エチオピア物語/ヘリオドロスあらすじ




 

3世紀ころに活躍したギリシア作家ヘリオドロスの小説。

原題はAithiopika。そのまま読むと「アイティオピカ」だが、翻訳では『エティオピア物語』となっているので、「エチオピア」と表記。

 

厳密にいうと、「小説」という概念は近代以降に現れるもの。

ギリシアには『ダフニスとクロエー』のような伝奇物語がいくつかあるので、それらを「ギリシア小説」と呼んだりする。

 

『エティオピア物語』は構想が雄大で、プロット・筋の運びも巧妙であり、文体も高度に修辞的ではあるが、冗長さや晦渋さはあまり見られない。

 

『エティオピア物語』あらすじ

美青年テアゲネスと美少女カリクレイアの恋と運命を描いた物語。

カリクレイアは、エティオピアの王女として生まれたものの、褐色の両親に似ず、白い肌で生まれついた。

そのため、妃が王に自らの不貞を疑われることを恐れ、カリクレイアは王の知らない間に、捨てられてしまう。

カリクレイアは拾われ、その後ギリシアの神官に引き取られ、ギリシアのデルフォイで成長する。

そしてデルフォイで、もう一人の主人公テアゲネスと出会うことになる。

互いに恋に落ちた2人はエジプトの神官カラシリスの助けでデルフォイを抜け出し、その旅路でさまざまな危難に遭うことになるが、遂にエジプトの海岸へたどり着く。

 

エジプトに到着した後、テアゲネスとカリクレイアは一時的に離れ離れになるが、メンフィスで再び落ち合う。

2人はとにかくたくさんの困難に見舞われるが、時に兄妹と偽り、あらゆる手段を講じて生命や純潔を脅かす試練に耐えていく。

 

最後に、当時ペルシア軍と交戦中であったエチオピア軍の捕虜となり、エチオピア軍の勝利が決まると、カリクレイアの故国へ連れられる。

捕虜の2人は、エチオピア軍の祝勝のために人身御供として犠牲にされてしまう。

しかし、儀式の直前、王女カリクレイアの素性が判明し、エチオピアの王と王妃もこれを認め、2人は生きることができ、晴れて結ばれる。

その後は、神官職を継ぎ、2人は幸福な生涯を送る。

 

 

 

 

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。