福山雅治の声優は上手いのか下手なのか?未来のミライの評価は?




高等遊民が未来のミライを見てきたんですけど

声優で福山雅治さんが出てます

 

くんちゃんって言う主人公の「ひいおじいちゃんの若い頃の役」を演じるんですね

 

福山雅治が声優をやるっていうのは結構珍しいことなんですよ

今までにはちょっと調べたら2011年のドラえもんの鉄人兵団

福山まさあきってほとんど本人役で出てきてる

このたった一回だけなんです

 

だから実質初めての声優としての福山雅治っていう感じなんですけど

これがどういう評判になるのか

私の感じた限りでお話ししていきたいと思います

 

福山雅治の声優は上手すぎる

結論から言うとねめっちゃくちゃうまかったですよ

福山雅治だってわかってるけど福山雅治じゃないみたいな感じですね

 

私なんかは絶対に「ちい兄ちゃん」(ひとつ屋根の下)を予想してました

完全、福山の声になるだと思ってたんですけど

全然福山雅治には聞こえない

 

むかしの横浜の方言なのかな 自然で上手

足おじいちゃんの若い頃ってのは終戦直後のおそらく1950年前後だと思うんですけれども

本当に落ち着いた低い声で

しかも横浜弁て言うんですかね

なんか方言混じりの喋り方のセリフなんですよ

それがまあ自然で素晴らしかったですね

 

語尾に「だに」とか言ったり、「オラ」って言ったりするんですね

 

くんちゃん「お父さん!」

福山雅治「お父さん……? ……オラが?」

 

いや、かっこいいよ!!!

 

福山雅治だと知らなかった気づかない=上手い

福山雅治といえばガリレオ

「そして父になる」は素晴らしい演技でしたけれども

 

結構特徴的な役柄を演じる俳優さんなのかなと思っていて

なので未来のミライの「くんちゃんのひいおじいちゃんの青年の頃」っていう役

そこでは福山雅治っぽい声で来るのかなと思ったら

もう全然福山雅治は消えてるっていう感じ

 

福山雅治だってわかってるから、ちょっと福山雅治っぽく聞こえます

けど知らなかったら福山雅治だってわからないくらいですよ

 

本当に上手だなと思いました

福山雅治 声優としても全然上手だなと思いました

 

福山雅治は歌が上手かへたかみたいな議論もありますけれども

少なくとも声優としての実力は抜群だと思いますね

これは絶対に未来のミライの福山雅治の声優は評価がこれから高まってくると思います

もう本当に素晴らしい演技でした

 

 

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。