物語の終盤になりマット・デイモン演じるマーク・ワトニーがシャワーから出て体を拭くシーンがあります。

 

この時461ソル目で体はやせ細り、上半身にアザのようなものが見えるんですよね。

そしてそして、脱出するためのMAVに乗り込む直前

宇宙服に身を包む前に再度裸になりバリカンで髭を剃り髪形を整えるシーンでまたもアザだらけの体が映るんです。

そんな怪我するようなシーンあったっけ?

 

痩せるのは分かるけど痛々しい傷とアザはなんで?

 

そんな素朴な疑問を追及しようと思います!

  1. マーク・ワトニーが負った傷とは?
  2. アザの原因になりうるものは?
  3. 傷の治りが遅くなる原因とは?

 

あれだけ厳しい環境下で一人で作業となればケガも絶えないでしょうが、原因はそれだけではないんです!

火星で生き抜いたマーク・ワトニーを振り返りながら謎に迫ります!

 

【オデッセイ】マットデイモンの傷の原因は?最後に全身あざだらけの理由はなぜ?

映画オデッセイの撮影場所はどこ?火星のシーンのロケ地を紹介!

 

マーク・ワトニーが火星で負った傷・ケガの数々。

まず火星に一人取り残される原因となった事故がありましたね。

それは大砂嵐により飛んできたアンテナがワトニーに直撃した事故

これにより作業服に穴が開き、その他クルーに死んだと思われてしまいました。

しかし実は刺さったアンテナは服を突き破り腹部に刺さっており、出血したことで作業服内の酸素が漏れずに一命をとりとめていたんですよね。

この時の痛々しさっていったらもう。。

 

その後に気合でアンテナ抜いて体内に残る金属片を取り出すシーンで思わず顔をしかめちゃいます。

絶対私なら泣き叫ぶか気絶してます。

もはや生きる気力もなくなってますね。

 

そんな重症を負いながらも火星で生き抜こうと決意するワトニー。

食いつなぐためにじゃがいもを栽培し始めます。

ここで必要なのが水。

 

火星に水は存在しないので作るほかありません。

窒素と水素で水を作り出そうと試みます。

 

が、水素の燃焼に失敗したワトニーは爆発で吹っ飛んでしまうんですね。

 

この時の服装はロンT一枚。

爆発で髪は焦げ、顔にも火傷を負ってしまいます。

このように、劇中でケガをしたことが確認できるのは

  • アンテナが腹部に刺さって負傷
  • 水素燃焼時に爆発が起きて火傷

 

この2つぐらいなのですが、あんなにアザができる原因はまた別のようです。

もっと詳しく調査しましょう。

 

マットデイモンの体中がアザの原因は多数!

【オデッセイ】マットデイモンは役作りで何kg痩せた?身体や筋肉は別人?

アザはよく打ち身とも言われますよね。

体を固いものにぶつけたり転んだりするとその部分の皮膚が赤や青くなる症状。

まぁ、マーク・ワトニーは火星っていう人間の生きていけない環境で生活するわけですから地球で生活するよりケガのリスクは高いでしょう。

 

前述の水素燃焼時の爆発でも体を強く打ち付けていますし、

じゃがいも栽培していたハブに穴が開いた時はエアロックごと吹き飛ばされましたし

頑丈なヘルメットにヒビが入るほどの衝撃ですから体への衝撃もよほどのものだったでしょう。

 

その他にも一人過酷な作業をこなしていたわけですから体中ケガしていても無理はありません。

しかしそのケガを持ってしても

↑これほどまでのアザができるだろうか?(見づらいな)

 

他に要因があるとするなら

  1. 危険と言っていたプルトニウム?
  2. それとも栄養失調による影響?

背中にアザが多いように見えて真っ先に怪しんだのがプルトニウムです。

しかしこれ、調べてみるとどうやらアザの原因にはなっていないみたいなんですよね。

 

ヒーター代わりに車の後部に乗せていたものはRTG(放射性同位体熱電気転換器)というもの。

この放射性同位体にはいくつか種類があるみたいなんですが、本作ではプルトニウム238が選ばれていたようです。

劇中でも

  • 「危険だから地中に埋められていた。」
  • 「掘り起こさないように目印をつけている。」

 

なんて言ってましたから余程危険なものなんだろうって思っていましたが、

この同位体は「ペレット状(小さなかたまり)になっており、外側の容器が壊れても放射線が漏れることはない」みたいなんです。

なので被爆して皮膚が~!ってことはないんですね。

 

次に「栄養失調による影響」ですが

これはかなりありますね!

しばらくの間じゃがいもしか食べれてないんです。

栄養が偏っていて当然です。

その影響でどんなことが起こるかというと

  • 血管が弱る
  • 肌の乾燥
  • 血液が健康でなくなる

などなど、これらがアザができやすい原因を作るんです。

他にも屋外作業などで紫外線を浴びるとメラニンが増えてシミがアザのように残ってしまったり。

つまり火星にいなくとも同条件で地球に生活していれば体中にアザができやすくなるってことです。

ちなみに私はお酒を飲んだ次の日に足やら腕に無数のアザができるんですが、もしかしたら無茶をしているのかもしれませんね。

 

傷が治りづらいのは体のSOS信号!

【オデッセイのネタバレ】結末は原作と一緒?違いや最後の一文の意味を考察!

マーク・ワトニーは恐らくただケガやアザを作ってしまっただけではなく一度負ったダメージを完治しきれていない感じに見えますよね。

傷やアザなんて通常数日~1カ月くらいで治るもんです。

火星から飛び立つ直前に大きな事故でケガをしない限り体中にアザがあるなんて考えられません。

となると「傷やアザが治りずらい状態」で体に残ってしまっているんじゃないでしょうか?

ではなぜそんな状態になるのか?

原因は

  • ビタミンCの不足
  • ストレスと活性酸素がたまっている

 

このことによって「皮膚再生能力の低下」が起きているからだと思われます。

劇中でビタミン剤がどれだけあったかは不明ですが、食事制限によるカロリー不足とともにビタミンCも不足していたんではないかと考えられます。

ビタミンCといえば美肌に必要な栄養素ですが、体を作るたんぱく質の生成にも関係しています。

なので傷口をふさぐための新しい皮膚がビタミンCの不足により、なかなか作られず治りが遅くなってしまうんです。

 

そしてもう一つが「ストレス」

これは相当溜まっていたでしょうね。

火星に一人きりで生き延びなくちゃいけないんですから。

劇中でも精神が限界な場面が何度かありましたし。

 

このストレスは活性酸素を生みます。

活性酸素は老化を早めて体の治癒力を邪魔します。

このような原因からワトニーの傷は治りづらくアザだらけの体になってしまったのかもしれませんね。

 

まとめ:傷・アザの原因は多数!栄養の偏りとストレスで治りづらくなっている!

オデッセイでマットデイモンの傷の原因は?最後に全身あざだらけの理由はなぜ?

  1. マーク・ワトニーが火星で負った傷・ケガの数々。
  2. 体中がアザの原因は多数ある!
  3. 傷が治りづらいのは体のSOS信号!

 

病は気からとはよく言いますがストレスが体に及ぼす影響は大きいですね。

ケガを早く治すためにも、アザを作らないためにも栄養バランスは意識しなければいけません!

火星では厳しいですが日本に住んでいればなんとかなりそうですね。

映画オデッセイで中国資本が登場する理由は?原作小説は不自然でヨイショなの?

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。