戦争は格差をリセットする希望の光だから若者弱者は「丸山真男をひっぱたきたい」読んでおこう




「丸山真男をひっぱたきたい」という論文があります。

これ面白いんですよねー。

これは2,007年、朝日新聞の発行する「論座」という雑誌に掲載された論考です。
著者は、赤木智弘氏。
もう10年前です。

丸山正雄をひっぱたきたいこの小論文の副題サブタイトルは

「31歳フリーター。希望は、戦争。」

という不穏な副題です。

北朝鮮が暴れている現在。
べつに日本が戦争になって、オレたちが戦争に行くわけはない。
(行ってる暇があったら、たぶんミサイルでやられてるだろう)

だけど、戦争は、まあ高等遊民みたいな社会的な落ちこぼれには大チャンスなんですよ。

なぜなら、戦争が始まれば、誰かが何かを失う。

  • 金持ちは資産を。
  • 親は子を。
  • 国民は自由を。
  • 政府は統治能力を。

はい、だから戦争は悲惨なんです。ぜったい起こしちゃいけません。

でも待て待て待て。

俺ら。失うものある?

せいぜい、スマホゲームの一生懸命集めたデータくらいじゃない?
失うものなんか、はぐれメタル倒した経験値くらいだろ。

じゃあ、むしろ、格差は縮まるんじゃね?
俺らは失うものゼロ。
金はもちろん、最初っから、人権も自由もあったもんじゃないからな。

だったら、持ってる人たちが失えば、必然的に格差は縮まる。

「おいこれチャンスじゃん! 戦争を希望しようぜ!」

っていう話をした論文です。

めっちゃおもしろいでしょ。

「ああ、おもしろそうかもしれない。でもだいたい丸山真男を知らんのだ……」

という方は、ちょっと待っててくれ。
そのうちすごーく薄っぺらい概要を書きます。

一言でいうと「とんでもなく影響力があった東大の政治学の教授」。
もう信者さんができるレベルでの影響力。
丸山真男の影響受けてない人いないくらいの。

「猫も杓子も丸山真男だった」なんて、むかし哲学の先生が言ってました。

「丸山真男をひっぱたきたい」
まあ一言でいえば、格差社会に対する1つの批判です。しかも炎上間違いなし。

こんな格差批判論文が、どうして「丸山真男をひっぱたきたい」なんていうタイトルなのか?

それは、論文の最後に書かれてるんですよ。

「丸山真男をひっぱたきたい」要約と解説

高等遊民がこの論文を初めて読んだのは、2013年くらいだと思う。
(2007年はまだ思想に関心がありませんでした。)

この論文の要旨をゆる~く解説していきますよ~。

全文はこちらで読めます。ときどき以下から引用します。

http://t-job.vis.ne.jp/base/maruyama.html

1.非正規雇用者は格差を埋めようがない

学校卒業の時に、非正規雇用の枠に分類されると、人生詰む。

正社員として働けないままフリーターになってしまった若者は、格差社会の中で下層に位置することになる。

そして32歳のフリーターである著者(赤木さん)は、正規雇用の機会を得るチャンスがほぼ絶望的であると言う。

まあここまでなると、もう正社員厳しいですよね。
格差是正と言っておきながら、雇用の流動性を強化する国日本。
っていうか、「正社員を減らすことで格差是正」とかいう頭おかしい方向へ突き進んでるよね。

大学を卒業したらそのまま正社員になることが「真っ当な人の道」であるかのように言われる現代社会では、まともな就職先は新卒のエントリーシートしか受け付けてくれない。
ハローワークの求人は派遣の工員や、使い捨ての営業職など、安定した職業とはほど遠いものばかりだ。

2.正社員か非正規かは運次第。なのに一生埋められない可能性がある

この人によっては、もはやひっくり返すことのできない格差。
これが生じた理由って何よ?

高卒でも大卒でも院卒でも、就職活動があるわけだよね。
高等遊民もやりましたよ、一応。うまくいかなかったけどな。

就活ってなんで「うまくいく人」「うまくいかない人」が出るの?

