【読書ノートの作り方】手書きかパソコンキーボードか?最高効率で書く3つの方法を伝授!




あなたは「読書メモを手書きでするかキーボードでするか」悩んでいませんか?

  • 日々の読書を記録したい
  • テスト・資格の勉強で、ノートにまとめたい!
  • この1冊、完ぺきに理解したいからノートを作りたい!

読書ノート。
読書した内容を、あなたの記憶に定着させるためのすばらしい方法です。

まとめノートの作り方はそれこそたくさんあります。

レイアウトの工夫などは色々あります。

でもインプット(入力方式)でいえば、

  • 手書きのノート
  • キーボードでメモ帳やドキュメント

たいてい、このどちらかになりますよね。
(もう1つ、良い方法があります。方法3で紹介。)

「手書きとキーボード、どちらが効率いいのかな?」

手書きなら、時間もかかる分、しっかり覚えられそうですよね。
いっぽう、キーボードなら、きれいに長期間残せますよね。

ということで、
「記憶定着を最大化できる読書メモ3つの方法」についてご紹介します。

この方法を実践すれば

  • 目的に合わせて、手描きとキーボードを使い分けられる
  • テスト勉強に最高に役立つノートの作り方が分かる
  • 大量の書き写しが肉体的疲労なしに短期間でできる

あなたの勉強や読書の効率が、信じられないくらいはかどりますよ♪

方法その1 短期集中、速攻で必要なら手書き

読書メモを作ることで、内容を頭に叩き込みたい

こういう目的でメモするのであれば、手書きが良い手段です。

手を書くのは手間がかかって時間もかかる分だけ、定着が期待できます。
特に暗記したいことなどは手書きをすると良いでしょう。

  • 試験勉強のためにまとめノートを作る

このような場合には手書きが効果的です。

さらには、手書きのイラストや図のようなものも楽にかけます。

例えば英単語。

言葉のイメージをイラスト風に書くと記憶定着が非常に高まります。
こういうのはキーボード入力ではできない芸当ですよね。

ただし欠点としては、「保存性・検索性が低い」ことです。

  • 1年後、2年後に見返したいと思ってもどこに書いてあるか、すぐわからない。
  • ノートや文字自体が劣化する

このような欠点があります。

短期集中・絵を描いて覚えるなら、手書きが向いています。

 

方法その2 きちんとまとめたものを長期保存したいならキーボード入力

キーボード入力でメモを取ることが、現在は一般的ですよね。

手描きと違って、保存性・検索性がとても高いのが長所です。

しっかりとした読書ノートを作って、

  • レポートに活用したい
  • いつでも読み返せるようにスマホに入れておきたい

こういう時はテキスト形式での保存が絶対おすすめです。

欠点としては、図解やイラストが入れづらいこと。
図表で示せば1発で分かることが、キーボード入力ではとても入力しづらいですね。

さらに、長時間同じ姿勢でいるので肉体的な疲労がかなりあります。

もちろん手書きも長時間は疲れるのですが、
キーボード入力の方がよほど体が固定されます。

  • 腱鞘炎
  • ストレートネック
  • 肩こり
  • 眼精疲労

などなど。

キーボード入力はいくらでも時間がかかってしまうので、
適宜休憩しながらゆっくり作ってくださいね。

方法その3 大量のメモ作成なら音声入力

テキストファイルの保存性や検索性を生かしつつ
肉体的な負担を極限まで低くする方法。

それが音声入力です。

音声入力であれば、喋っているだけでどんどんテキストが生成されていきます。

これほど楽なことはありません。

例えば「分かりきっている箇所を入力するとき。」
まとめノートであれば、引用部分などですね。
(他人のノートを写したいときとかも、使えます。)

こういうのは、キーボードでばか正直に打ち込むよりも、
音声入力で喋ったほうが、圧倒的に効率がいいです。

キーボードで本を丸々 1ページ写すとしたら10分はかかるでしょう。
音声入力なら2分で済みます。

なので文字数だけで言えば、大量に入力することができます。

ただし欠点もあります。

誤変換が多いこと。
なので、そのままでは流用できない。

  • レポートの提出のために本をまとめている。

そんなときに引用文を音声認識でやっちゃえ。
誤変換だらけの本文になってしまいます。

こんなの提出したら、一発で不合格になっちゃいます。

なので音声入力は、

  • 大量のノートを作りたい時
  • 自分が読んでだいたい理解できればいいとき
  • とりあえず浮かんだアイデアや要点をささっと残しておきたい

こんな時に効果を発揮します。

読書しながらキーボードで入力するってかなり面倒ですよね。
その点、音声入力であれば、読書しながらでも簡単にできます。

まとめ

「読書メモを手書きでするかキーボードでするか」悩むあなたに
「記憶定着を最大化できる読書メモ3つの方法」についてご紹介しました。

  1. 短期集中、速攻で必要なら手書き
  2. きちんとまとめたものを長期保存したいならキーボード入力
  3. 大量のメモ作成なら音声入力

読書メモはそれぞれの良さがあります。
目的や必要に応じて使い分けることができれば、
あなたは読書を通じて「知識や知恵をいくらでも引き出すことができる」ようになりますよ♪