本の要約書き方革命!スマホ音声入力で1時間5000文字作る方法

スマホで音声入力




あなたは「読書ノートの書き方」で悩んでいませんか?

  • 手書きで書くのは面倒くさい。

かといってキーボード入力をすると、

  • 体が疲れる
  • 肩こりがひどい
  • 目がパサパサのドライアイに

「読書した記録を形に残したいけど、なかなか続かない」
「モチベーションが下がって、ノートもやりかけ、中途で放り出してしまう」

そんなあなたに、朗報です。
いや朗報どころかではありません。

「福音」とさえ言える、良い知らせです。

読書ノート作りに、革命が起きました。

それは、スマホで「読書ノートが簡単に作れる」ようになったことです。

えっ? スマホ?

  • 「スマホで文字入力なんか、やってられないよ」
  • 「フリック入力できない」

そんなポチポチ入力する必要はありません。

むしろ、そんな方法では「1文字も入力しません」

「はぁ? じゃあどうやるの?」

どうやるかというと、「音声入力」を使います。
音声認識ともいいます。

これ、はっきり言って、最強のツールです。
キーボードで入力するのが、本当にばかばかしくなるほどです。

音声入力を使いこなすスキルを身につけると、あなたは「圧倒的な生産性」を手に入れることができます。

  • 学校や資格試験の勉強が信じられないほどはかどります
  • 2000文字の読書感想文が、寝ながら10分で作れます
  • スマホが勉強ツールなので、スマホいじりで時間のムダが激減します
  • ↑ゲームより楽しい

これに加えて、

「速読や精読といった読書スキル」を身に着けたら、どうなるでしょう?

もうあなたは、バケモノになるでしょう。

  • 速く読める上に正確。
  • しかも大量にノートを生産できる
  • それがいつでも手元にある(スマホだから)

新世界の神になれます。

「ほう。どうやるんだ。」

ということで、スマホのノート作り。
具体的な手順を、3つのステップに分けて、ご紹介します。

方法その1 目次を疑問文に変換しながら音声入力

スマホで音声入力をすることのメリット。

それは「とにかく楽に大量生産できること」です。
つまり、大量の文字を入力できるんです。

手書きやキーボードとは、全く書き方が違うのです。

手書きやキーボードだと

  • どうしてもポイントを的確にまとめたい
  • 短く一言で書きたい

こんな風にまとめていきますよね。

でも音声入力では、全く逆の考え方をします。

とにかく文字数を増やす。

そして、できるだけ詳細に、わかりやすく、自分の言葉で書くんです。
しかも、そう、話し言葉ですよ。

自分が理解したこと。
これをそのまま口に出す。
そしたら、それがテキストデータになって返ってくるのです

なので、最初は「ばんばんしゃべって」入力していきましょう。

そのためには「目次をとにかく全部移すこと」

これが読書ノート作りの革命的な方法です。

目次をそのまま写してもOK。

しかし、もう「ひと工夫」加えられます。
それによって、あなたの読書ノートは劇的にわかりやすくなります。

それは「目次を疑問文に変換すること」。

目次を疑問文に変換すれば、その答えは本文の中にありますよね。

まずは目次を書き写して、その疑問に答える形で、本文を読んで行けば良いのです。

  • パソコンの前で読んだり
  • ペンとノートを片手に読書する

こんな必要なんて一切なくなりますよ。

方法その2 質問に答える形で本文を読む

目次を疑問文に変換したら、その後でじっくりと本文を読んで行きましょう。

ささっと要約ノートを生産したい場合。

その疑問文の答えを探しながら読んで行けば良いのです。

すべての疑問に答え終わった後は、超詳しい要約ノートができています。

しかも全然疲れませんよ。
だって、喋ってるだけですから

要約ノートが出来上がる頃には、おそらく5000文字程度のノートになっていることでしょう。

この文字数、手書きやキーボードでやるとなると、1日がかり。
全身の疲労感は、相当なものでしょう。

こんな大量のノートは手書きやキーボードでは絶対に出来ないことです。
不可能ではありませんがとんでもない肉体的なダメージと引き換えになります。

その点、音声入力は、体に本当に負担がかかりません。
どこでも入力ができます。

  • ソファーの上でも
  • ベッドの上でも
  • 外出先でも
  • 大学の教室でも
  • お昼休みの食堂でも

    ちょっと隙間時間を見つけて、ささっと入力することができます。

手書きなんかよりもよっぽど気楽にできますよ。

方法その3 誤変換を直しながら、ポイントを追記する(音声で)

その1とその2を実践すれば、5000文字程度の要約ノートができるでしょう。

そのようにして出来上がった音声入力のテキストデータ。

おそらくいくつか問題があることと思います。
その1つが「誤変換」です。

  • 日本語になっていなかったり
  • てにをはが抜けていたり

そういう事はまだまだあります。

なのでこれをそのまま「読書レポート」として提出することはできません。

とはいっても、自分用の記録であれば?

