語学学習アプリmemrise利用者は有料版(Pro)に登録すべき?

   

 

はじめに結論。(※個人的意見としてのレビューであることをご了承ください。)

 

iphone(=iOS)なら有料版登録はオススメできない。(iPad含む。)

Androidなら有料版の登録を検討する余地あり。

 

多言語語学学習アプリMemrise(メムライズ)は、フラッシュカード方式の単語暗記アプリ。

英語はもちろん、フランス語、ロシア語もっとマイナーな言語まで、

非常に多くの言語の学習コースが用意されている。

 

そして楽しく効果的に単語が学習できると評判のアプリだ。

確かに問題に解答するときのテンポもいいし、使用感は快適。

 

いくつかの機能は無料で利用できるが、pro という有料版も付属している。

memrise によると、「全ての機能がフルででき、無料版の7倍の効率がある」と謳われるものだ。

 

memrise にはスマホアプリのほかにWeb版もある。しかしこの記事では、主にスマホで利用することを念頭におく。

memrise ダウンロード関係はこちら

メムライズ、無料で語学学習を App Store で – iTunes – Apple

メムライズ、無料で語学学習 – Google Play の Android アプリ

 

Memrise pro(有料版)を100時間以上使用した感想

Memriseの紹介記事自体は、多くはないがいくつか検索することができる。

とはいえ、その多くは紹介にとどまる。

memriseの使い勝手を検索する人が、本当に情報として知りたいことは以下のようなことだろう。

 

  1. 実際にこれだけで語学ができるようになるのか?
  2. 本当に単語を忘れないのか?
  3. 無料版と有料版ではやっぱり効果は違うのか? 
  4. 有料版に登録することにメリットはあるのか?

 こういう実利的な評判について率直にレビューした記事は、まだほとんどないと言える。

 

しかも、iphone(iOS)とAndroidでは利用できる機能や学習モードの仕様が異なっている。

筆者はたまたまiphone(iOS)とAndroidを両方所持していたので、その違いに気が付いた。

 

そして結論の先取りの繰り返せば、iOSでの有料版は、Memriseが今後機能改善されない限り、現状では決しておすすめすることはできない。

これは筆者が100時間以上メムライズを使った上での感想・レビューだ。

 

(関連記事)

旅行会話目的でmemriseのロシア語単語を10日で1000語学習

 

Memrise の簡単な紹介

Memriseというアプリについて、内容をごく簡単に紹介しよう。

 

Memriseは多言語学習アプリ。

各言語の学習コースは、公式コースのほかに、ユーザーが作成したコースも利用できる。

多くのコースは学習単語・フレーズに音声もついており、自分でも声に出しながら学習を進めていける。

 

学習はクイズ形式で、ほとんどすべて翻訳問題で構成されている。

クイズ形式はおおむね2種類。

 

・選択問題:音声を聞いて、または文字を見て、単語を選択。4択・6択。

・入力問題:翻訳を見て、単語をキーボードで入力

 

memriseで利用可能な学習方式

学習方式は以下の6つ。最初の「新しい単語の学習」以外はすべて復習である。

暗記には復習が必須だから、豊富な復習形式を用意したのは、理に適っていると思う。

同じパターンの学習だと定着効果も低下する。

 

1「新しい単語の学習」

 新たな単語をクイズ形式で暗記。

 

2「クラシック復習」

 上で覚えた単語は復習範囲となる。そこから出題。

 

3「スピード復習」

 復習クイズを文字選択問題に限り、時間制限付で出題。3回間違えると終わり。

 復習すべき単語が多い場合はこれを利用すると快適。サクサク進む。

 むしろ、何百語も復習すべき場合は、ほかの復習モードでは時間がかかってつらい。

 

4「難しい単語」

 新規学習や復習で何度か間違えると、難しい単語として分類される。

 分類された単語の中から、1セット4語程度を集中的に学習。

 つづりをなぞらせ、選択問題を出し、最後につづりを入力。

 1語につき30秒~60秒はかかる。快適さは最も低い学習方式。

 

5「リスニング能力」

 音声問題に限定した出題。音声問題重視で復習したい人にはうってつけ。

 快適さもそこそこある。

 

6「ビデオ学習」

 映像付きで学習。利用できる言語が限定されている。

 Memrise公式の用意するコースの言語には、大体設置されている。

 今後順次いろいろな言語で増えるかと思う。

 

無料版と有料版での違いは利用できる学習方式の数

さて、memriseアプリの無料版は、上記の6つの学習方式のうち最初の2つのみ利用できる。

つまり、新規単語学習と、通常の復習の2つだけ利用可能

 

