「 日本文学 」 一覧

牧野信一

【オレ氏「」を最初に使った天才作家】牧野信一の小品『凸面鏡』を読む

牧野信一は、異様な文学者である。   牧野信一の小品集(冊子)を読んで …

高等遊民がアイデンティティを保つために死守すべき鉄則を知れ

夏目漱石『それから』を精読し、高等遊民の生活心得を学ぶ。 前回に学んだ高等遊民の …

若松賤子『小公子』明治に活躍した女性翻訳家

『小公子』誕生の秘密|明治の女性が出産子育てのかたわらに翻訳

女性翻訳家の草分け若松賤子(しずこ)。 旧姓および本名は、松川甲子(かし)。生年 …

清少納言『枕草子』はタイトルで読者を釣り上げる平安の天才ブロガー

突然ですが「春」といえば何を連想しますか? 10個くらい適当に頭の中で考えてみて …

ニート必読の漱石『それから』で高等遊民の生活を学ぶ

夏目漱石『それから』の主人公、長井代助は、いわゆる高等遊民の代表として描写されて …

斎藤緑雨『小説八宗』は明治文学への挑戦的なパロディだった

風刺作家としての斎藤緑雨(1868-1904)の出世パロディ『小説八宗』について …

小林多喜二『蟹工船』あらすじと評価|三浦綾子『母』映画化情報も

小林多喜二と、多喜二の母を描いた小説『母』(三浦綾子作、1992年)が、2017 …

夏目漱石

面白ければ描写なんか矛盾してもいい|夏目漱石「自然を写す文章」

写生文とは、対象をあるがままに写した文章である。この説明は、正しくもあり、間違っ …

夏目漱石

作家を志す学生へのアドバイスとは|夏目漱石「文学者たるべき青年」

  2017/02/16    夏目漱石 ,

漱石が、旧制中学(およそ現在の高校)の学生向け雑誌に寄稿した、「文学者たるべき青 …

夏目漱石

作家と読者は対等の関係である|夏目漱石「女子と文学者」より

夏目漱石は特に男女平等に対する意識を持っていた人ではありませんが、「女子時事新聞 …