森鴎外の舞姫は実話?恋人エリスはモデルがいてその後は子どもを産んでいた

舞姫のエリスには、実在のモデルがいた!?

 

森鴎外の『舞姫』は、実体験をもとにした小説です。

ほぼ、実話。

実際に、森鴎外は、留学先のドイツ人女性と恋に落ち、その後、彼女を捨てました。

 

わたしは森鴎外のこのような恋愛事情について、批判的な立場をとっています。

つまり、森鴎外は、最低なヤツだと思っています(笑)

それをあらかじめご了承の上お読みくださいませ。

 

森鴎外『舞姫』あらすじ

一言で言うと、「時は明治時代。舞台はベルリン。日本の留学生に恋したドイツ人女性が、彼の突然の帰国に衝撃を受けて発狂する」という話。

かなり悲惨な結末ですよね。。。

 

詳しいあらすじはこちらに書きました。

森鴎外の舞姫あらすじとわかりやすい解説評価!豊太郎の心情と生き方の解釈

2018.04.01

 

森鴎外はドイツ留学を楽しんだ

 

森鴎外はドイツ留学を、学問においてもプライベートにおいても思う存分楽しんでいました。

留学先のイギリスで鬱病になって神経衰弱になった夏目漱石とはえらい違いです。全く対照的です。

※夏目漱石は帰国するときに船でこんなところに二度と来るものかと叫んだそうです。

これは、森鴎外と夏目漱石が志した学問の差にあります。

  • 夏目漱石は文学を専攻しました。
  • 森鴎外は医学を専攻しました。

自然科学に国境はあまりありませんが、文学には思いっきり国境がありますよね。

夏目漱石は英語を母語としない日本人が、英文学を専攻することに何の意味があるのだろうと非常に思い悩んでいました。

だから神経衰弱になっちゃったんですね。

作家になりたい高校生へのアドバイス|夏目漱石「文学者たるべき青年」より

 

一方、森鴎外は留学生活を楽しむ余り、ハメを外しすぎました。

彼はベルリンの教会で知り合った若いドイツ人女性と恋に落ちます。

名前をエリーゼといいます。

そして結構真剣に考えるようになります。

当時の日本では国際結婚なんか絶対に認められません。

特に森鴎外のようなエリート街道まっしぐらの人間にとっては、絶対NG。

外国人と結婚しようものならその後の医者としての立身出世は絶対にうまくいきません。

そういう時代だったんですね。

なので森鴎外の友人や先輩は、考え直すように説得しますが、森鴎外はいや絶対に結婚するんだと頑固に突っぱねます。

森鴎外は、非常に頑固。頑迷と言うべき程の頑固さです。

なので友人たちは考えます。

  • 「しょうがない。ドイツ人女性と一緒に帰国するという事態は避けよう」
  • 「そんなところ見られたらもうおしまいだからな」

こんな配慮をしました。

そして先にエリーゼを貨物船で日本に送り出し、その後で森鴎外が帰国するように取り計らいました。

(貨物船というのがちょっとかわいそうですが……)

 

舞姫と同様ドイツ人女性エリーゼを捨てた森鴎外

森鴎外の舞姫で豊太郎が相沢を憎む理由は?人知れぬ恨みと明治の時代背景を考察

ここまで読んでくださったあなた。きっと

「おお、いい話だな~。」

と思うでしょう?

 

しかし、ここからが、驚愕です……!

 

帰国した森鴎外はエリーゼとの結婚について、母親から反対されます。

すると驚くべきことに、あっさり諦めてしまったのです。

 

「マジで?」って感じです。

このあたり、詳細が分かりませんが、現代だったら「どんだけマザコンやねん」と突っ込みたくなります。

 

突然の森鴎外の心変わりに、エリーゼは虚しくドイツに帰国することになりました。

 

かわいそう……。

 

そして、森鴎外はどうしたか。

鴎外もまた、心をいためたのでしょうか?

 

鴎外は、エリーゼとのそんなお話を、後日、『舞姫』という物語にします。

いかがでしょうか?

かつて自分が残酷に捨てた女性との恋愛話について、このような形で題材にする。

舞姫では、エリスは発狂して終わるんです。

 

ひどいと思いませんか?

小説家はそのような残酷な面も持ち合わせてないといけないんでしょうかね。

この辺り、あなたはどう感じられたか、ぜひコメントくださいませ。

 

【実話】エリスのその後は?結婚して子どもがいる?

森鴎外29歳の新書簡!日本近代文学史上の歴史的意義とは?(2017年発見)

このドイツ人女性エリーゼのその後はどんな運命をたどったのでしょうか?

じつはNHKは昔ドキュメンタリー番組で、彼女のその後を取材したそうです。

NHKの取材班はエリーゼの両親を探ります。

彼女の両親は、カトリック信者とプロテスタント信者と言う夫婦でした。

これは、当時のヨーロッパでは非常に稀な組み合わせだったそうです。

エリーゼの両親はしたがって、宗派にとらわれない柔軟な心の持ち主でした。

だから、恋人森林太郎を追って、日本に旅立つ娘を許したのです。

さらにNHKは、彼女の子孫を辿りました。

実は子供がいたんですね。

エリーゼは森林太郎にあっさりと捨てられ、ドイツに帰国します。

その後には、ドイツ人男性と結婚をして、事業家の夫を支えたそうです。

ドキュメンタリー番組の取材の時点ではエリーゼの孫たちが健在でした。

そして孫にインタビューをしていました。

 

非常におもしろい話が1つあります。

お孫さんたちは、エリーゼから森鴎外についての話は一切聞いたことがなかったそうです。

ではエリーゼの夫は知っていたのか?

それは明らかではありません。

しかし知っていたとしても詳しくは語らなかったことでしょう。

 

エリーゼは自分を裏切ったかつての恋人森鴎外について、誰にも語ることなく生涯を終えたのです。

 

しかしエリーゼは、森鴎外に捨てられた後は子供たちを立派に育てあげて幸せな人生を送りました。

 

スポンサードリンク

まとめ 舞姫の豊太郎はクズ?

森鴎外の『舞姫』のエリスのモデルについてご紹介しました。

  • 舞姫は、実話じゃないけど実体験あり
  • エリスのモデルは実在してエリーゼという
  • エリーゼは日本まで来て森鴎外に捨てられる
  • エリーゼはその後ドイツ人男性と結婚し幸せになる。
  • 森鴎外は最低(高等遊民の個人的感想)

 

以上のような内容でした。

あなたはどうお感じになりましたか?

 

わたくし高等遊民は、今回いろいろと森鴎外を悪く言いました。

が、作家としては当たり前ですが、非常に優れていると思っています。

『舞姫』しかり、『雁』しかりですね。

『舞姫』は薄いので、すぐ読めます。

文語調でお堅いのがダメというあなたは、現代語訳もあります。

この機会にぜひ読んでみてください。


高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。