はじめはこの2種類でも十分なのだが、学習済みの単語が増加するほど、復習に時間がかかる。

 

だから、本格的に腰をすえて取り組んでいれば、有料版を登録してみようか悩むようになると思う。

「7倍の速さで学習できる」とかなんとかうたい文句が出て来て、魅力的に見える。

 

その7倍の実態とはなんだ。これは筆者の勝手な解釈だが、結局は「スピード復習」に帰着する。

復習すべきが単語が多すぎるときには、「スピード復習」がきわめて快適である。

というより、快適さを重視するなら「スピード復習」以外はつらい。

 

ただし! ただし、定着効果のほどは不明。何もやらないよりまし程度の認識でちょうどいいと思う。

「スピード復習」は確かに快適だが、誤答しても正解を確認できずに、さっさと次の問題へいってしまう。

だから自分で正答を確認しないと、何回問題に出されても間違えてしまう。

ちなみに筆者はロシア語をMemriseで学習したが、動詞に関しては「スピード復習」を繰り返すだけでは、何回やろうとほとんど暗記できないとわかってきた。似たようなつづりの単語が多いからだ。

 

ほかの学習方式も確認しよう。

「難しい単語」はどうしても定着しない単語について時折学ぶにはいいが、基本的には時間がかかり、快適性に欠ける。

 

「リスニング能力」は役に立つ/立たないが、学習コースによって異なる。

音声のついていないコースだともちろん役に立たない。

あと音声が雑に入っているコースもある。ユーザーが有志で作成したものなどに、粗雑な音声データが多い。

単語ごとによって音量が全然違ったりするので、全然聞こえない単語、音割れするほどうるさい単語が入り混じる。

公式コースならその辺りのクオリティは比較的安定している。 

 

 

pro 有料版のメリットとは?

さて。思うに有料版のメリットとは、「スピード復習」を利用できることにある。

だから、無料版を十分に使い、Memriseの学習方式が自分にとって快適だと感じた人が、本格的に学習しようという場合には、有料版を登録してもいいかもしれない。

 

しかしここで非常に重要な事実を指摘しなければならない。

「スピード復習」はiOS版のアプリでは利用できない謎仕様になっている。 

 つまりスマホならAndroid版でしか「スピード復習」は利用できない。

 これは恐ろしいことだ。有料版に登録したのに、使えない機能がある。笑えないギャグである。支払った側からすれば、たまったものではない。

 

(修正)

iOS版では、公式コースのみ、スピード復習は利用できるようです。

しかし、ユーザー作成のコースではできません。謎です。(2016年12月現在)

memriseで学習を進めていけば、ユーザー作成のコースも普通に利用します。

 

 

まとめ 有料版に登録すべきか?

ここまででまとめよう。

・有料版のメリットは「スピード復習」「難しい単語」「リスニング能力」「ビデオ学習」が利用できること。

・「スピード復習」はAndroid版で利用可能。iOS版では公式コース学習時のみ利用可能。

・「難しい単語」は快適じゃないのであまり使われない。

・「リスニング能力」のクオリティはコースによって異なる。

・「ビデオ学習」は利用可能言語が少ない。同じ語でも話者によって発音が違うので、そのあたりはおもしろい。

・つまり間違いなく役に立つのは「スピード復習」のみ。

・無料版を十分に使った上で、Androidの人なら、有料版を登録してもいいかも。

 

有料版に登録してロシア語学習を100時間以上使用した上でのレビューは、こんなところです。

 

(おまけ)

書いていて気が付いたが、語学学習と「快適さ」の関係については真面目に考察する必要がある気がする。

「快適さ」と「学習効果」は決して比例関係にはない。

快適さを優先することで、犠牲となる学習効果は確かにある。(たとえば「スピード復習」で間違えたら、いったん立ち止まって正解を確認してくれてもいいはず。)

とはいえ「快適さ」を奪ってしまうと、そもそも学習に取り組むことができなくなる。(「難しい単語」はあまりやる気にならない。まして紙媒体での市販の単語帳など!)

Memriseは決して万能なアプリではない。それは他のどんなアプリでもそうだ。

ただ、自分にとって、ほかよりもマシなものを選ぶことが、継続を可能にさせるひとつの方針なのだと思う。

 

ちなみに筆者はMemriseでロシア語を100時間ほど勉強した後、モスクワへ旅行してきました。

当然ながら全く聞き取れませんでした。店で注文する際や、話す際に覚えている単語を発する程度にとどまります。

ただし間違いなく、学習をまったくしなかったよりも、はるかにマシではありました。

 

 - 英語 , , ,