そこまで体裁や変換にこだわらなくても大丈夫ですよね。

読書ノートを「吹き込み終わった」後にまとめて、キーボードで直せば良いのです。

これもスマホで直すことをおすすめします。

スマホなら、本当に簡単に出来ます。

通学通勤の電車の中で、読書ノートを直せるけです。

さすがに電車の中で音声入力をするのはちょっと勇気いります。
しかし、音声データを入れた後の誤変換の訂正などであれば?
黙っていてもスマホでポチポチ直せますね。

「電車内で読書したいけど、ついついゲームをやってしまう」

そんなあなたこそ、音声入力でノートを作りましょう。

その電車のゲームの時間が「要約ノートの復習の時間」になります。

はっきり言って音声入力を利用すれば、勉強時間がとんでもなく増えます。

  • 音声を吹き込む時間
  • それを直す時間

常に勉強しているわけです。

「同じ本を自然と何度も何度も繰り返し読むことができる」

それが音声入力で読書ノートや要約ノートを作る、最高のメリットです。

訂正の段階で、「自分の中でよく理解できていない箇所」もあることでしょう。

そういうところは、どんどん追記して行けば良いのです。

本を読み直してもいいわけですね。

  • 補足を挿入する
  • 要約をまとめなおして喋りかける

「うまくポイントを言葉に変換できない」

こんなことって、読書ノートや要約ノートを作ってる時ありますよね。

そういう場合は「そのまんま読んじゃえば良い」のです。

「5行6行のパラグラフをうまく一言で言い表せない」

そんな時、手書きやキーボードで、そのまま全部打つなんてやってられませんよね。

音声入力であれば、そんなの「1分」で終わりますよ。

いかがでしょうか。

こんな感じで「方法その1とその2」で、

  • まずは要約ノートのたたき台を作る
  • その後方法3で、さらに精度の高い要約ノートに仕上げる

こういうイメージですね

まとめ

「読書ノートの作り方」に悩むあなたに、
「スマホで作成する新時代の要約ノートの書き方」についてご紹介しました。

  • 方法その1 目次を疑問文に変換しながら音声入力
  • 方法その2 質問に答える形で本文を読む
  • 方法その3 誤変換を直しながら、ポイントを追記する

スマホの音声入力なんて昔からありました。

けれどもはっきり言って、使い物にならないというイメージでしたよね。

それが近年、特に2016年頃から急速に精度が上がりました。

正直言うと、この記事もほぼ音声入力で作っています。
95%くらいは、しゃべりあげています。
しかも「外を散歩しながら」書いています。

たとえば

  • お昼休みに徒歩10分のお店でランチ

そんな移動時間に書き上げることも出来るのです。

本文の「方法その1」などという、各見出しを作るのに「約3~5分」。
前書き・方法×3・まとめ。5つで、およそ20分前後ですね。

そして改行や、誤変換の訂正をスマホでポチポチ。
これが10分~15分くらいですね。

最後に赤字とか文字装飾に5分くらい。
(←こういうの)

3500文字くらいですが、まあ最後に投稿寸前に微調整して、50分程度です。
1時間かかっていません。

それをすべて外でやっています。
(まわりからは電話しているように見える。たぶん。)

こういったブログの記事のように

  • 体裁を整える
  • 文字の装飾を行う

そんな場合は少し時間がかかります。

ですが、あなた自身が利用する要約ノートであれば、そんなこと必要ありません。
もっと短時間で出来ます。

こんな感じで、音声入力と言うのは本当にこれからの文字入力を支える、革命的な方法と言えます。

多分タイピングと言うのは、そのうちマイナーな入力方法になるでしょう。

若い10代20代の学生の方はもちろん、身体の疲れやすい40代以上の方も、
ぜひ、音声入力でノートをどんどん作って、さらに知識をブラッシュアップして頂きたいと思います。