それって、まあ実力もあるけど、運でしょ。
ご縁とか言うじゃん。それってタイミングと運でしかない。

じゃあたまたまご縁がなかったら?
たまたま卒業の就職活動時に運が悪かった。ご縁がなかった。

これだけでもう挽回できないほどの格差が生じてしまう。

格差問題の是正を主張する人たちは、高齢者が家族を養えるだけの豊かな生活水準を要求する一方で、我々若者向けには、せいぜい行政による職業訓練ぐらいしか要求しない。
弱者であるはずなのに、彼らが目標とする救済レベルには大きな格差が存在するように思える。

若者が格差を是正するには戦争が最適という主張

この挽回できない格差をもし万が一ひっくり返して、社会の下層から上がるチャンスがあるとすれば、それは戦争である。

こう主張します。

戦争は悲惨だ。
 しかし、その悲惨さは「持つ者が何かを失う」から悲惨なのであって、「何も持っていない」私からすれば、戦争は悲惨でも何でもなく、むしろチャンスとなる。

持つ者と、持たざる者。この違いが浮き彫りになった。

「戦争をしたいわけではない。でも、戦争が起こることを望む。」

「丸山真男をひっぱたきたい」は、このように解釈できるような衝撃的な小論文なのです。

「丸山真男をひっぱたきたい」というタイトルの意味

この小論文のタイトルの由来。
丸山真男さんという政治学者は、第二次世界大戦当時30歳。
召集令状が届きます。

大学助教授でありながら、陸軍二等兵として教育召集を受けた。
大卒者は召集後でも幹部候補生に志願すれば将校になる道が開かれていたが、「軍隊に加わったのは自己の意思ではない」と二等兵のまま朝鮮半島の平壌へ送られた。
 by wikipedia

1944年で東大の助教授。30歳で。エリート中のエリートです。
戦後の民主主義を表する政治学者となる丸山さん。
彼が、陸軍の二等辺として戦場平壌へと送られる。

そこで中学も卒業していない陸軍の一等兵に、丸山真男は執拗にいじめ抜かれました。

二等兵と一等兵って、もう王様と奴隷ですから。
新兵イジメって、1年上の先輩たちだけなんです。

「丸山真男は平壌で、無学の一等兵にビンタされまくった。」

このエピソードが「丸山真男をひっぱたきたい」の由来。

戦争が起これば、格差がなくなる。
丸山真男のような東大のエリート。
丸山様の横っ面を張り倒せる立場に立てるかもしれない。

こういう希望の光。
それが戦争であると赤木さんは書いています。

戦争による徴兵は丸山にとってみれば、確かに不幸なことではあっただろう。しかし、それとは逆にその中学にも進んでいない一等兵にとっては、東大のエリートをイジメることができる機会など、戦争が起こらない限りはありえなかった。

一方的にイジメ抜かれる私たちにとっての戦争とは、現状をひっくり返して、「丸山眞男」の横っ面をひっぱたける立場にたてるかもしれないという、まさに希望の光なのだ。

雇用形態が格差となり差別につながる

いやあ、おもしろいですね~。
伝えることができたでしょうか?

この小論文の最大の特徴って、何かって言うと、
著者の赤木智弘さんは「自分は最下層の人物である」として徹底的に位置づけていること。

これ結構ポイントです。

この小論文の前半部分のほとんどは、時事的なニュースやワーキングプアのテレビ特集の話。
現代(2007年)のニュースに焦点を当てています。

それに加え自らのフリーターとしての経歴をつらつら書き連ねる。(ちょっとグチっぽい)

学問的な論文賞では全くない。
一般人の素朴な感性がストレートに表現されているような文体。
それがかえって読者に衝撃を与えたんです。

事実、文化人や政治家たちが、この論文にものすごく反応したんですよ。
日本中のインテリたちを炎上させた。
これ、すごいよね。

要するにこの小論文の筆者は、こう言ってる。

自分は徹底的に弱者・下層の立場にいる。
それは自分の実力ではなく構造的な問題とか運の問題で、自分がチャンスを得られなかった。
自分が下層にいるので、社会に夢も希望も明るい未来も見られない。

だからこそ戦争によって一気に格差層がなくなることを希望する。
「反戦平和」というスローガンこそが、我々を一生貧困の中に押し止めるのだ。

と主張している。

正規雇用に対する冷遇というのは教育界においても問題視されていますね。

2,000年代に高校や大学を中心に「キャリア教育」という概念が導入されました。
正規のカリキュラムの中にもキャリア教育に関する科目が大いに増えました。

キャリア教育の目的は企業に就職する上で学生が「社会人として必要最低限の能力を身に付けるべき」だという目的のもとで実行されています。

しかし、そのキャリア教育の内実は、ほとんどが正規雇用を獲得する目的が前提されているでしょう。
大学でも正規雇用・正社員になりなさいと言われますよ。そういうのを採用率何%とか実績に挙げる学校もあるでしょう。

社会に出ても正規雇用は経済面で安定。社会的な立場としても安心できます。
まあ、それももはや怪しいですが。ただ、一応は勝ち組とされます。

一方で、非正規の雇用のほうは実力が足りないとか怠け者だとか言われるような立場。
「そういう働き方で納得して選んだんでしょ? 自己責任じゃん?」的なことさえ言われる。

社会的にも不利な立場に置かれてしまう。こういう差別が発生しています。

格差とか戦争とか、改めて考え直すのに、最適な小論文だと思いますね!