洋書おすすめ小説は?面白い本格古典で絶対挫折しない1冊




洋書で英語の勉強したい人に、超おすすめの1冊があります!

それはオスカー・ワイルド『サロメ』です。

英語の勉強にぴったり! リライト一切なしの本格英文学

英文学史の教科書に必ず載っている本格派の作品です。

大作家ワイルドの代表作。知らない人間はいないくらい有名です。

特徴?

  1. 薄い。
  2. 短い。
  3. おもしろい。

もう読んでみたくて仕方がないですね。

英語も超簡単です。
難しい単語などめったに出てきませんよ。

 

「リライトとかじゃなくて?」

違います!
学習者向けのリライト、一切なしです。

「リライトされている小説ってなんかなあ」
「せっかくなら原書に挑戦したいよなあ」

と、リライトペーパーバックを読む気にならないあなたにも、超おすすめですよ!

英語版はたとえばここ。
Salome – Salomé by Oscar Wilde

内容を簡単に紹介しますね。

いかに簡単な英語を使っているかわかると思います。

 

『サロメ』の英語は超簡単! 挫折しないペーパーバック小説!

そもそもサロメってどんな話?

サロメとは、新約聖書の登場人物のお姫様です。

舞台は、新約聖書ですからイスラエルのあたり。
その頃は、古代ローマ帝国の属州でした。

サロメは、その属州と統括する領主の娘です。

彼女を主人公に、ワイルドが一幕の戯曲として執筆したものが『サロメ』なのです。

ビアズリーの絵も有名ですね。

 

さて、では実際に本文を、上記のリンクから引っ張ってみましょう。

最初のセリフ

THE YOUNG SYRIAN

How beautiful is the Princess Salome to-night!

はい、簡単でしょう?

書き出しでこんなに簡単なら、勇気と希望を与えてくれそうですね!

これは文法的には本当にただの感嘆文。
なので、中学1年生の終わりには読めますね。

SYRIANはシリア人です。

次のセリフもいってみましょう。

THE PAGE OF HERODIAS

Look at the moon. How strange the moon seems! She is like a woman rising from a tomb.

She is like a dead woman. One might fancy she was looking for dead things.

あらら? ちょっと難しい?

大丈夫です!

まずPAGEは召使という意味です。
HERODIASは人名。王妃、サロメの母親の名前です。

Look at the moon. はそのまんまですね。舞台は宮殿のベランダです。

How strange the moon seems! も、さっきの感嘆文と全く同じ構造です。

seems は is に置き換えられます。「なんて変な感じの月なんだろう!」

She is like a woman rising from a tomb.

文法的に分かるけど、内容がよく分からないですね。

まずShe が指すものは moonです。
Salomeじゃないです。
ちなみに、このへんがワイルドの巧みな表現なんです(読めば分かります。月とサロメがsheという単語で同化するんです。)

tomb は「お墓」
「トゥームレイダー」のtombですね。
ボブディランの”tomb stone blues”という曲のtombですね。
「墓から rising」です。

「なんて奇妙な月だろうか。まるで墓から起き上がってきた女のようだ。」 

こんな感じですね。文法や単語で難しいことは、本当にないと思います。

 

次の文章。

One might fancy she was looking for dead things. 

fancyが動詞で使われていますね。
こういうところは辞書を引くと良いですね。「~だと思う」的な意味になります。
look for は「探す」です。

「(月は)まるで、しんだものを探しているようだ」という訳になります。

 

「なんかムズくない?」

え、挫折しそう? 

大丈夫です。またすぐ簡単に戻ります。

FIRST SOLDIER

The Tetrarch has a sombre aspect.

SECOND SOLDIER

Yes; he has a sombre aspect.

FIRST SOLDIER

He is looking at something.

SECOND SOLDIER

He is looking at some one.

FIRST SOLDIER

At whom is he looking?

SECOND SOLDIER

I cannot tell.

めちゃめちゃ簡単ですよね。
Tetrarch は領主のことです。

これ、現代のリライト一切なしですよ。
中学生でも読めますよね。

洋書を読もうとして挫折する理由が『サロメ』にはない

洋書を読む時、挫折する原因ってなんでしょうか?

たとえば、ペーパーバックを読んでいると、

一文につき辞書を何度も引かなければならない。
引いている間に、文脈も忘れてしまう。
辞書を調べたけど、文全体の意味がよく分からない。

こんな「あるある」ないですか?

だからペーパーバックの選び方としては、

「辞書をそれほど引かなくてもいいくらいの難易度」

これくらいがちょうどいいと言われています。

さて、上記の会話のくだりを振り返ると、辞書を引かなければならないのは、たった2つくらいです。

Tetrarch は「領主」。
あとひとつは sombre でしょうね。

これは辞書を引いてみると、「暗い」「陰鬱な」という意味です。

それが分かれば aspect と合わせて「暗い表情をしている」みたいな感じですね。

tell も understand 的な意味です。

 

こんな調子で、簡単で短いせりふが続くし、時々長いセリフも出てきます。
が、それは大抵繰り返しや対句で、苦もなく読めます。

ローマ時代や聖書の用語が時々出てくるのと、あとはワイルド特有の多彩な比喩が出てくるくらい。
19世紀末の一級作品が、リライトなしで読めます。

ちなみにワイルドは『サロメ』をフランス語で書きました。
それをワイルドの友人が即座に翻訳したのが、この英語版です。

フランス語でも簡単です。
フランス語の勉強している人にもおすすめですよ。


今回は具体的な作品のおすすめでした。

「もっと全体的に洋書を選ぶコツを知りたい!」

という方は、良かったらこちらもご覧ください。

(関連記事)【英語の勉強で洋書を読む】買って後悔しない!選び方の5つのコツ

おすすめの翻訳は、光文社古典新訳文庫です。
注釈と解説が豊富で、聖書やローマ時代の、なじみのない言葉や概念を詳しく説明してくれています。

オスカーワイルド『サロメ』

オスカーワイルド『サロメ』(クリックでAmazonへ)

しかも、アマゾン読み放題サービスなら無料で読めます!

ぜひ利用してみてください。

詳しくはこちら↓

【光文社古典新訳文庫kindle】無料読み放題で評判高いおすすめ作品はコレだ!

面白い本を大量に読む秘訣は?
  1. ラクに朝1時間早く起きて、読書や勉強しませんか?→光目覚ましで朝5時起きを楽勝で習慣化!
  2. 本読みたいけど全然集中できないあなたは→【読書ですぐ眠くなる】月50冊読むニートの読書法
  3. "amazon読み放題"30日間無料体験を使い倒す!→まず読書論を2冊読み、大量の文庫・新書で圧倒的な知識を!
  4. 文学・哲学作品が読み放題→光文社古典新訳文庫の名作文学を紹介
  5. 教養の高まる新書も読み放題→光文社新書kindleの絶対面白いおすすめ本はコレ!


記事の感想・疑問・リクエストなどなど、お気軽にコメント欄へお寄せくださいませ!